ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
教えて! ソファーの「素材別」掃除テクニック
出典 : New Africa/Shutterstock.com

教えて! ソファーの「素材別」掃除テクニック

シミや手垢による黒ずみ、食べ残しの跡など、ソファーの汚れが気になりませんか? カンタンには洗えないだろうと諦めていたソファーも、「素材別」の掃除テクニックを知れば、見違えるほどキレイによみがえりますよ!

  • 渡辺

ソファーは、見た目以上に汚れている!?

ソファーは、見た目以上に汚れている!?

antoniodiaz/Shutterstock.com

家族がくつろぐために欠かせない、ソファー。毎日人の手が触れて、長い時間を過ごす場所だけに、じつは、とても汚れています。お菓子の食べこぼしやホコリなど、目に見えやすいものは掃除機で吸い取ることができますが、ソファーの汚れはそれだけではありません。

<ソファーの汚れになるもの>
●人の汗や皮脂
●食べ物・飲み物
●ファンデーションなどの化粧品
●ペットの毛やよだれ
●ホコリや花粉、ダニなどのハウスダスト

見た目はそれほど汚れていないようでも、ソファーにはこれらの汚れが少しずつ確実にたまっています。家族が安心して気持ちよくくつろぐためにも、ソファーの掃除はとても大切です。

ただし、ソファーの掃除には注意点があります。それは、必ず「素材別」の掃除テクニックに従って掃除をするということ。やり方を間違えると、お気に入りのソファーに変色などのダメージを与えてしまう恐れもあるので、十分に気をつけましょう。

『布製』ソファーの、掃除テクニック

『布製』ソファーの、掃除テクニック

Serdiukov/Shutterstock.com

布製のソファーは、肌触りがよく値段も手頃で人気がありますが、細かなゴミが生地の中に入り込みやすく、また、液体の汚れなどが染み込んでしまう性質があります。掃除の際にも、こすって落とそうとすると、汚れが生地に入り込んでしまうので注意しましょう。Step1から6の手順に沿って進めれば、迷うことなく掃除ができますよ。

<準備するもの>
●掃除機
●衣類用中性洗剤
●スプレーボトル
●いらない布3枚

Step1 掃除機をかける

まずは、掃除機で目に見えるゴミやホコリを吸い取りましょう。座面や背もたれだけでなく、クッションの下や脚の部分もお忘れなく。掃除機はブラシ付きのアタッチメントを使うと、生地を傷める心配がないのでおすすめです。

Step2 中性洗剤を薄めて、洗剤液を作る

中性洗剤を、30~40℃くらいのぬるま湯で3~5%に薄めて、洗剤液を作ります。

Step3 洗剤液をつけた布で、ソファーをたたく

布を洗剤液に浸し、軽く絞ってからソファーの表面をたたきます。ゴシゴシこすると生地を傷めたり、汚れが中に入り込んでしまうので、トントンと軽くたたきながら汚れを落としていきましょう。

最初に、目立たない部分で試して、変色や色落ちがないか確認をすると安心です。

Step4 乾いた布で、浮いた汚れを吸い取る

汚れが浮いてきたら、今度は乾いた布で汚れを吸い取ります。

Step5 お湯に浸した布で拭き取り、乾燥させる

お湯に浸してから固く絞った布で、全体を拭き取ります。洗剤が残らないように、しっかりと拭きましょう。

Step6 乾燥させる

十分に乾燥させたら、完了です。

『合皮製』ソファーの、掃除テクニック

『布製』ソファーの、掃除テクニック

AXL/Shutterstock.com

本革よりも値段が手頃で、手入れもしやすいことから人気の合皮製ソファー。汚れに強い反面、傷がつきやすいので、掃除機の使用は避けましょう。

<準備するもの>
●衣類用中性洗剤
●キッチンペーパー
●いらない布3枚

Step1 乾拭きをする

まずは、乾いた布で乾拭きをして、ソファーの表面についたホコリなどの汚れを取ります。

Step2 中性洗剤を薄めて、洗剤液を作る

中性洗剤を、30~40℃くらいのぬるま湯で3~5%に薄めて、洗剤液を作ります。

Step3 キッチンペーパーで汚れをパックする

洗剤液をつけたキッチンペーパーを、ソファーの汚れた部分に載せてしばらくパックします。

Step4 洗剤液をつけた布で、全体を拭く

布に洗剤液をつけて固く絞り、ソファー全体を拭きます。

Step5 水拭きをし、乾拭きで仕上げる

ソファー全体を布で水拭きし、その後、乾拭きをして仕上げます。

Step6 乾燥させる

十分に乾燥させたら、完了です。

『本革製』ソファーの、掃除テクニック

『本革製』ソファーの、掃除テクニック

cunaplus/Shutterstock.com

触り心地がよく、高級感もある本革製のソファー。掃除にはちょっと手間がかかりますが、きちんと手入れをすることで長く愛用することができます。必ず、革専用のクリーナーを利用しましょう。

<準備するもの>
●やわらかい布
●革専用クリーナー

Step1 色落ちしないか確認をする

革によってクリーナーとの相性があるため、まずは、目立たない部分にクリーナーをつけて、変色や色落ちがないか確認をしましょう。

Step2 やさしく拭く

やわらかい布にクリーナーをつけ、ソファー全体を、力を入れずに軽く拭いていきましょう。

本革製は、普段の手入れも欠かさずに

本革製のソファーは、革専用のクリーナーやクリームを使って、普段から手入れをするよう心がけましょう。革に必要な栄養を与えることで、保護膜が形成され、汚れがつきにくくなります。

ソファーは、「素材」によって掃除のやり方がまったく異なります。それぞれのテクニックに従って正しく掃除をすることで、キレイに長く愛用することができますよ。