ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
賃貸住宅の退去時に掃除は必要? 敷金の返還・原状回復との関係性は?
出典 : beeboys/Shutterstock.com

賃貸住宅の退去時に掃除は必要? 敷金の返還・原状回復との関係性は?

賃貸住宅から退去する際に、どこまで掃除をすべきなのか、そもそも掃除が必要なのか迷ってしまいますよね。ピカピカにしておけば敷金も多く戻って来るかも・・・。はてさて、実際のところはどうなのでしょうか?

  • terasaki

退去時に掃除は必要?

退去時に掃除は必要?

metamorworks /Shutterstock.com

結論からいうと、自分が住んでいた家を退去することになった時、必ず掃除をしなければならないというわけではありません。

どういうことかというと、掃除をしようがしまいが退去後にはハウスクリーニング業者が入って徹底的に掃除をすることになるからです。どんなにきれいに掃除をしたところで、業者が入ることには変わりはないので、掃除をするのが面倒という人はする必要はありません。

ただし、掃除をすればカンタンにきれいになるような汚れまで放置しておくと、掃除の手間が余計にかかってしまいます。クリーニング業者によっては追加の料金を大家さんに請求するところもあり、その費用を修繕費やクリーニング費として、大家さんから請求される場合もあります。また、敷金でクリーニング費用をまかなえない場合は、追加費用が発生することも。

クリーニング業者が掃除をしても、退去する際は礼儀として最低限の掃除くらいはしておきたいもの。家具をすべてよけると、部屋の隅にたくさんのホコリがたまっているのに気がつくはず。これまで住まわせてくれた感謝の気持ちを込めて、きれいに取り除くと気持ちも晴れやかになります。

掃除によって敷金が多く戻る場合も

掃除によって敷金が多く戻る場合も

Yuttapol Phetkong/Shutterstock.com

必ずそうであるとは言い切れませんが、退去時に掃除をすることで敷金が多く戻ってくるケースというのも実際にあるようです。

きれいにしておくことでクリーニングの手間を軽減することができ、何より大家さんの心証も良くなるはず。思っていた額より多く敷金が戻ってきたらうれしいですよね。

もちろん、丹念に掃除をしたからといって、必ず敷金が多く戻るとは限りません。大家さんや管理会社に質問しても返答してくれるケースはほとんどないので、「敷金を多く返還してくれたらラッキー」程度に考えておいたほうがいいでしょう。

原状回復ってどういうこと?

原状回復ってどういうこと?

Robert Kneschke/Shutterstock.com

入居者が退去する時には、借りていた住居内の原状回復が求められます。原状回復については「入居した時の状態まで回復させる」と考えている人も多いようですが、実際のところは少し違います。

正しい原状回復の定義とは「入居時の状態から、経年劣化や通常摩耗の分を除いて現状まで回復すること」です。経年劣化とは、時間が経つことで自然に劣化していくこと。通常摩耗とは、文字通り通常の使用によって生じる摩耗のことをいいます。国土交通省が「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を提示しているので、退去時の参考にしてみるといいでしょう。

ただし、契約時に「特約」という形で例外を設け、クリーニング費用や修繕費用の負担を入居者に求める場合もあるため、面倒でも最初に契約内容についてよく確認しておくのが得策です。

原状回復が難しいケースとは?

原状回復が難しいケースとは?

metamorworks/Shutterstock.com

借りていた部屋を普通に使っていて劣化したり摩耗した分については、原状回復には関係がありません。ただし、入居者の過失によってできてしまった汚れや傷については、原状回復の義務があり、費用を請求されるケースもあります。

たとえば、壁に故意にスプレーで落書きをしたり、不適切な使用が原因で設備を壊してしまった場合などは、壁紙の張り替えや設備の交換費用を請求される可能性が高いといえるでしょう。

原状回復が難しくなればなるほど、退去費用が高額になってしまうので注意が必要です。面倒だからと掃除を怠っていては、カビによって黒ずんだり、湿気によって建材が腐ってしまうことがあります。そうならないよう、普段からしっかり掃除をしておくことが大切です。

退去時の掃除が確実に敷金返還につながるとはいえませんが、気持ちよく引っ越しするためには、最後は掃除をして明け渡したほうがいいでしょう。「立つ鳥跡を濁さず」です。