ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
「大寒」はいつ? 寒中見舞いとの関係や縁起が良い食べ物まで
出典 : Erlo Brown /Shutterstock.com

「大寒」はいつ? 寒中見舞いとの関係や縁起が良い食べ物まで

急に寒さが厳しくなると、通勤時の服装に悩みますよね。そんな悩みを解消するために、1年で1番着込むべき「大寒」についてご紹介します。大寒がいつなのか、大寒の意味や縁起の良い食べ物を知って、厳しい寒さに備えましょう。

  • 奥平 望

「大寒」とは

「大寒」とは

ANURAK PONGPATIMET /Shutterstock.com

「大寒(だいかん)」とは1年のうちで寒さがもっとも厳しい頃とされています。

大寒は、太陽の動きをもとにした二十四節気(にじゅうしせっき)の最後の節気です。二十四節気は、1年を太陽の通る道に合わせて24の季節に分けた暦のことで、立春、春分、夏至、冬至などが有名ですよね。二十四節気の歴史は古く、なんと紀元前から中国で用いられた暦なのです。

そんな二十四節気の最後の節気である大寒を乗り越えると、春をすぐ近くに感じられるはずです。

大寒はいつ?

大寒はいつ?

toeytoey /Shutterstock.com

大寒は、1月20日~2月3日頃だといわれています。

二十四節気の最後の節気である大寒は、七十二候(しちじゅうにこう)によってさらに、
●初候(しょこう)
●次候(じこう)
●末候(まっこう)
の3つに分けられます。七十二候というのは、二十四節気をさらに5日間ずつの3つに分けて時候を表したもので、それぞれに気象の動きや動植物の変化を表す名称がつけられています。

大寒は七十二候によって、
●1月20日頃 初候「款冬華(ふきのはなさく)」
雪が積もった地面の下から、蕗の薹(ふきのとう)が顔を出す頃。
●1月25日頃 次候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」
沢に氷が厚く張りつめる頃。
●1月30日頃 末候「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」
にわとりが鳥屋(とや)に入り、卵を産み始めるころ。
上記のように表されます。

ただ「寒いね」と話すだけでなく、ぜひ子どもに二十四節気や七十二候について教えてあげましょう。冬の寒さが苦手な子どもも、美しい言葉で表現された時候に興味を持ってくれるかもしれませんよ。

大寒と「寒中見舞い」の関係

大寒と「寒中見舞い」の関係

miko2 /Shutterstock.com

それでは、大寒と「寒中見舞い」の関係についてみていきましょう。

二十四節気の最後の節気である大寒の前には「小寒(しょうかん)」があります。この小寒から大寒までの約15日間と、大寒から節分までの約15日間の合計約30日間を、1年でもっとも寒い時期ということで「寒(かん)」と呼びます。さらに、小寒の日を「寒の入り(かんのいり)」と呼び、寒が終わって立春になることを「寒明け(かんあけ)」と呼びます。

つまり寒中見舞いは、その名のとおり寒の間に出すもので、寒さがもっとも厳しい時期に相手の身体を気遣う書状のことです。松飾のある松の内が過ぎてから2月3日までの間に出す場合は、年賀状ではなく寒中見舞いとなります。

大寒に食べると縁起が良い食べ物は?

大寒に食べると縁起が良い食べ物は?

siambizkit /Shutterstock.com

寒さが厳しい大寒は、
●高野豆腐
●寒天
●酒
●味噌
など、寒さを利用した食物を仕込む時期でもあります。厳しい寒さのため空気中の雑菌が少なく、水質も良いので仕込みに適しているのです。

この大寒に食べると縁起が良いとされているのは、大寒の日に産まれた卵です。大寒の日に産まれた卵は「大寒卵(だいかんたまご)」と呼ばれ、食べると体が丈夫になり、金運や健康運を呼び込むといわれています。縁起を担いで、大寒にはぜひ卵料理を食べましょう。

ちなみに大寒の頃に旬を迎える食材は、
●小松菜
●水菜
●大根
●金柑
●ワカサギ
●牡蠣
●鱈(たら)
などがあります。旬の食べ物で大寒を乗り越えましょう。

大寒について紹介しました。1年でもっとも寒い時期である大寒を越えると、すぐそこに春を感じられるはずです。大寒卵や旬の食べ物で、寒さを乗り越えて暖かい春を待ちわびましょう!