ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
オカメインコは甘~い匂い!? 鳥好きに人気のオカメインコの魅力
出典 : AnnJane/Shutterstock.com

オカメインコは甘~い匂い!? 鳥好きに人気のオカメインコの魅力

頬の丸いチークが特徴のオカメインコ。他の鳥にはない可愛いビジュアルで、鳥の中でも人気の品種です。人気なのは、見た目はもちろん、その匂いも。好きな人にはたまらないオカメインコの魅力とは?

  • 創文舎 hamo

ペットに最適!? オカメインコの性格とは?

ペットに最適!? オカメインコの性格とは?

Drozhzhina Elena/Shutterstock.com

「オカメインコ」はその名前から、「おかめのような顔をしたインコ」と思われがちですが、じつは、「おかめのような顔をしたオウム」が正解。オウムの中でも最小クラスで、オーストラリアで発見され、イギリスに持ち帰られたのが、オカメインコがペットとして飼われるようになったルーツとされています。

「オカメ」の由来は、もちろん頬にある、おかめ面のような丸い柄。頭に生えている冠羽と共に、オカメインコの印象的な外見を作っています。
とさかのような冠羽は、リラックスしている時は静かに寝ており、ストレスを感じている時は寝たまま左右に揺れ、興奮している時や怒っている時など、喜怒哀楽がはっきりとしている時は立っていることが多いようです。オカメインコの機嫌を知るわかりやすいバロメーターといえそうですね。

オカメインコは、比較的懐きやすく、飼い主との信頼関係が生まれるとすり寄ってきてスキンシップを求めることもあるそう。もともとは集団生活をしている鳥なので、一匹でいるのが苦手。寂しがり屋な性格なので、できれば2羽以上で飼育するか、1羽だけで飼育する場合も、あまり家を空けないようにするなど配慮が必要です。

基本的には、穏やかで臆病な性格。非常に飼いやすい反面、物音で驚いたり身の危険を感じるとパニックを起こし、物やケージにぶつかってケガをしてしまうことも。オカメインコがパニックを起こした時は、バスタオルなどでケージを覆い、声を掛けるなどして安心させてあげましょう。

他のオウムやインコのようにたくさんの言葉を覚える鳥ではありませんが、少しなら言葉を真似して話すこともできるそう。雄は雌に比べ、活発でおしゃべりなので、言葉を覚えさせたい場合は、雄のオカメインコを飼育するのがおすすめです。

オカメインコの飼育に必要な環境と設備

オカメインコの飼育に必要な環境と設備

Corrie Mick/Shutterstock.com

オカメインコは、寿命が15~25年といわれている比較的長生きする鳥です。大事に育てて長い付き合いをしたいものです。

飼育に必要なのは、鳥用のケージとその中に止まり木、水入れ、エサ入れ、玩具など、ほかのインコを飼うのと変わらない設備があれば問題ありありません。
ただ、オカメインコはほかの小鳥と比べると寒さや暑さに弱い鳥。とくに、1歳になるまでは、夏はクーラー、冬はペットヒーターなどを使い、室温をできるだけ一定に保つよう心掛けてあげてくださいね。

また、前述したように、臆病な性格なため物音に敏感に反応します。あまり静かすぎる環境だと音に過剰に反応するようになりますし、音がうるさい環境だとストレスの原因になります。テレビや外から聞こえる物音など、適度に音が入ってくる環境に慣れておくと、パニックの予防にもなります。

人気沸騰!? オカメインコの匂い

人気沸騰!? オカメインコの匂い

iVangelos/Shutterstock.com

オカメインコの愛らしい姿は見ているだけでも癒されますが、インコ好きの人から人気なのはそれだけではありません。インコの首の後ろや背中の部分から匂う、インコ独特の体臭「インコ臭」が巷では人気なのだそう。

インコの種類、また、個体によって匂いは異なるそうですが、オカメインコの匂いは、ケーキにかけるパウダーのような匂いやピーナッツクリームの匂い、干した布団の匂いなどとよく形容されることから、甘い匂いがすることが多いようです。

この匂いを生かした、香水やアイスクリームなどのインコ臭グッズも販売されており、インコファンはもちろん、そうでない人にも人気を博しています。

ペットにおすすめの無臭タイプの消臭剤

ファブリーズお部屋用置き型(無香タイプ)

ファブリーズお部屋用置き型(無香タイプ)

オカメインコの匂いが「大好き」という人もいますが、そうでない人もいます。また、オカメインコも他のペットと同じように、エサを食べフンをします。体臭は気にならなくても、ペット独特のフンの臭いはちょっと・・・という場合も。

そんなペットを飼っているお部屋におすすめなのが、ファブリーズの部屋用置き型消臭剤の無香タイプです。
ファブリーズ独自の消臭成分「ニオイキャッチャーゼリー」が空中を浮遊する臭い分子をキャッチし、分解・中和することで臭いを元から無臭化。臭いを化学的に変質させるので、臭い戻りがありません。香料が入っているタイプの消臭剤だと、臭いに敏感に反応するペットには不安ですが、無香タイプなら臭いだけを消臭するから安心です。

オカメインコのケージの側に置いておけば、気になるフンの臭いやエサの臭いを消臭するので、来客時や、他の家族がいても安心です。ペットの臭いは、常に側にいる飼い主にとっては不快なものではありませんが、慣れない人には敬遠されることが多いもの。最低限のマナーとして臭いのケアはしておきたいですね。

ケージの近くにファブリーズを置いておけば、ペットの臭いはもちろん、家の中の生活臭も一緒に消臭できて一石二鳥。オカメインコの癒しの匂いを楽しみたい時は、そっとインコを外に連れ出してやさしく背中に鼻を近づけましょう。