ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
部屋の空気を毎日入れ替えて、快適な室内環境を整えよう
出典 : Monkey Business Images/Shutterstock.com

部屋の空気を毎日入れ替えて、快適な室内環境を整えよう

外気温が下がってくると、部屋の窓を開ける機会が減り、空気を入れ替える回数も少なくなります。しかし、空気のこもりやすい冬だからこそ、空気の入れ替えは必要。換気をして心地よい室内環境をつくりましょう。

  • 創文舎 hamo

室内環境を整える換気の効果

室内環境を整える換気の効果

Yaraslau/Shutterstock.com

呼吸という、無意識の生命活動に欠かせない「空気」。普段意識することは少ないものの、空気は私たちが生きていくために必要不可欠なものです。
空気は目には見えないものの、部屋を閉め切り、長い間同じ空間に同じ空気が漂っていると、徐々に汚れや湿度を溜め込み、どんよりと重くなっていきます。それを解決するのが、部屋の空気を入れ替える換気。換気をするとどのような効果があるのでしょうか。

ハウスダスト対策

部屋の中の空気に含まれる細かなチリ。この中には、アレルギー反応を引き起こすアレルゲンが含まれています。
また、換気をしないと湿気が溜まり、どんよりとした空気に。このどんよりした空気を好むのがダニやカビ。ダニやカビが増殖するとハウスダストを増やす原因になります。換気をすることで、湿度を下げ、ハウスダストを含んだ空気を外に追い出すことができます。

シックハウス症候群の予防

新築物件などに多い、建材に含まれるホルムアルデヒドなどの有害物質。建材や家具から放出され、吸い込むとシックハウス症候群特有の症状を発症し、身体の調子を崩すことがあります。換気することで、有害物質を外に出し空気を清浄に保つことができます。

結露を防ぐ

とくに冬場、暖房をつけたり調理などで部屋の中が暖まると、外気温との温度差で窓に結露ができます。換気を定期的にすることで温度差が緩和され湿度の調整にもなるので結露が発生しにくくなります。結露を放っておくとカビの発生につながるので、冬場でもしっかり換気を行いましょう。

臭いを追い出す

部屋を閉め切っていると、調理やゴミ、布の生乾き臭や体臭など、さまざまな臭いが混ざり合い、混沌とした臭いが蓄積されていきます。定期的に換気することで部屋の臭いを排出し空気の臭いをリセットすることができます。

気分のリフレッシュ

よどんだ空気の中にいると、理由はとくになくても気分まで重くなってしまいます。定期的に空気を入れ替え、新鮮な空気を体に取り込むことで気持ちまで明るくリフレッシュされます。

いいことずくめの換気ですが、換気するのに窓を開け、閉めるのを忘れると防犯上無防備な状態になります。できれば施錠できる網戸など対策をしておくと少し安心できますね。換気後に家を空ける時は、窓を閉めて施錠することをお忘れなく。

効率的な空気の入れ替え方と時間とは

効率的な空気の入れ替え方と時間とは

mariait/Shutterstock.com

多くのメリットがある換気。どのくらいの頻度で、どのように行うのがよいのでしょうか。
一般的には2時間に1回程度の換気が目安だといわれています。長い時間換気をすれば、確かに新鮮な空気がたくさん入ってきますが、その分、部屋の温度も影響を受けてしまいます。それを考慮すると、1回あたりの換気時間は5~10分程度が適当といえるでしょう。一度に長い時間換気をするよりは、何度かに分けて短時間の換気を繰り返す方が効率的なようです。

また、空気の入れ替え方ですが、ただ窓を開けているだけでは効率的な換気は望めません。
窓を開けるなら、対角線上に2か所開け、空気の通り道をつくるように意識すると効率よく空気が入れ替わります。2か所窓を開けるのが難しい場合は、1か所窓を開け、離れた場所の換気扇を動かすか、扇風機やサーキュレーターを使って空気の流れをつくるのも良い方法です。

部屋の換気をしたくてもできない現代事情

部屋の換気をしたくてもできない現代事情
部屋の換気をしたくてもできない現代事情
P&G調査 「働くママ400名を対象に行った家事と生活臭に関するアンケート」より

P&G調査 「働くママ400名を対象に行った家事と生活臭に関するアンケート」より

理想の換気頻度は2時間に一回。しかしながら、働くママのリアルな生活では、ままならないというのが実情のようです。

P&Gが行った20代~50代の働くママ400名を対象にした調査 によると、「部屋の臭いが気になる」と回答したのは、全体の94.7%。また、現在行っている部屋の臭いケアについては「換気」が61.7%ともっとも多い回答ながら、換気できているのは、働くママの約3割程度という、意識と現状に矛盾が生じる結果が出ています。

気になる部屋の臭い対策として、換気を行いたいけれど、仕事や家事が忙しくそこまで手が回らない現実。それをクリアするためにはどのような対策があるのでしょうか。

換気ができない時には香りでリフレッシュ

空間用消臭スプレー ファブリーズマイクロミスト

空間用消臭スプレー ファブリーズマイクロミスト

換気の目的と効果にはさまざまなものがありますが、気分を大きく左右する「臭い」を解決するには、換気以外にも方法があります。

その方法とは、お部屋の空気を瞬間消臭する、ファブリーズ マイクロミストです。
従来の部屋用消臭スプレーとは、まったく異なる使い心地、効き目の強さが特徴のマイクロミスト。
今までのガスを使ったエアゾールタイプの噴射方式とは異なる新スプレー方式を採用し、使いはじめから使い終わりまで変わらない噴射量と、軽くハンドルを握るだけで広範囲に均一にスプレーできる画期的な使い心地を実現。消臭成分も従来品の約4倍となり、確かな効果も実感できます。

約12畳のリビングルームなら、10秒間マイクロミストを噴射すれば不快な臭いはリセットされ、ほのかなやさしい香りが部屋を包みます。

効果の秘密は、長年ファブリーズのキーテクノロジーである、トウモロコシ由来の臭いをキャッチして閉じ込める消臭成分「サイクロデキストリン」と、臭い成分を化学的に分解し無臭成分に変える「中和消臭成分」。臭いを元から変質させるので、臭い戻りもなくさわやかな空間をキープします。

働くママにはなかなか難しい換気。朝起きた時や帰宅時など、できる時に短時間で換気を行い、臭いが気になった時にはファブリーズを活用して、快適な室内環境を整えましょう。