ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
山で活躍! 登山用フリースの選び方
出典 : Yaping/Shutterstock.com

山で活躍! 登山用フリースの選び方

登山に欠かせない「フリース」。アウトドア用・登山用のものとなると安い買い物ではなくなりますが、量販店のものやタウン用とどう違うのでしょうか? 登山用フリースのあれこれについて紹介します。

  • 鈴木

登山用フリースとは?

登山用フリースとは?

Fotoeventis/Shutterstock.com

みんな知っているフリース素材。フリースは、暖かくて軽くて肌ざわりがやわらかく、自宅でカンタンに洗濯できて、速く乾く、とても便利な素材です。加えて比較的、安価に購入できることから一気に普及、定着したアイテムで、素材はポリエステル素材が一般的です。しかし、みんなが知っているフリースは、本来のフリースとは別物ともいえます。
本来、フリースとは、“刈り取ったままの羊毛”という意味があり、毛足の長い、やわらかな両面起毛のコート素材のことを指していました。アウトドア用として売られている、比較的高価な上着だったのです。
お手頃価格のフリースは普段使いのアイテムとしてはとても重宝しますが、登山用に求められるフリースとは求められる機能が違います。
登山用のフリースは、一般的なフリースの特長がパワーアップした、さらなる高機能が必要であり、登山用品を得意とするメーカーはそうした需要を熟知して商品開発・製造しています。
具体的には、耐久性があり、汗を吸って放出する機能が高く、より動きやすさを追求しているため着心地が良くフィット感があり、摩擦に強いという特長があります。
こうした高い機能を持つ登山用フリースは、登山をしない人の間でもアウトドア用として注目されています。

登山用フリースの選び方は?

登山用フリースの選び方は?

Song_about_summer/Shutterstock.com

フリースの上着を選ぶ時の機能的なポイントはいろいろあります。

●素材や肌ざわり
同じフリースでも素材や起毛の状態によって、肌ざわりや機能が変わってきます。片面起毛と両面起毛があり、それによって厚みや保温性にも差が生じます。好みの素材、肌ざわりを見つけることは選ぶポイントになります。

●生地の厚さ・重さ
山は夏でも気温が下がるので、フリースは一年中使う、もしくは常備しておくべきアイテムです。登山で使うフリースは、少しの厚みや重みが大きな差になります。真冬にしっかり着るのか、夏場の山に常備しておくのかによって、厚さ、重さ、保温力のバランスを考えて選びましょう。

●フィット感・ストレッチ性
「登山する=動く」ので、動きやすさやフィット感などの使用感、着心地は必ずチェックしましょう。

●デザイン
ベストタイプか袖があるタイプかをまず決めます。フリースをどの位置づけで着るのかにもよります。また、機能だけではなくオシャレに着こなしたいですから、色や丈感、あしらいなどディテールのデザインにこだわりましょう。

登山用フリースブランド紹介

登山用フリースブランド紹介

Tata Chen/Shutterstock.com

●モンベル(mont-bell)
日本のアウトドアブランド。 創業者の辰野勇氏は登山家であり、“Function is Beauty(機能美)”と“Light & Fast(軽量と迅速)”をブランドコンセプトに商品開発を行っています。

●パタゴニア(patagonia)
1965年にアメリカで創業されたアウトドアメーカー。フリースにはペットボトル再生品が使われていることで知られます。フリース素材の登山ウェアを豊富に取り揃えており、デザイン性の高さにも定評があります。

●ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)
1968年創業、アメリカの総合アウトドア用品メーカー。デザインやカラーバリエーションが豊富で、タウン着としても使用できるウェアを数多く取り揃えています。

●コロンビア(Columbia)
1938年に家族経営の小さな帽子問屋からスタート。今では日本でも認知度が高いアメリカのアウトドアブランドです。機能性、耐久性、デザイン性も定評があり、実用的な高機能アイテムが揃っています。

●スノーピーク(Snow Peak)
機能的で、美しく、頑丈なキャンプ道具で知られる「スノーピーク」。新潟県に本社があり、創業者・山井太氏は登山家。ウェアについても、機能的でシンプル、スタイリッシュなデザイン性が人気です。


フリースアイテムいろいろ

フリースアイテムいろいろ

Coprid/Shutterstock.com

フリース素材の上着のほかにも、さまざまなフリースアイテムが登山やトレッキングで活躍します。
フリースの登山用パンツは、フィッシングパンツとしても、トレッキングパンツとしても、あるいは冬の普段着としても着用できるスタイリッシュなデザインのものが人気です!
そのほかフリースのキャップ、ネックウォーマー、手袋、ソックスも、登山アイテムとしてぜひ備えておきたいものです。
また、目元以外のほとんどを覆ってくれるフリース素材のフェイスマスクもあります。高機能フリース素材を使っているため、高い通気性により、呼気や汗の水蒸気などを効率的に排出し、ムレを軽減。保温性と通気性を両立しているため、さまざまなフィールドシーンで幅広く活用できるそうです。

フリースの消臭方法は?

ファブリーズ布用消臭スプレー SPORTS

ファブリーズ布用消臭スプレー SPORTS

登山やトレッキングで活躍するフリースアイテムの数々。見た目以上にハードなスポーツで、冬でも汗ばむだけに、衣類のニオイが気になります。すぐには洗濯できない時は、「ファブリーズ布用消臭スプレー SPORTS 」を試してみてはどうでしょうか?
ファブリーズ布用消臭スプレー SPORTS は、スポーツの汗臭に特化した強力消臭剤です。頑固な汗のニオイも、ニオイ分子から破壊。ニオイの原因となる菌を99.9%除菌し、ニオイ菌の増殖を長時間抑えてくれます。
使い方は、シューズ、バッグ、帽子、スポーツウェアなど汗のニオイが気になるものに、表面が全体的に湿り気をおびる程度にスプレーするだけです。
革へは使用できませんが、布製品なら使用できます。毛、絹・レーヨン・アセテート・キュプラなど水に弱い繊維、水洗い不可の表示があるもの、防水・撥水加工など特殊加工されたものは、シミになったり、風合いを損ねたりする恐れがあるので、あらかじめ目立たない部分で試してから使った方が安心です。

このように、ますます高機能化し、さまざまなアイテムに展開されているフリース素材。ニオイ対策は、心強い味方、ファブリーズ布用消臭スプレー SPORTがあれば万全ですね!