ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
換気扇掃除、どうしたらカンタンに済ませられる?
出典 : beeboys/Shutterstock.com

換気扇掃除、どうしたらカンタンに済ませられる?

この時期、考えただけで憂鬱になるのが年末大掃除です。とりわけ換気扇掃除は面倒な掃除の代表ですが、やらなければダメでしょうか? どうにかカンタンに済ませる方法はないのでしょうか?

  • terasaki

換気扇の汚れ、見過ごしたままだとどうなる?

換気扇の汚れ、見過ごしたままだとどうなる?

FotoDuets/Shutterstock.com

「換気扇の掃除は面倒だし、手は届かないし、外からは見えないし、今年は見送ろう・・。」ついそう思いたくなりますが、換気扇掃除をしないままでいると多くの弊害があります。

まず、換気効率が落ち電気代が余計にかかることになります。効率よく換気できないので、油汚れはキッチンに通じるすべての部屋に広がります。リビングの壁紙が黄ばむ、家具がベタベタになるなんてことも起こる可能性も。さらにその後、油とほこりが合わさった雑菌の温床である廃油が換気扇から落ち、調理場を汚したり、最悪の場合調理中の鍋の中に入ってしまうことさえもあり得ます。それでも放置し続けると、ついには換気扇が故障するという事態を招くことも。

衛生面から見ても見過ごせない換気扇の汚れ。手間をかけずに効率よく掃除してしまいましょう!

換気扇掃除、事前準備がカギ

換気扇掃除、事前準備がカギ

KucherAV/Shutterstock.com

ベタベタする換気扇掃除は、途中で中断せずに済むように事前に掃除に必要なものを揃えてから始めるのがポイントです。用意しておきたいものはゴム手袋、スポンジ、古布、新聞紙、ビニール袋、洗剤(あればセスキ炭酸ソーダ)、ブラシなど。掃除を始める前に手に届く範囲においておきます。

換気扇の電源を外したら、キズ、汚れ防止に新聞紙で周囲を覆い、部品を取り外します。換気扇はおもに、「シロッコファン」と「プロペラファン」の2種類に分けられます。フィルターとファン、もしくはプロペラを取り外しておきます。ケガしないように、ゴム手袋は必須です。

シロッコファンは、長い間外していないと油で固まり、外れないこともあります。その場合はドライヤーで温めるなどの方法もありますが、あまり頑固なら無理せずプロにお願いする方が安心です。

カンタン換気扇掃除の手順

カンタン換気扇掃除の手順

creativei images/Shutterstock.com

シロッコファンの場合、フィルターさえ定期的に掃除できていたなら、ファンに油が回っていないこともあります。その時は、フィルターだけの掃除で済ませてもいいかもしれません。

シンクにビニール袋を用意して、60度の湯をはり、セスキ炭酸ソーダを大さじ1入れます。その中にフィルターやプロペラをつけおくだけです。その間はレンジフードの掃除です。スプレーボトルにセスキ炭酸ソーダと水を入れて、よく混ぜたらレンジフードにスプレーします。油汚れがひどい場所は、キッチンペーパーで覆って時間をおいてからスポンジでこすると落としやすくなります。

重曹でも同じ要領で行えますが、油を分解する力はセスキ炭酸ソーダが大きく上回るので、少しでもカンタンに済ませたい時はセスキ炭酸ソーダを用意しておきましょう。

基本は待つだけ、つけおきで済ませる方法

基本は待つだけ、つけおきで済ませる方法

tamu1500/Shutterstock.com

換気扇掃除は面倒に感じますが、外してしまえば基本は待つだけです。つけおき時間は1時間程度で汚れの度合いを確認しながら取り出します。素材によっては塗装が剥がれてしまうこともあるので、素材の確認は忘れないように、つけおき過ぎないように気をつける必要があります。油汚れが浮いたら後は、すすいで乾かしたら元に戻したら終了です。

ベタベタの油汚れをこすって落とすのは、たいへんな労力です。しかし、洗剤と待ち時間の力で汚れを浮かすつけおき洗いは比較的カンタンで、他の仕事と並行しながらでも行えるほどです。

掃除をしなくても目立たないけれど、気がついたら大きく部屋を汚す原因になってしまう換気扇の汚れ。他の部屋に油が回る前に、手早くカンタンに掃除してしまいましょう。