ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
トイレの黄ばみを撃退! 尿汚れの元凶は「尿石」って知ってた?
出典 : Africa Studio/Shutterstock.com

トイレの黄ばみを撃退! 尿汚れの元凶は「尿石」って知ってた?

便器について跳ね返った尿は、便器の中だけでなく、ありとあらゆるところに付着します。そのまま放っておくと、尿石となってトイレ掃除に支障をきたしてしまうことも! まずは、原因と対策を知って、不快な尿汚れを防ぎましょう。

  • 創文舎 arisa_125

尿汚れは何が原因か?

尿汚れは何が原因か?

Anibal Trejo/ Shutterstock.com

しっかり掃除をしていても、長く使っていると臭いが気になってくるトイレ。その原因は、尿ハネが蓄積してできた「尿石」です。

トイレの汚れは、おもに、カビによる黒い汚れと黄色い汚れに分けられますが、トイレブラシでこすると比較的カンタンに落ちる黒い汚れに対し、黄色い汚れは洗剤をつけてゴシゴシこすってもなかなかきれいになりません。そう、そのやっかいな汚れこそ、「尿石」です。

文字通り、尿の成分が石化した汚れのため、こびりつきやすく、取れにくい性質を持っています。尿石を防ぐためには、なるべく尿ハネしないよう、注意するしかありません。

尿ハネの一番の原因は男性の立ち小用といわれており、2015年にオンエアされたNHKの「ためしてガッテン!」で、男性の立ち小用によって便器に当たった尿は、トイレの床や壁など、広範囲に跳ね返ることが実験によって証明されています。とくに、便器の奥の壁に当たって飛び散った尿は、7550滴と破格の量。

ただ、男性がおもな原因とされる尿ハネも、便座の裏側に限っては女性による尿ハネの方が多いことがわかっています。つまり、立っても、座っても、用を足す際には避けて通れないのが尿ハネというワケ。それを踏まえたうえで、尿ハネを抑えるコツと、効果的な掃除方法を紹介します。

尿汚れの予防と対策

尿汚れを防ぐためには、トイレの使い方を見直すことが大切です。掃除の負担を軽くするためにも、家族で協力し合いましょう。

尿汚れの予防と対策

plantic/ Shutterstock.com

尿ハネと臭いの予防策

便器の構造上、尿が跳ね返るのは仕方ありません。そのため、トイレの使い方を見直し、小用の際は跳ね返らないよう工夫することが、予防につながります。
1.男性も座って小用する・・・NHK「ためしてガッテン!」によると、便器内にぶつける尿の長さを12㎝以内にすると、尿ハネしないそうです。公衆トイレと違って、家庭用の便器では無理があるため、座って使用するのが一番の予防になります。ただ、子どもなら可能なため、男の子を持つママは、「12㎝以内」を意識してトイレトレーニングをするといいかもしれません。
2.流す時はフタを閉める・・・用を足した後、洗浄のために流す水によって、尿や菌が霧状になって周りにまき散らされることもあるようです。水を流す際は、フタをするのが鉄則です。
3.トイレマットは敷かない・・・尿ハネがしみ込み、雑菌が繁殖して悪臭の発生原因にもなるため、床には何も敷かない方が衛生的です。拭き掃除がしやすい環境を整えましょう。
4.使用のたびにプチ掃除・・・用を足すついでに、トイレットペーパーで便座の表裏、便器の縁を拭く習慣をつけましょう。

尿石の落とし方1 酸性洗剤を使う

アンモニアなどを成分とする尿はアルカリ性です。こすってもカンタンには落ちない尿石は、強力な酸性の洗剤を使うときれいになります。ただ、酸性特有の刺激臭がするため、換気しながら使用するようにしましょう。医薬用外劇物に指定されている尿石除去剤は、排水管にこびりついた尿石まで落としてくれるため、定期的に使用すると便器の詰まりを防いでくれます。

尿石の落とし方2 重曹とクエン酸を使う

まず便器の中の水をポンプなどで抜き取ります。次に、黄ばんだ部分に酸性のクエン酸水(水100ccにクエン酸大さじ1を溶かしたもの)をたっぷりと吹きつけ、トイレットペーパーをかぶせてパックします。1~2時間後に、今度は重曹を粉のままふりかけ、ブラシでこすると、重曹が研磨剤の働きをしてくれ、黄ばみも、臭いもきれいになります。

尿石の落とし方3 サンドペーパーを使う

尿石は「石」です。洗剤等を使っても落ちない場合は、サンドペーパーを使って削り取るのも有効な手段です。耐水性のサンドペーパーは100円ショップなどでも買えるので、できるだけ目の細かいものを選んで、汚れの部分をこすってみてください。便器を傷つけないよう、慎重に作業するのがコツ。尿石落とし用のタワシもおすすめです。

サンドペーパーを使う

Jiang Zhongyan/ Shutterstock.com

トイレ掃除は週1以上が多数派

「トイレを見れば、その家や会社がわかる」といわれることもあって、トイレはつねにきれいにしておくのが理想です。でも、仕事に家事に子育てと、忙しい日々を送っていると、毎日掃除をするのはタイヘン。通販大手のフェリシモが2017年4月に行ったアンケート調査「トイレ掃除の頻度?」によると、第1位は「週1回」の36%で、「毎日」は4位の16%に過ぎません。ただ、トイレ全体の掃除は週1回でも、「使用するごとにトイレットペーパーで軽く拭く」「汚れが気になったその都度拭く」など、プチ掃除をしている人も多く、それぞれ「汚れが蓄積しない工夫」をしているようです。

面倒だからとトイレ掃除を怠れば、尿石によって便器が詰まってしまうかもしれません。そうなるともっと面倒です。平均的な「週1回」の掃除を目標にするとともに、パパや息子には「座って小用」をお願いしてみましょう。