ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
子どもが喜ぶ、七草粥の現代風レシピ
出典 : jreika/Shutterstock.com

子どもが喜ぶ、七草粥の現代風レシピ

1月7日は、七草粥を食べる日です。七草は“日本のハーブ”といわれるほど、滋養豊かな食材。子どもにも食べやすい現代風レシピで、家族の「無病息災」「健康長寿」を願ってみませんか?

  • 渡辺

七草粥には、体にうれしいメリットがいっぱい!

七草粥には、体にうれしいメリットがいっぱい!

yumehana/Shutterstock.com

江戸時代に広まったとされる、七草粥を食べる風習。七草は、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれ、古くから「無病息災」を願って食べられてきました。実際に、七草には多くのビタミンや鉄分などが含まれています。まさに、正月疲れした胃腸の回復にはうってつけの食べ物なのです。

体にうれしい、七草の効用

せり

「食べると競り勝つことができる」という縁起物。ビタミンC、ミネラル、食物繊維などを豊富に含み、貧血防止や生活習慣病の予防にも効果が期待できます。

なずな

「撫でて穢(けが)れを取り除く」という縁起物。ビタミンB1、B2、ミネラル、食物繊維をバランスよく含み、高血圧の予防や止血作用、整腸作用があります。

ごぎょう

「仏様の体」を意味する“ごぎょう(御形)”にかけた縁起物。鎮咳作用があり、風邪や気管支炎にもよい効果が期待できます。

はこべら

“はこべら(繁縷)”の漢字から、「子孫繁栄」の願いが込められています。たんぱく質やカルシウム、鉄などを豊富に含み、止血作用や整腸作用もあります。

ほとけのざ

仏様が座る“安座”に似ているとされる縁起物。胃腸の働きを整えたり、高血圧の予防に効果が期待できます。

すずな

“すず”という字が入っていることから「神様を呼ぶ鈴」という由来がある縁起物。今で言うかぶのこと。葉はカロテンやビタミンC、E、ミネラル、食物繊維が豊富で、根はカリウムやビタミン、食物繊維が豊富。消化を促進する作用もあります。

すずしろ

その白さから“潔白”を表すとされる縁起物。今で言う大根のこと。胃腸の働きを助ける酵素が豊富に含まれ、がん予防に効果があるとされるオキシターゼなども含まれています。

「七草セット」がお手軽で便利!

正月を過ぎると、スーパーに「七草セット」が売られています。わざわざ野草摘みに行く必要もなく、食べやすい量が小さなパックにまとまっているからとても便利。量が少ないのでアク抜きはしなくてもOKですが、野草の風味が気になる場合は、塩でサッと茹ででアク抜きをしましょう。

レシピ1 中華風七草粥

レシピ1 中華風七草粥

K321/Shutterstock.com

材料 (2人分)

●ご飯・・・茶碗1~2杯
●水・・・600cc
●鶏がらスープの素・・・小さじ2
●七草・・・適量
●卵・・・2個
●ごま油・・・小さじ1

作り方

1 鍋に水を入れ、火にかける。
2 沸騰したら鶏がらスープの素を入れ、ご飯を入れて弱火で炊き、お粥を作る。
3 2に、刻んだ七草を加える。
4 しばらく炊いたあと、溶き卵を流し入れる。
5 仕上げにごま油をかけて、完成。

レシピ2 チーズリゾット風七草粥

レシピ2 チーズリゾット風七草粥

Brent Hofacker/Shutterstock.com

材料 (2人分)

●米(洗わない)・・・1合
●バター・・・10g
●にんにく・・・1かけ
●水・・・500cc
●鶏がらスープの素・・・10g
●生クリーム・・・50cc
●七草・・・適量
●パルメザンチーズ・・・20g
●ブラックペッパー・・・お好みで

作り方

1 フライパンにバターとみじん切りにしたにんにくを入れ、火にかける。
2 にんにくの香りが出てきたら米を入れ、透き通るくらいまで炒める。
3 水と鶏がらスープの素を入れ、中火で12分ほど煮込む。
4 水分が少なくなり、米にやや芯が残っているところで、生クリーム、粗く刻んだ七草、パルメザンチーズを加える。
5 器に盛り、お好みでブラックペッパーをふって完成。

レシピ3 カレーリゾット風七草粥

レシピ3 カレーリゾット風七草粥

L.F/Shutterstock.com

材料 (4人分)

●ご飯・・・茶碗4杯
●カレールウ・・・1/2箱(4皿分)
●玉ねぎ・・・1.5個
●にんじん・・・1/2本
●だし汁・・・500~800cc
●七草・・・適量

作り方

1 フライパンにサラダ油を熱し、強火で約5分間、みじん切りにした玉ねぎを炒め、中火にして約15分きつね色になるまでさらに炒め、鍋に移す。
2 鍋に火を入れ、沸騰したらアクを取り、適当な大きさに切ったにんじんを加えて弱火~中火で約20分煮込む。
3 火を止めて、カレールウを割り入れて溶かす。
4 弱火でかき混ぜながら、とろみがつくまで約5分間煮込む。
5 ご飯、だし汁を入れ、塩ゆでしてざく切りにした七草を加えて、完成。

七草粥を家族に振る舞うことは、健康によいことに加え、古くから伝わる日本の風習を子どもに教えることにもつながります。1月7日には、ぜひ七草粥にチャレンジしてみましょう。