ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
やればカンタン! 大掃除するなら忘れずに! 窓掃除のコツを教えます
出典 : Olena Yakobchuk/Shutterstock.com

やればカンタン! 大掃除するなら忘れずに! 窓掃除のコツを教えます

室内の掃除を終わらせて「大掃除が終わった」と喜ぶのはまだ早い。窓の掃除、忘れていませんか? 空気のとおり道である窓も、ピカピカにして年末を迎えましょう!

  • tama

大掃除が必要!? どうして窓は汚れるのか

大掃除が必要!? どうして窓は汚れるのか

osobystist/Shutterstock.com

知らず知らずのうちに汚れている「窓」。汚れる原因は、内側と外側で異なります。内側の汚れは、手垢やホコリ、油汚れやたばこのヤニなどが原因です。調理の際に、油を含む水蒸気が窓に付着してできた油汚れは落ちにくく、たばこのヤニは放っておくとガラスが黄ばんでしまいます。

一方、外側の汚れは、おもに、外気によるもの。風で飛んでくる花粉や砂、チリ、ホコリ、さらに雨に含まれる泥や、排気ガスも汚れの原因になります。外側の汚れを放置しておくと、汚れが固まってしまい、落としにくくなる可能性があります。

窓の掃除におすすめの時期

窓の掃除におすすめの時期

Possawat Sepa/Shutterstock.com

窓ガラスを掃除するなら、比較的黄砂の飛来が少ない6、7月が理想的です。また、それから半年後の年末は、結露ができやすい時期のため、カビの予防の意味でも掃除はした方がいいでしょう。毎月は無理でも、半年に1度の掃除ならそれほど面倒だとは感じないはず。

ガラス掃除は天気の良い日にやりたくなりますが、むしろ湿気の多い曇りの日や、雨上がりの直後の方が適しています。なぜなら、湿気で窓ガラスの汚れが浮き上がり、落としやすくなるから。逆に、天気の良い日は、乾燥しやすいため、拭き跡が残りやすくなります。さらに、太陽の光がガラスに反射し、汚れを見落としてしまう可能性も。一日のうちなら、朝や夕方の光が落ち着いた時間帯に掃除するのがおすすめです。

場所別窓まわり掃除の手順

場所別窓まわり掃除の手順

Africa Studio/Shutterstock.com

窓ガラスの掃除

窓に結露ができて濡れている状態であれば、クシャクシャに丸めた新聞紙で拭くだけでOK。水分を取りながら、隅々まできれいに拭いて完了です。新聞紙のインク成分が、手垢や油汚れも落としてくれるので、洗剤を使わずにきれいにすることができます。さらに、インクの成分がツヤを出し、曇り止めの効果を発揮。捨てる前の新聞紙を活用して、カンタンに掃除することができます。もし、結露がまったくない状態であれば、新聞紙を軽く濡らして磨いてください。新聞紙を使わない場合は、メラミンスポンジやガラス用のクリーナーを使って掃除しましょう。

窓枠のゴム部分の掃除

窓枠のゴムは使い古した歯ブラシを使いましょう。クリームタイプのクレンザーを使用し、やさしく磨きます。カビがついていたら、カビ取り用の洗剤をつけて拭き取り、しっかり水拭きしてから乾拭きするようにしましょう。窓枠のゴム部分は、結露で水分がたまり、カビが発生しやすいため、普段からこまめに拭いておくと、大掃除の際に手間がかかりません。

サッシの掃除

サッシには土埃などが固まって付着しています。そのため、まずブラシで掻き出すようにして掃除しましょう。大まかにホコリやゴミを取り除いたら、使い古した歯ブラシやつまようじで細かいところも掃除します。汚れが取りたら、水拭きをした後、乾拭きをして完了です。

窓掃除で注意したいこと

窓掃除で注意したいこと

TanyaRozhnovskaya/Shutterstock.com

窓の掃除をする際の注意点は、ガラスに直接洗剤やスプレーを吹き付けないようにすること。なぜなら、洗剤が垂れて、跡が残ったり、ムラになるからです。まず、布や雑巾にスプレーしてから拭くようにしてください。また、洗剤をつけて拭く時は、少しずつ行いましょう。すべての部分に最初から洗剤をつけてしまうと、拭き取る前に乾燥してしまい、洗剤の跡が残ってしまうからです。

そして、大切なのは、掃除はできるだけ手早く済ませること。水や洗剤で濡れた状態が長く続くと、ホコリや砂がつきやすくなります。その状態で乾燥してしまうと、汚れがこびりついて落としにくくなり、きれいにするはずが逆に汚してしまうことにもなりかねません。なるべく時間をかけずに掃除してください。


窓掃除は面倒なイメージかつきものですが、やってみると意外とカンタンにきれいになります。大掃除の時に窓までピカピカにして、家族を喜ばせてみませんか?