ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
拭き掃除は、日本の古き良き習慣。忙しいママを応援する便利な掃除道具も!
出典 : sebra/Shutterstock.com

拭き掃除は、日本の古き良き習慣。忙しいママを応援する便利な掃除道具も!

ハイハイ期の子どもがいる家庭では、拭き掃除は欠かせません。でも、忙しいママにとっては、時間的にも、体力的にもかなりの重労働。そんなママにおすすめの掃除道具を紹介するとともに、日本における雑巾がけの歴史をちょっとだけ振り返ります。

  • 創文舎 arisa_125

拭き掃除は日本の伝統

拭き掃除は日本の伝統

Andrey_Popov/ Shutterstock.com

日本を訪れたことのある中国人は、日本を「清潔な国」として評価しているそうです。

中国紙・山西農民報はその理由を、「日本人がポイ捨てをしないのは、子どもの頃から雑巾を使う習慣があるからで、日本の小学校では掃除を通して道徳教育を行い、雑巾はそのために欠かせないツール。雑巾がけは衛生環境を整えるだけでなく、心身を鍛える手段ともなっている」といった内容で紹介し、たたえています。

日本では平安時代に水拭き掃除のようなことをしていた記録が残っていますが、掃除が重要な意味を持つようになったのは鎌倉時代になってから。仏教の教えの中で、掃除をすることが悟りにつながると考えられていたようです。

江戸時代にはそれが庶民の間へ広がり、雑巾がけが一般化するとともに、掃除が道徳的な生活規範としての意味合いを持つようになっていきました。江戸時代に浸透した掃除の習慣と意義はそのまま現代へと受け継がけ、今では学校教育の一環として位置づけられています。

愛知県豊橋市では、2016年に学校の廊下を会場に雑巾がけの世界大会も開催されました。

最近は、立ちながら拭き掃除ができる便利なグッズや、拭き掃除用のロボット掃除機が登場し、昔ながらのスタイルで拭き掃除をする機会は減ってしまいましたが、雑巾がけはこれからも後世に伝え残していきたい日本の大切な文化であり、習慣です。

進化する掃除道具

掃除機をかけるだけでなく、しっかり水拭きすれば、汚れやほこりまできれいに取り除くことができます。きっと、こんな掃除道具があれば、忙しいママでも気軽に拭き掃除ができるはず。

進化する掃除道具

AROONA/ Shutterstock.com

魔法の雑巾

マイクロファイバーは、洗剤などを使わなくとも、水をつけて拭くだけできれいになると評判の素材。髪の毛の100分の1ともいわれる細さで、それでつくられた雑巾は、吸水性にすぐれ、乾くのも早いため、拭き掃除にはピッタリ! 汚れを素早く取り除き、やわらかいので、家具などを傷つけることもありません。床、壁、窓、蛇口やシンクなど、あらゆる場所で使える魔法の雑巾です

魔法の雑巾

Coprid/ Shutterstock.com

便利なモップ

使い捨てシートを挟んで使うタイプ、布製タイプと、モップといってもいろいろな種類があり、立って使える上、汚れもしっかり拭き取るため、人気の掃除グッズです。
●使い捨てシートモップ・・・使ったらそのまま捨てられる使い捨てシートタイプは、洗う手間が省け、楽に使えます。柄の部分を短くすればハンディタイプとして、窓拭きなどに使えるものもあります。
●雑巾用フローリングモップ・・・手持ちの布製雑巾を挟んで使えるタイプは、雑巾を洗う手間はかかりますが、繰り返し何度も使えるため、ランニングコストがかかりません。
●回転モップ・・・すすぎと脱水機能がついたバケツとセットの回転モップは、手を汚さずにしっかり水拭きができます。使い方もカンタンです。
●電動式モップクリーナー・・・回転しながら汚れを自動でからめとるモップです。力を使わずに掃除ができ、雑巾は洗えば何度でも使えるので経済的です。

便利なモップ

mihalec/ Shutterstock.com

水拭きができるロボット掃除機

自動で床掃除をしてくれるロボット掃除機はすっかりおなじみとなりましたが、水拭きタイプ、吸い込み掃除と拭き掃除の両方ができるタイプも登場しています。ロボット掃除機に床掃除を任せている時間を別のことに当てれば、時間を有効に使うことができます。

雑巾がけを見直そう

膝をついて雑巾がけをするのはタイヘンそうですが、間近で床を見てみると、意外と汚れていることに気づきます。モップをかけた時はわからなかった、フローリングの溝や部屋の隅も、雑巾がけをすればどのくらい汚れているかよくわかります。ハイハイ期の赤ちゃんがいる家庭ならなおのこと、赤ちゃんの目の高さから周りを見て、赤ちゃんの行動範囲と思われる場所はしっかりと拭いておきましょう。いつもは見逃していた汚れも、きれいに落とすことができ、なおかつ全身を使うのでちょっとしたダイエットにもなります。

家の中をきれいにするだけでなく、きちんとした生活を送る意味でも「掃除」は大切な習慣です。しっかり水拭きすれば、心の中まですっきりするはず。忙しいママは、便利な道具を使って能率を上げましょう。