ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
冬こそダニ対策を! カーペットの効果的な掃除方法とは?
出典 : perfectlab/Shutterstock.com

冬こそダニ対策を! カーペットの効果的な掃除方法とは?

大掃除でも手をつけにくい、カーペットの掃除。面倒だからと、掃除機だけで終わらせてはいませんか? じつは、冬はカーペットのダニ退治には絶好のチャンスなのです。コツを知って、アレルギーの心配のないキレイなカーペットを手に入れましょう!

  • 渡辺

冬のカーペット掃除は、ダニ退治のチャンス!

冬のカーペット掃除は、ダニ退治のチャンス!

forden/Shutterstock.com

足元をやさしく温めてくれるカーペットは、冬には欠かせないアイテムですよね。しかし、カーペットのフカフカな毛足の奥には、想像以上にホコリやゴミが溜まっているって、知っていますか?

もともと、カーペットには“ダストポケット効果”といって、細かなホコリやゴミをキャッチして溜め込む性質があります。これには、ハウスダストが空中に舞い上がるのを防ぐというメリットがある反面、掃除を怠ると、どんどんハウスダストが蓄積されてしまうというデメリットもあるのです。

そして、その溜まったハウスダストをエサにして、ダニが繁殖します。ダニは、気管支ぜん息やアレルギー性鼻炎などの原因ともなるアレルゲンのひとつ。春から秋が繁殖のピークですが、気温が低く空気が乾燥する冬には、その勢いが弱まります。

つまり、カーペットに潜むダニを退治するには、冬がもっとも適しているのです。繁殖力が弱まっているうちに、適切な方法でしっかりと掃除・対策ができれば、暖かくなってからのダニの発生も大幅に抑制することができます。家族の健康のためにも、カーペットを掃除して、ダニ退治に取り組みましょう!


カーペットのダニに効果的な、掃除方法

カーペットのダニに効果的な、掃除方法

Antonshutterstock/Shutterstock.com

カーペットのダニを退治するには、ダニの数を減らし、繁殖を抑え、アレルギーの元となる虫体とフンを除去することがポイントとなります。サイズの大きなカーペットは掃除にも手間がかかりますが、効果的な掃除方法を知っておけば、かかる時間をグッと短縮することができますよ。

スチームアイロン

ダニは高温に弱く、60℃以上で死滅します。そこでおすすめなのが、スチームアイロン。温度を「高」にすれば、噴射されるスチームの温度は100℃にもなります。ただし、カーペットが焦げたり変質しないよう、数センチ浮かせた状態で使いましょう。じっくり熱を浸透させるように、少しずつ動かすのがポイントです。

殺虫剤

ダニ退治に特化した、市販の殺虫剤を使うのも効果的です。小さな子どもやペットがいる場合などは、くん煙タイプのものだと事前の準備に手間がかかるため、スプレータイプのものがおすすめ。ダニ退治用のスプレーは、部屋全体ではなくカーペットだけにシュシュッと手軽に使うことができ、速乾性があるため肌に触れても安心です。

丸洗い

洗えるタイプのカーペットは、丸洗いをしましょう。虫体とフンを洗い流すことができるので、ダニ退治にはとても効果的です。

最後に、アレルゲンの除去を忘れずに!

ambrozinio/Shutterstock.com

高温のスチームや殺虫剤でダニを死滅させても、アレルゲンである虫体やフンはカーペットの中に残っています。最後にしっかりと掃除機をかけて、除去するのを忘れないようにしましょう。

<掃除機のかけ方のコツ>
●カーペットの毛の流れに逆らうように、引きながらかける。
●上から下、下から上、左から右、右から左と、全方向に引きながらかける。
●1平米あたり20~30秒ほどかけて、ゆっくり吸い取る。
●ブラシなどでカーペットの毛並みを逆立ててからかけると、より効果的。

カーペットのダニを増やさないためのポイント

カーペットのダニを増やさないためのポイント

Business plus/Shutterstock.com

カーペットをキレイに掃除したら、今後、ダニを増やさないための対策もしっかりと行いましょう。ちょっとした心がけで、ダニの繁殖を大幅に抑制することができます。

部屋の「湿度」対策をしよう

孵化直後のダニの幼虫は湿度が50%程度で死滅するといわれるほど、ダニは乾燥が弱点。晴れた日はこまめに窓を開けて換気をし、夜も結露しないよう、換気装置などをうまく活用しましょう。

ちょっと手間のかかるカーペットの掃除ですが、「冬」に「コツ」を押さえて行えば、ダニ退治には効果バツグン。今年の大掃除では、ぜひチャレンジしてみましょう。