ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
情緒溢れる秋冬ドライブ。コースの計画を立てるポイントとは?
出典 : Roman Globa/Shutterstock.com

情緒溢れる秋冬ドライブ。コースの計画を立てるポイントとは?

グルメや温泉、紅葉・・・秋冬のドライブは魅力が満載! 家族や仲間で行くドライブコースの計画を立てるなら無理なく、楽しくを心掛けましょう!

  • 創文舎 hamo

ドライブの距離や時間の目安とは?

ドライブの距離や時間の目安とは?

xiao yu/Shutterstock.com

少し足を伸ばしてドライブというと、あっちもこっちも行きたくなりますが、あまり欲張り過ぎると、リフレッシュのつもりで出掛けたドライブのはずなのに、ヘトヘトに疲れて翌日の仕事に影響が・・・なんてことになると困ります。

集中力をキープしながら同じ姿勢を保つ自動車の運転は、大きな動きはないながらも結構疲れるもの。無理な計画でドライブプランを立てると、疲労が溜まり事故の元に。ドライブコースを考える時は、適正な時間と距離を考慮して計画を立てることが大切です。

大手ロードサービス によると、一日の走行距離の目安は、高速道路(時速60~70km)なら約500km、一般道なら250km(時速20~30km)が目安だそうです。しかし、この数字は観光などを含まず車での移動だけと考えた場合。ここに1~3時間程度の観光を挟むなら、高速道路は60~200km、一般道なら20~100km程度差し引いて考える必要があります。

また、この数値はごく一般的なドライバーと想定したもの。ドライバーが初心者であったり、運転に自信がない人の場合は目安の7~8割程度の距離数で考えると無理がないでしょう。

地元の魅力に出会える休憩ポイントを活用しよう

地元の魅力に出会える休憩ポイントを活用しよう

いくら目安の距離の範囲内であったとしても適度な休憩は必要です。厚生労働省の規定 では、バスの運転手の場合、高速道路での運転では、2時間連続で運転したら10分の休憩をとること、一般道でも4時間運転したら30分以上の休憩が義務付けられています。
プロのドライバーでもしっかり休憩しなければならないのならば、一般のドライバーはそれ以上にしっかり休憩を取り安全運転を心掛けたいものです。

そんなドライブの休憩スポットとして活用したいのが、高速道路の、SA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)。PAは、最寄りのPAやSAから15km程度の間隔で配置されており、トイレや休憩スペース、売店などを備えています。SAは約50kmごとに設置されており、PAよりも規模が大きく、PAの標準的な設備に加え、レストランや給油所、場所によっては入浴施設やマッサージコーナーなどを備えているところもあります。

一方、一般道では、日本全国に点在している道の駅が絶好の休憩ポイント。間隔や設備に規定はありませんが、ほとんどの道の駅が、幹線道路沿いに面しておりドライブの途中に寄りやすい設計になっています。
駐車しやすい大きめの駐車場やトイレ、地元の特産物を生かした物産コーナーや飲食店、観光情報コーナーや温泉、宿泊施設など、地域色を生かした施設が多く、観光拠点としても利用できるので、積極的に活用したいですね。

ドライブの醍醐味は旅の途中での寄り道。休憩ポイントは、その土地ならではの風景や味、人に巡り合えるチャンスでもあります。無理な長時間運転はせず、適度な休憩を挟んでゆっくり旅を楽しみたいですね。

ドライブコースの設定はアプリにおまかせ!?

ドライブコースの設定はアプリにおまかせ!?

Production Perig/Shutterstock.com

少し前までのドライブは、地図を片手に助手席で「あの信号を右・・・」などと道案内をしたものですが、カーナビの普及に伴いアナログの地図を開く機会はめっきり減りました。そして、今、スマートフォンやタブレットの普及に伴い、多機能なナビがアプリとして使えるようになったことで、ますますドライブは便利に進化しています。

Webと連動することで、渋滞情報や施設の混雑状況をリアルタイムで知ることができたり、周辺の施設情報検索や、SNSとの連携で情報を事前にシェアするなど、今までにない便利な使い方ができます。
仲間とドライブする時は、アプリを使ってコース設定し、事前にSNS上で意見交換というのが、これからのドライブ準備の定番になるかもしれませんね。

快適な車内環境は香りから

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ

ドライブコースが決まったら、車内もドライブに向けて準備しておきましょう!
遠出につきものなのが、車内での飲食。地元の名物メニューをテイクアウトして、ワイワイ盛り上がりながらのドライブは最高の思い出です。でも、密閉された車内で飲食すると、臭いが充満するのが気になるところ。食べ終わった後にも臭いが残ると、車酔いの原因になったり、次、車に乗った時に「うっ・・・」と感じることも。

そんな臭いのトラブルを避けるのに最適なのが、ファブリーズの車用消臭芳香剤、車のエアコン用イージークリップです。本体後ろのクリップ部分を持ち上げて「カチッ」と音がしたらエアコン吹き出し口に挟めるだけのカンタン設置。

100%香料オイルでできた消臭成分がエアコンの風と一緒に車内に広がり、空気中に漂う臭い成分と化学反応を起こし、臭い成分を無臭化します。しっかり臭いを消してから、香りが広がるので、臭い混ざりせずいつでもさわやかな車内をキープできます。

せっかくの楽しいドライブ。無理なコース設定はせず、ゆっくり観光しながらエンジョイしましょう。前もって車内にファブリーズを設置しておけば臭いの悩みは心配無用ですね。