ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
洗顔後の衝撃・・・フェイスタオルが臭い!
出典 : naka-stockphoto/Shutterstock.com

洗顔後の衝撃・・・フェイスタオルが臭い!

朝の気持ちよい洗顔後、洗い立てのフワフワのフェイスタオルで顔を包み込むのは至福の時。そんな時、顔を埋めたタオルからイヤ~な臭いがしたら!? タオルの臭いを撃退する方法を紹介します。

  • 創文舎 hamo

フェイスタオルが臭くなるのはナゼ?

フェイスタオルが臭くなるのはナゼ?

buritora/Shutterstock.com

おろしたてのタオルは、臭いが無く、フワフワの手触り。いつまでもこの状態が続けばいいのですが、気に入ったタオルほどよく使うので、徐々にやわらかな手触りは失われ、臭いが気になりはじめます。
質の良いタオルは、正しいケアをすることで手触りや質感はある程度長持ちしますが、厄介なのはタオルに染みつく臭い。

洗って乾いた後は臭いがしなかったのに、洗顔後、顔をフェイスタオルで拭いた時に戻ってくる、あの雑巾のような臭いは一体どこから・・・。
臭いの原因になっているのは、タオルの繊維の中で増殖した「雑菌」です。

臭いの原因となる雑菌は、皮膚の上にいる常在菌や、空気中に漂っている菌などの日常に存在するごくありふれた菌。これらの菌がタオルに付着し、湿度や温度の整った環境で、繊維に取れ残った皮脂などのタンパク汚れなどのエサが揃えば、みるみる菌は増殖し、臭い物質を生成するようになります。

きちんと洗っているのに、なぜ雑菌が・・・。そう思うのも無理はありませんが、タオルの中で一度増えた雑菌は普通の洗濯では落としきるのが難しいのが現実。洗濯機で普通に洗う程度では繊維に絡みつく雑菌は取れてはくれないのです。

普段からできる臭い予防

普段からできる臭い予防

Andrey_Popov/Shutterstock.com

臭いの原因である雑菌は、湿った場所が大好き。吸水性の高いフェイスタオルやバスタオルなどは、繊維に水分を留めておきやすく、エサも豊富にあるので、雑菌が繁殖するには最高の条件。雑菌を繁殖させないようにするには、この環境を見直すのが先決です。

まず、気をつけなくてはならないのは、フェイスタオルを湿った状態で置いておかないようにすること。使用後はできるだけ早く洗濯してしまうのがもっともよい方法ですが、使う度にすぐに洗うというのは現実的に難しいことです。

そこで、洗濯するまでに時間があく場合は、一度乾かしておくのが得策。
汚れものを洗濯するまでの間、洗濯漕に入れて保管するという話をよく聞きますが、洗濯機の中は光が差さない密閉空間。おまけに、常に水を使うという場所柄、湿気が溜まりやすく、洗濯ものから出る汚れも蓄積しているのでエサも豊富。こんな場所に、湿気と汚れを含んだタオルを入れっぱなしにしていたら、洗ってキレイになるどころか、雑菌を増やしかねません。

タオルにつく臭いを予防するには、できるだけタオルを湿った状態にせず、早めに洗うことが大切です。できない時は、一度しっかり乾かし雑菌の増殖を防ぎましょう。

臭いが気になると、いい香りのする洗剤を多めに使って香りでごまかしたくなりますが、それは返って逆効果。洗剤を入れ過ぎると溶け残り、イヤな臭いをますます強くする原因になります。
適正な洗剤量と湿った状態を回避するということを常に頭の中に入れて、イヤな臭いを予防しましょう。

臭いを消し去るタオルの洗い方

臭いを消し去るタオルの洗い方

Africa Studio/Shutterstock.com

気をつけていてもタオルに臭いがついてしまったら、通常の洗濯をする前に、浸け置き洗いをしてみましょう。

洗面器やバケツに、40℃前後のタオルが浸る程度のお湯をはり、適量の酸素系漂白剤を溶かし入れてフェイスタオルを沈め入れます。時々かき混ぜながら1時間程度おいたら、そのまま洗濯機に入れ通常の洗濯をしましょう。

酸素系漂白剤は、分解力にすぐれる洗濯用洗剤。液体のものと粉末のものがありますが、より強い効果を期待するなら弱アルカリ性の性質をもつ粉末タイプがおすすめです。
色柄物のタオルで色落ちが心配な場合は、液体タイプの酸素系漂白剤を使い、何度かに分け、浸け置きする時間も短時間で様子を見るようにした方がよいでしょう。

毎日の洗濯にプラスする消臭習慣

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

タオルに臭いをつけないようにする予防習慣として、もう一つおすすめなのが、布用消臭除菌スプレー ファブリーズを使ったケア。
すぐにタオルを洗えない時は、汚れたタオルを乾かすついでにシュシュッとスプレーし、いつもの洗濯の後も、乾かす前にタオル全体にシュシュッとスプレーする新習慣。いずれもタオルの表裏が湿る程度に5、6回程度スプレーするのがポイントです。

ファブリーズは、衣類の消臭ケアとしての機能はもちろん、繊維についた雑菌を撃退する除菌機能についても高い効果があることが実証されています。
第三者機関による実証実験 によると、ウイルスを付着させた布に対し、ファブリーズをスプレーし、菌の状態を観察したところ、99%以上のウイルスの減少が認められています。

洗う前のタオルにスプレーすると、洗うまでに増殖する雑菌の繁殖にストップをかけ、洗った後のタオルにスプレーすることで、濡れた状態のタオルが乾くまでの間、繊維の中で繁殖する雑菌の活動を抑制します。

雑菌の撃退にバツグンの効果を発揮する漂白剤の浸け置き洗いは、繊維への負担が気になる点。できれば、ここぞという時にだけで留めておきたいですよね。普段のケアは、ファブリーズを利用して雑菌をためないように気をつけて臭いを予防しましょう。