ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
子どもの「書き初め」に、ぴったりな言葉とは!?
出典 : hichako_t/Shutterstock.com

子どもの「書き初め」に、ぴったりな言葉とは!?

小学生の冬休みの課題といえば、「書き初め」が定番ですよね。でも、いったいどんな言葉を書けばいい? どんな言葉が書きやすいの? そんな疑問を、子どもの学年別にズバッと解決します。

  • 渡辺

まずは、書き初めの由来と意味を知ろう

まずは、書き初めの由来と意味を知ろう

YAKOBCHUK VIACHESLAV/Shutterstock.com

正月の風物詩として、また、子どもの冬休みの課題としておなじみの、書き初め。頭を悩ますような難しい課題ではないけれど、道具を準備して、部屋を汚さないように新聞紙を敷いて、残った墨を処理して、キレイに片付けて・・・と、手間のかかるものだけに、子どもも面倒くさがって後まわしにしがちですよね。

それに、「好きな言葉を書いていい」と言われても何を書けばいいのかわからない、という問題もあります。つい、定番で無難な言葉を選んでしまいがちですが、ちょっと待って! 書き初めで書く言葉って、意外と大事な意味を持っているのです。

書き初めは、新年のマニフェスト!?

書き初めの由来って、知っていますか? 書き初めとは、年が明けて新年に初めて毛筆で字を書く行事のこと。そもそもは平安時代の宮中行事だったとされ、新年1月2日に、その年の心構えや抱負を書いて心に刻み込み、精進するという意味が込められています。

つまり、書き初めは新年に誓うマニフェストのようなもの! 適当に選んだ言葉ではなく、達成しうる目標や、希望となる言葉、意気込みなどを書くことが望ましいのです。

さらに、そうした書き初めの由来や意味を知ることは、子どもの書き初めへの興味ややる気を引き出すことにもつながります。まずは、子どもに書き初めの由来と意味を説明し、“自分の目標や希望となる言葉”を、“自分で”選ばせてみましょう。

とはいえ、気に入ったからといって、まだ習っていないような難しい漢字や言葉を選ばないように気をつけましょう。学校の課題である以上、習った字を正しく美しく書くということも大切です。子どもの学年と個性にぴったりと合った言葉を、見つけてみましょう。

小学校低学年に、おすすめの言葉

小学校低学年に、おすすめの言葉

T.TATSU/Shutterstock.com

低学年は、2~3文字のひらがなを使った言葉がおすすめです。大きな字で、元気よく書きましょう。すべての文字を同じくらいの大きさで、紙からはみ出さないように書くのがポイントです。

●ゆめ
●げんき
●ゆうき
●みらい
●ひかり
●まなび
●ちから
●ともだち

小学校中学年に、おすすめの言葉

小学校中学年に、おすすめの言葉

tkyszk/Shutterstock.com

中学年からは、漢字が1~2文字入った言葉がおすすめです。ひらがなと漢字が混ざるので、バランスに気をつけましょう。ひらがなは、漢字よりもやや小さめに書くのがコツです。

●希望
●大志
●成功
●美しい心
●生きる力
●やる気
●早おき
●つよい心

小学校高学年に、おすすめの言葉

小学校高学年に、おすすめの言葉

sunabesyou/Shutterstock.com

高学年は、漢字4文字か、ひらがなが1つ入った4文字の言葉がおすすめです。言葉の意味をしっかりと理解して書きましょう。バランスと勢いだけではなく、トメ・ハネ・ハライに気をつけることが大切です。

●一生懸命・・・命がけで物事にあたること。本気で物事にうちこむさま。
●有言実行・・・言ったことは、必ず実行するということ。
●一期一会・・・人との出会いは人生で一度きり。出会いを大切にするということ。
●七転八起・・・何度倒されても、そのたびにはい上がって諦めないということ。
●文武両道・・・勉強と部活動の両方をおろそかにせず、がんばるということ。
●日進月歩・・・日ごと、月ごとに絶え間なく進歩していくこと。
●前途洋々・・・見通しが明るく、将来が希望に満ちていること。
●強い意志
●希望の光

課題だから仕方なく書く・・・という姿勢では、勢いのある良い字は生まれにくいものです。「こんな一年にしたい!」「こんな気持ちを持っていたい!」という思いを込めて選んだ言葉なら、きっと素晴らしい書き初めが仕上がりますよ。