ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
「初夢」はいつ見る夢のこと? 初夢の歴史や良い夢を見る方法まで
出典 : structuresxx /Shutterstock.com

「初夢」はいつ見る夢のこと? 初夢の歴史や良い夢を見る方法まで

「初夢っていつ見る夢?」と子どもに聞かれたら、正しく答えてあげたいですよね。でも、年の初めといわれても「何日だっけ?」と考えてしまう人も多いでしょう。初夢とはいつ見る夢のことか、初夢の歴史や良い夢を見る方法までご紹介します。

  • 奥平 望

「初夢」はいつ見る夢のこと?

「初夢」はいつ見る夢のこと?

ANURAK PONGPATIMET /Shutterstock.com

「初夢」とは新年の最初に見る夢ですが、昔の資料によると、
●大晦日に見る夢
●元日に見る夢
●2日に見る夢
3通りの説があるようです。

それでは、諸説ある初夢について詳しくみていきましょう。

現代とは違って、昔は立春を正月としていました。そのため、そもそもは「節分の夜から立春の朝までに見る夢」を初夢と呼んでいました。やがて暦が変わり「大晦日の夜」に見る夢を初夢と呼ぶようになり、その後大晦日は年神様をお迎えするために眠らない習慣が定着したため「元日の夜」に見る夢が初夢とされました。さらに、1月2日が物事をはじめる日と考えられるようになってからは「2日の夜に見る夢」が初夢といわれるようになったのです。

このように諸説ある初夢ですが、最近では1月2日に見る夢を初夢とするのが一般的になりつつあります。

初夢の歴史

初夢の歴史

Katsuhiro /Shutterstock.com

かつては、夢は神様からのお告げであり、その後の運命を左右されるものと信じられていました。そして、初夢にはその年の運勢が表れるとされていたため、夢の内容で新年の運勢を占っていたのです。

「縁起の良い初夢を見たい」とは誰もが思うものですが、昔の人々は吉夢を見るために宝船や獏の絵を枕の下に敷いたり、回文を唱えたりしていたそうです。

初夢に見ると縁起が良いもの

初夢に見ると縁起が良いもの

Contrail /Shutterstock.com

初夢といえば「一富士、二鷹、三茄子(なすび)」が有名ですよね。しかし、どうして富士や鷹、茄子が吉夢なのでしょうか?

富士や鷹、茄子が吉夢とされる理由は、それぞれのいわれにあるようです。

まず、富士とは日本を代表する高くて美しい富士山のことです。昔から富士は高い目標や理想をかなえる立身出世を象徴しており、かつ裾広がりで縁起が良いとされてきました。
また、鷹は高く強く羽ばたき大空を舞うことから、開運につながると考えられてきました。
茄子は「成す」に通じて、財を成す、子を成すなど縁起が良いものとされてきたのです。

このほかにも、
●七福神が乗った宝船の夢
●神社の夢
●車の夢
●馬の夢
上記のような夢を初夢に見ると縁起が良いといわれています。

良い夢を見る方法って?

良い夢を見る方法って?

ANURAK PONGPATIMET /Shutterstock.com

一年のはじまりの初夢に縁起の良い夢を見たいと思ったら、どうしたらいいのでしょうか?

縁起が良い夢を見る方法として、かんたんに試せるのが回文です。昔から「永き(長き)世の 遠の眠りの みな目ざめ 波乗り船の 音の良きかな」など、ひらがなにすると前から呼んでも後ろから呼んでも同じになる回文を3回唱えて、その紙を枕の下に敷いて眠ると縁起が良い夢を見られるといわれています。
今年こそは良い初夢を見たいと思っている人は、ぜひ試してみてくださいね。

しかし、そうはいっても悪い夢を見てしまう時もありますよね。
そんな時は、宝船の帆に「獏」という字を書いて川に流したり、土に埋めたりするといいといわれています。獏は架空の動物ですが、人の悪夢を食べてくれるありがたい存在です。

ただし、実際に紙を川に流すとなると、ゴミの問題にもつながってしまうので注意が必要です。流すフリだけにするか、環境にやさしい紙を使うなど工夫しましょう。

初夢でその年の運勢が決まるとは考えにくいですが、できれば縁起の良い夢を見て一年のスタートを気持ち良く迎えたいものです。しかし、夢を見ても起きたら忘れてしまっていたり、悪い夢で目が覚めることも。もし子どもが悪い夢を見たと不安に思っていたら、獏が食べてくれるから大丈夫だと安心させてあげましょう。