ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
じつは、汚れている! 壁のヤニ汚れをきれいに掃除する方法とは?
出典 : Chanita Chokchaikul/Shutterstock.com

じつは、汚れている! 壁のヤニ汚れをきれいに掃除する方法とは?

タバコを吸うことでいつの間にか汚れてしまう壁。その正体はヤニ汚れです。そこで、ヤニで汚れた壁をきれいに掃除する方法やコツについて紹介します。

  • 創文舎 hiderio888

壁の黄ばみの原因はヤニ?

壁の黄ばみの原因はヤニ?

fongbeerredhot /Shutterstock.com

部屋でタバコを吸っていると、部屋全体が黄ばんできます。タバコの煙は白いのに、どうして黄色くなるのか知っていますか?

それは、タバコに含まれているタールが原因です。タールとは植物樹脂のことで、日本語で別名ヤニと呼ばれ、タバコに含まれる有害物質の総称でもあります。このヤニが部屋の壁を黄色く変色させているのです。

ヤニはタバコを吸う時に熱でいぶされることで発生し、人間の体内、歯、室内の壁などに付着します。ヤニが手ごわいのは樹脂という名前からもわかるように、粘着性があるということです。タバコを吸うたびに少しずつ壁に付着し、その粘着性から取り除きにくいという性質を持っています。

しかも、ヤニがついた部屋へ一歩足を踏み入れると、タバコの臭いが染みついているのがよくわかり、臭いが強いのも特徴です。

壁のヤニ汚れを落とす方法

壁のヤニ汚れを落とす方法

takayuki/Shutterstock.com

壁についたばかりのヤニ汚れはある程度カンタンに落とすことができますが、長年タバコを吸っていて部屋の壁などに蓄積したヤニ汚れは、少しコツが必要になってきます。

アルカリ性洗剤を使う

タバコのヤニ汚れは油性の汚れになるため、アルカリ性の洗剤を使うと効果的です。油性の汚れを中和する働きがあり、ヤニが落ちやすくなります。

手順は、1ℓのお湯を用意し、そこにアルカリ性洗剤を50ccほど入れて溶かします。そのお湯に浸してしぼった雑巾で壁を拭くと頑固なヤニ汚れを落とすことができます。

汚れがひどすぎて、ヤニが取れない場合は、アルカリ性洗剤の量を増やすか、アルカリ性洗剤を直接雑巾につけて壁を拭いてみてください。

最後に水拭きと乾拭きをすれば完了です。

重曹やセスキ炭酸ソーダを使う

同じアルカリ性の性質を持つ重曹やセスキ炭酸ソーダを使って掃除をするのもおすすめです。
どちらもエコな洗剤として知られているので、合成洗剤を使うことに抵抗がある人はこちらを使ってみてください。

重曹は45℃のお湯400ccに重曹200gと、普通の掃除の時より重曹を多めに入れて重曹水を作り、同じようにそこに浸してしぼった雑巾で拭いていきます。最後に水拭きと乾拭きをして完了です。

セスキ炭酸ソーダの場合は、水200ccに小さじ1/2のセスキ炭酸ソーダを溶かしたものをスプレーボトルに入れ、壁に吹き付けながら拭いていきましょう。こちらは、二度拭きは必要ありません。重曹よりアルカリ性が強いのでヤニ汚れが目立つところに使うといいでしょう。

ヤニ専用洗剤を使う

それでも落ちない頑固なヤニ汚れには、市販されているヤニ落とし専用の洗剤を使ってみましょう。

アルカリ性洗剤や、重曹などと比較しても洗浄力が強く、効果的に汚れを落とすことができます。ただし、なかには高価なものもあり、壁全体を掃除するとなると数本用意しておかなければならないので、ある程度の費用がかかることは覚悟しておきましょう。

ヤニ汚れ掃除のコツ

ヤニ汚れ掃除のコツ

9nong/Shutterstock.com

雑巾はこまめにしぼる

洗剤などを使ってヤニ汚れを拭いていると、雑巾にヤニがたっぷり付着します。そのままの状態で掃除を続けると、汚れを広げてしまうことになるので、こまめに雑巾をしぼりながら掃除するようにしましょう。

洗剤は事前に試す

ここで紹介した洗剤は、ヤニ汚れを落とすのに効果がありますが、壁紙を痛めてしまったり、壁の塗装を落としてしまう可能性があります。

最初に目立たない場所で試し拭きをし、影響がないか確かめてから掃除しましょう。

上下に拭く

雑巾は左右に動かすよりも上下に動かしたほうが力を入れやすいのを知っていますか? 頑固な汚れを落としたい場合は、上下に拭きとるよう心掛けましょう。

ただし、力を入れすぎると壁紙を痛めることがあるので、力加減を調節しながら拭くのがコツです。

ゴム手袋を使う

アルカリ性の洗剤が肌に付着すると、肌荒れを起こしてしまうことがあります。必ずゴム手袋を装着して掃除をするようにしましょう。

アルカリ性が強ければ強いほど、汚れはよく落ちますが、その分肌も痛めやすくなるということを覚えておいてください。

ヤニ汚れ防止の対策

ヤニ汚れ防止の対策

JPC-PROD/Shutterstock.com

ヤニ汚れがつきにくくなるよう普段から対策を講じておくと、掃除の手間を軽減することができます。具体的にどうすればいいのか見ていきましょう。

部屋でタバコを吸わない

一番効果的な対策は、部屋でタバコを吸わないようにすることです。タバコの煙が発生しなければ、ヤニも発生しないからです。

外で吸ったり、換気扇の下で吸えば、部屋の壁を汚すこともありません。

こまめに掃除する

ヤニ汚れは付着してから時間が短ければ短いほど取り除きやすいので、こまめな掃除が有効です。また、年に数回、しっかりヤニ取り掃除をすれば、頑固なこびりつきを防ぐことができるので、ぜひ実行してみてください。

ヤニ汚れを放置すると、どんどん頑固で厄介な汚れとなっていきます。そうなると、掃除に時間がかかるうえ、汚れもそれほどきれいになりません。黄ばみや臭いがつかないよう、普段から意識してタバコを吸うようにしましょう。