ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
「防災とボランティアの日」はいつ? 由来は?
出典 : yoshi0511 /Shutterstock.com

「防災とボランティアの日」はいつ? 由来は?

「防災とボランティアの日」を知っていますか? 防災とボランティアの日の由来は、阪神・淡路大震災を踏まえて制定された防災記念日です。防災とボランティアの日について知るとともに、その他の防災記念日についても知識を得ましょう。

  • 奥平 望

「防災とボランティアの日」はいつ?

「防災とボランティアの日」はいつ?

Pra Chid /Shutterstock.com

内閣府は、毎年1月17日を「防災とボランティアの日」と制定しています。また、1月15日から1月21日までを「防災とボランティア週間」としています。

防災とボランティアの日及び防災とボランティア週間は、災害時におけるボランティア活動及び自主的な防災活動についての認識を深めるとともに、災害への備えの充実強化を図ることを目的として設けられました。政府、地方公共団体等防災関係諸機関を始め、国民にも広く防災活動を普及させるための防災記念日です。

防災とボランティアの日及び防災とボランティア週間は、地方公共団体やその他関係団体の協力を得て、
●講演会
●講習会
●展示会
などの行事を全国的に実施しています。

防災とボランティアの日の由来

防災とボランティアの日の由来

metamorworks /Shutterstock.com

防災とボランティアの日及び防災とボランティア週間は、平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災をきっかけに制定されました。

阪神・淡路大震災では、全国各地から数多くのボランティアが被災地に駆けつけました。その数、延べ130万人以上。集まったボランティアは、被災者の救援や被災地の回復に大きな力を発揮し、災害時におけるボランティアがいかに重要か広く知れ渡ることとなりました。

防災ボランティア活動は、受け入れる被災地側の「受援力」が大事だといわれています。受援力とは、集まったボランティアの助けを受け入れて、人に頼ることのできる力のことです。

たとえ被災地の復興、再建のために多くのボランティアが集まったとしても、受援力がなければせっかくのボランティアの力が十分に発揮されません。その背景には、「ボランティアの人たちを信用してもいいのか」「無料で手伝ってもらっていいのか」といった不安や戸惑いが隠されているようです。

防災ボランティアの人たちは、支援活動の見返りなど期待していません。被災した人たちのお手伝いがしたいと集まっているので、金銭を要求するようなことはけっしてないのです。受援力を高めるためには、まず防災ボランティアについて理解を深める必要がありそうですね。

その他の主な消防・防災関連記念日は?

その他の主な消防・防災関連記念日は?

Africa Studio /Shutterstock.com

防災とボランティアの日及び防災とボランティア週間以外にも、いくつかの消防・防災関連記念日が制定されています。1月から順番に紹介していきましょう。

1月

●17日 防災とボランティアの日
●15日~21日 防災とボランティア週間
●26日 文化財防火デー
国民的財産である文化財を火災・震災その他の災害から守り、文化財愛護思想の高揚を図る目的。

3月

●1日~7日 春の全国火災予防運動
春先の火災が発生しやすい季節を迎えるに当たって。
●7日 消防記念日
消防に関する知識と理解を深めるため。

6月

●1日~30日 特別防災月間
梅雨の時季を迎えるに当たって。
●第2週 危険物安全週間
危険物に対する意識の高揚を図る目的。

7月

●1日 国民安全の日
産業安全、交通安全、火災予防、学校安全、海難防止等を一丸とした災害防止を図る目的。

9月

●1日 防災の日
台風津波、地震等の自然災害について認識を深め、災害に対する備えを充実させるため。
●1週間 防災週間(9月1日前後)
台風津波、地震等の自然災害について認識を深め、災害に対する備えを充実させるため。
●9日 救急の日
9と9で「きゅうきゅうの日」となることから、救急医療及び救急業務に対する国民の正しい理解と認識を深める目的。

10月

●13日 国際防災の日
災害に対する備えを充実させ、災害の予防・被害減少を実現するために国連が制定した国際デー。

11月

●9日 119番の日
救急の日と同様に語呂合わせから生まれた記念日。防火・防災に対する意識の向上が目的。
●9日~15日 秋季全国火災予防運動
秋から冬にかけての火災が多く発生しやすい気候となる時季を迎えるに当たって。

消防や防火についての理解を深めましょう

消防や防火についての理解を深めましょう

Monster Ztudio /Shutterstock.com

消防や理解について理解を深めるために制定された、防災とボランティアの日及び防災とボランティア週間。平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災を風化させないためにも、ひとりひとりが防災に対して考え、行動することが大事です。

地域の防災訓練に参加したり、日頃から地域の人との交流を深めたりすることも、消防や防火への理解を深める第一歩となるでしょう。

防災とボランティアの日及び防災とボランティア週間について紹介しました。

1月17日は、阪神・淡路大震災によって多くの人の命と生活の安定が瞬時に失われました。しかし、同時に人の温かさや思いやり、助け合うことの大切さを学ぶことのできた忘れられない日となりました。防災とボランティアの日と制定された1月17日、及び防災とボランティア週間と制定された1月15日から1月21日は、ぜひ家族や地域の人と一緒に防災について話し合ってみませんか?