ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
「鏡開き」はいつ? 由来や鏡餅を食べてもいい日は?
出典 : inomasa /Shutterstock.com

「鏡開き」はいつ? 由来や鏡餅を食べてもいい日は?

お正月に欠かせない鏡餅。まだ飾っている最中、子どもに「鏡餅を食べたい」と言われることもあるのでは。でも、鏡餅は鏡開きをした後に食べるもの。鏡開きの日を知って、お正月の疑問をひとつ解決しましょう。

  • 奥平 望

「鏡開き」はいつ?

「鏡開き」はいつ?

Brian A Jackson /Shutterstock.com

お正月に行う鏡開きは、
●松の内を1月7日までとする地方では1月11日
●関西など松の内を1月15日とする地方では1月15日または20日
に行う場合が多いようです。

昔は「二十日正月」といって20日に鏡開きを行っていましたが、徳川三代将軍・徳川家光が慶安4年4月20日に亡くなったため、月命日の20日を避けて11日になったといわれています。

なぜ鏡開きの前に鏡餅を食べてはいけないの?

なぜ鏡開きの前に鏡餅を食べてはいけないの?

yuzu /Shutterstock.com

お正月の間、年神様は鏡餅を依り代(神霊が依り憑く対象物)とします。松の内とは年神様がいらっしゃる間のことなので、もし松の内の間に鏡餅を食べてしまったら、年神様の居場所がなくなってしまいます。年神様の依り代をなくさないために、鏡開きの前に鏡餅を食べてはいけないのです。

かといって、鏡餅はいつまでも飾っておくものではありません。飾っておくだけだと、年神様にお供え物をしたにすぎません。松の内が過ぎたら鏡餅を食べて、年神様をお送りしましょう。

また、年神様が宿った鏡餅を食べることでその力を授けてもらい、1年の家族の無病息災を願うという意味もあります。お供えして、松の内が過ぎたら食べてこそ意味があるのです。

いつになれば鏡餅を食べてもいいの?

いつになれば鏡餅を食べてもいいの?

sasaken /Shutterstock.com

一般的には1月11日、関西などは15日または20日になれば鏡餅を食べていいでしょう。子どもに「早く鏡餅を食べたい」とせがまれたら、年神様のはなしをしてあげてくださいね。

また、なぜ鏡餅を割ることをなぜ鏡開きと呼ぶのかについても話してあげましょう。

鏡開きは、もともと武家から始まった行事です。そのため鏡餅に刃物を使うことは、切腹を連想させるので禁物でした。そこで、手や木槌を使って鏡餅を割ることになりました。ですが、「割る」という表現も縁起が悪いとされたため、末広がりを意味する「開く」を使って「鏡開き」と呼ぶようになったそうです。

樽酒の鏡開きとの関係は?

樽酒の鏡開きとの関係は?

kazoka /Shutterstock.com

松の内が過ぎたら行う鏡開きですが、樽酒のふたを割って開けることもまた鏡開きといいます。鏡餅の鏡開きと、樽酒の鏡開きには、共通点があるのでしょうか?

樽酒のふたを割ってお酒をふるまう鏡開きの由来は、酒屋では樽酒のふたのことを「鏡」と呼んでいたことからきています。

米からできる日本酒は、日本人にとって神聖なものとされてきました。そのため、神事を営む際に日本酒を供えたり、祈願が済むと参列者でお酒を酌み交わして祈願の成就を願ったりする風習は、現代でも色濃く残っています。ここでも「割る」という言葉は縁起が悪いとされ、開くという言葉が使われるようになったそうです。

つまり、鏡餅の鏡開きも、樽酒の鏡開きも、割るという言葉ではなく縁起が良い「開く」という言葉が使われているという点で共通しています。さらに、新たな出発に際して健康や幸福などを祈願し、その成就を願うという点でも共通していることがわかります。

このように、鏡餅は松の内が過ぎ、鏡開きをしてから食べるのが昔からの習わしです。最近は、鏡餅といってもあらかじめ個包装されている餅が入った便利なものが増えてきました。

昔ながらの鏡餅を食べる際は、包丁など刃物は使用せず、手や木槌で割るようにしましょう。それでもなかなか割れない場合は、半日程度水に浸して、電子レンジにかけるとやわらかくなってちぎりやすくなります。ただし、ちぎる時は餅が熱くなっているので、やけどには十分注意してくださいね。