ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
今さら聞けない、トイレ掃除の基本と手順
出典 : Ljupco Smokovski/Shutterstock.com

今さら聞けない、トイレ掃除の基本と手順

毎日必ず使う汚れやすい場所にも関わらず、面倒に感じるトイレ掃除。とくに、男性の中には苦手意識がある人もいるのではないでしょうか? 自己流で済ませがちですが、正しい手順を改めておさらいして、いつも清潔なトイレを目指しましょう。

  • terasaki

用意しておきたい、トイレ掃除の道具

用意しておきたい、トイレ掃除の道具

ratmaner/Shutterstock.com

掃除をしやすくするためにも、汚れをしっかり落とすためにもトイレ掃除の道具は最低限のものだけでも揃えておく必要があります。

トイレブラシ

トイレブラシの頭はスポンジタイプではなく、ブラシの形状をしたものが、便器のフチ裏など細かいところも掃除しやすく便利です。トイレブラシは濡れたまま収納することがほとんどで、菌の繁殖が多く不衛生になりがちです。汚れを目視できなくても、消毒したり、乾燥させたりとブラシを清潔に保つようにしておきましょう。

トイレ用お掃除シート

拭く場所に菌が多いトイレは、使用後そのまま流すことができるトイレ用お掃除シートが清潔に使えます。トイレ用のお掃除シートは除菌タイプのものがほとんどなので、トイレ掃除に必要な除菌も同時に行えます。手元にない時はウエットシートや使い捨てのおしぼりでも代用できます。この場合は、使用後トイレに流してはいけません。

洗剤

トイレ掃除の洗剤には、いくつもの種類がありますが、汚れの度合いに合わせて選ぶことができます。定期的に掃除できる場合は、材質にやさしい中性洗剤で十分です。尿石がついてしまった便器や臭いが気になる時は酸性の洗剤、黒ずみができた便器は塩素系の洗剤が効果的です。狭い空間で洗剤を使用するので、換気は忘れずに行いましょう。

トイレ掃除の正しい手順

トイレ掃除の正しい手順

kazoka/Shutterstock.com

トイレ掃除には便器、壁、床という基本の順番があります。まずは便器を上から下に向かって掃除します。タンクを拭いたら便座、便器の中、便器の外の順番です。便座や便器の外側は掃除用シート、もしくは濡らした雑巾で拭くようにします。便器内に黄ばみ、黒ずみなど汚れが目立つ時は、洗剤をかけた後トイレットペーパーで覆って、しばらく洗剤をなじませた後拭き取るようにすると汚れが落としやすくなります。

便器が終わったら、次は壁です。尿の飛び散りは予想以上に広範囲にわたっていますが、そのまま放置していると雑菌と反応し、臭いの原因になります。トイレの壁は、腰の高さ程度まで週に1度は拭き掃除をするといいですね。

床は汚れやすいので、掃除をするたびに拭いておきたい場所です。とくに、便器と床のつなぎ目は念入りに拭かないと汚れがたまりやすくなります。

見落としがちな場所も抜かりなく!

見落としがちな場所も抜かりなく!

Roman Tiraspolsky/Shutterstock.com

トイレの中で意外と汚れているのは、タンクについているシンクやレバーです。レバーは毎回手で触れているのに、掃除するのをつい忘れがち。

他にも、見落として汚れがたまりやすいのはウォシュレットタイプの便座の接合部分です。たいていの場合は、外せて掃除できるようになっていますが、気がつかずにほったらかしにしている人も多いのではないのでしょうか。臭いの原因になるので、定期的に外して掃除するように習慣づけたい場所です。

トイレをキレイに使いましょう!

トイレをキレイに使いましょう!

Billion PhotosShutterstock.com

本格的なトイレ掃除は面倒なもの。とにかくカンタンに済ませるためには、「毎日する」「汚れに気がついた時点でする」ことが肝心です。こまめに汚れを落としておけば、ほんの数分で終わります。また、トイレを使用する際も少しの心がけで汚れ方がまったく変わってきます。

毎日入るトイレがキレイなのは、想像以上に気持ちがいいものです。トイレ掃除が苦手な人こそ、こまめに掃除して汚れをためないようにしたいですね。