ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
大掃除をスケジュール通りにサクッと終わらせる方法
出典 : sebra/Shutterstock.com

大掃除をスケジュール通りにサクッと終わらせる方法

ただでさえ忙しい年末、大掃除に数日間も費やすのは難しいものです。前もってスケジュールを立てて、効率よく、短時間で大掃除を終わらせましょう!

  • terasaki

大掃除のスケジュールを立てよう

    大掃除のスケジュールを立てよう

Rasdi Abdul Rahman/Shutterstock.com

「大掃除を始めたのはいいけれど、あちらもこちらも手をつけてしまった」「一カ所の汚れのみに気をとられて掃除が進まなかった」など、中途半端に終わってしまった経験はありませんか? 限られた日数で、思いつきで大掃除をしようと思っても無理があります。

事前に「ここだけは絶対に年内に掃除をしてしまおう!」という場所をあらかじめピックアップしておくといいですね。その際、家の中を改めて見て回り、優先順位を決めておきましょう。掃除する場所が決まったら、掃除に割ける時間を割り出し、当てはめていきます。決めるポイントは上から下、奥から手前と無駄のない動きになるようにします。

紙に計画を書くと全体に注意が行き渡り、一つの場所にとらわれ過ぎず、予定通りに掃除を終えやすくなります。

始める前に、道具を揃えよう

始める前に、道具を揃えよう

Comaniciu Dan/Shutterstock.com

いざ、掃除を始めても、必要なものが手元になければやる気も時間もなくなってしまいます。事前に計画表と家にある掃除道具を見比べ、必要なものを先に全部揃えておきます。
掃除をする日には、掃除道具、洗剤はひとまとめにカゴなどに入れて、すぐに使えるようにしておくと、探しに行く、取りに行くなどの余計な手間が減ります。道具にはそのまま捨てられる古布を多目に用意して、雑巾を洗う手間も省いてしまいましょう。

まずは不用品の整理をしよう

まずは不用品の整理をしよう

Velimir Isaevich/Shutterstock.com

大掃除はいい機会なので、不用品の整理も行いましょう。使っていないものを先に処分すると収納場所を確保しやすく、スッキリと片付けやすくなります。キッチンだけでも期限が切れたもの、この後も使いそうにないものなどたくさんあるはずです。不要なものまで一旦出して、掃除をしてから再び収納し直して、など時間の無駄になりますので、掃除を始める前に処分しておくと効率的です。

せっかく出した不用品はすぐに処分したいので、不用品処分はゴミ出し日が近い日に前もってしておけるといいですね。

放置系洗剤を活用しよう

放置系洗剤を活用しよう

Velimir Isaevich/Shutterstock.com

全部の部屋を一つずつ丁寧に掃除していては、数日間かかってしまいます。短時間で掃除してしまうためには放置しているだけでキレイにしてくれる洗剤の力を借りて、掃除を同時進行させるのがコツです。キッチンやお風呂場、洗面所、トイレの洗剤にはこする必要もなく、洗剤をかけてしばらく放置しておけばいいものがそれぞれ市販されています。そういった専用の洗剤を使用するのも方法です。

重曹などナチュラル系洗剤を使用した場合もつけおく、ラップで密閉するなどちょっとした工夫で放置していても、汚れを浮かすことができます。

ただし、塩素系の洗剤は他の洗剤と同時に使うと危険な場合もあります。ナチュラル系の洗剤を活用するか、洗剤の組み合わせに注意するなどが必要です。

一気に仕上げよう

一気に仕上げよう

Viacheslav Nikolaenko/Shutterstock.com

洗剤をかけて放置している間は、奥の部屋からどんどん掃除を進めます。最初に大まかなほこりを落として、掃除機をかけ、窓拭きへと進みます。終わる頃には浴室とトイレ、洗面所の汚れが浮き上がっているので、午前中にそこまで仕上げてしまいます。

午後は換気扇、コンロ周りのキッチン掃除です。すでに汚れが浮いているはずなので、思ったほど大きな労力はいりません。2時間を目安にキッチンを終えられると1日で大掃除が叶います。最後に玄関周りと全体の仕上げで大掃除終了です。

大掃除を予定している日は食事を前もって用意しておいたり、買って済ますなどして、日常の家事に時間を取られない工夫があると掃除の能率が上がります。

「やらなければ」と考えているうちは、面倒臭さが先立つ大掃除ですが、スケジュール通りに掃除が進むのは楽しいものです。効率的な大掃除をして、気持ちよく新しい年を迎えましょう!