ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
蛇口は意外と汚れている! 蛇口の掃除方法
出典 : Tero Vesalainen/Shutterstock.com

蛇口は意外と汚れている! 蛇口の掃除方法

見落としがちですが、いつも水気がある蛇口は汚れが溜まりやすく、カビが生えやすい場所のひとつです。見た目の清潔さと、健康のために、蛇口をキレイに掃除しましょう!

  • terasaki

蛇口についている汚れの正体はなに?

蛇口についている汚れの正体はなに?

BLUR LIFE 1975/Shutterstock.com

いつも使っている蛇口を改めてじっくりみると、白っぽい汚れや、ピンク色の汚れがこびりついていたということがあります。蛇口についている汚れは数種類あり、白っぽい汚れは「水垢」、ピンクの汚れは「ロドトルラ」という酵母菌、黒い汚れは「カビ」などです。色はなくても手垢、そのほか手についていたさまざまな汚れが蛇口には付着しています。

黒カビが体に良くないことは周知の事実ですが、水垢やロドトルラなど直接人体に影響はないとされているものでも、蛇口に付着したまま、そこから出る水を飲んだり、料理に使ったりするのは気がついてしまった以上は、気持ちのいいものではありません。蛇口掃除をしてすぐにでも解消しましょう。

蛇口掃除、あると便利なグッズは?

蛇口掃除、あると便利なグッズは?

Luis Echeverri Urrea/Shutterstock.com

蛇口掃除をこまめにしていれば、布巾で拭くだけで大体の汚れは落ちますが、しばらく掃除をしていなくて着色汚れがすでについてしまった場合は、洗剤やスポンジなどが必要になってきます。キッチンや洗面所など、そのまま口に含む水が出る水道ですので、なるべく強い洗剤は避けたいところです。

そんな時はクエン酸と重曹を使った掃除がおすすめです。クエン酸は水垢を、重曹はカビや手垢を効果的に落としてくれます。

他には歯ブラシ、細かいところを掃除する竹串、マイクロファイバーのクロス、ラップなど用意しておくと便利です。

蛇口掃除の方法、どうしたらいいの?

蛇口掃除の方法、どうしたらいいの?

Krasula/Shutterstock.com

毎日のお手入れとしては、使用後水分をキレイに拭き取るだけです。これさえできていたら、汚れがこびりつくことはありません。しかし、現実には毎回水道を拭く余裕はなかなかありません。すでに汚れがこびりついてしまっていたら、重曹とクエン酸を使って掃除をしましょう。

重曹カップ半分に小さじ1杯のクエン酸を入れて、ぬるま湯を少しずつ注ぎ、混ぜます。ペースト状になったら、蛇口の汚れている場所を、重曹ペーストをつけて歯ブラシなどで磨いて行きます。細かい汚れは竹串などを利用するとカンタンに取れます。頑固な汚れにはペーストを貼り付けて、ラップで覆い、しばらく時間をおくと汚れが浮いて取れやすくなります。

最後はぬるま湯で十分に流し、マイクロファイバークロスなどで拭きあげればピカピカの蛇口になります。

忘れないで! 吐水口

忘れないで! 吐水口

LipskiyShutterstock.com

ここまで掃除しても、忘れがちなのが吐水口です。引き伸ばせるタイプの蛇口ならば、気がつきやすいですが、固定式の蛇口を覗き込んでみると、吐水口に黒い汚れがびっしり溜まっていた、なんてこともあります。水垢と黒カビが固まった汚れなので、ここでも重曹とクエン酸を使用します。

フィルターがついているものは、外してよく洗っておきます。歯ブラシに重曹をつけて吐水口を磨き、クエン酸を水で溶いたものをお皿に入れて、吐水口をしばらく浸したのち、もう1度歯ブラシでこすって、よく真水ですすげば掃除終了です。シャワーヘッドなども同じ要領で洗えます。

人にも蛇口本体にもやさしい重曹とクエン酸を使った掃除法ですが、キッチンなどで浄水器一体型になった蛇口を使用している時は、洗剤類は一切使用せずに、磨く、拭くだけで対応しましょう。

せっかく水道から出る水はキレイなのに、蛇口が汚れていては台無しです。蛇口を掃除するのは見た目以上に、カラダのためにも必要なことだといえます。