ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
そのフローリングの変色、解決できます!フローリングの悩みを解決するお掃除術
出典 : REDPIXEL.PL/Shutterstock.com

そのフローリングの変色、解決できます!フローリングの悩みを解決するお掃除術

長年使っていると、黒ずみや変色など、劣化が気になるフローリングの床。面積の広い床は部屋全体のイメージを大きく左右するため、それらを解決するだけで、明るくおしゃれな雰囲気を取り戻すことができます。

  • ShuShu

フローリングが変色するのはなぜ?

フローリングが変色するのはなぜ?

Background Land/ Shutterstock.com

夏場は裸足で歩くと気持ちのいいフローリング。そのため、足の裏の皮脂や汗がついても仕方ありません。それらが、フローリングが黒ずむ主な原因といわれていますが、それだけでなく、たとえばフローリングに直接布団を敷いて寝たり、結露を放っておいた時は、湿気や水分によってカビが生えて変色する場合があり、ひどくなると表面が剥がれたり、腐ることもあります。

とくに、汚れやすいのは水はねや油はねが気になるキッチンです。キッチンマットを敷いていないと、もっとも変色が起きやすい箇所といってもいいでしょう。無垢のフローリングはもちろん、合板のフローリングも素材は木。いずれも、水に弱く、汚れがつきやすいのが欠点です。

ワックスをかけて、汚れを防止するのも一つの手ですが、じつは、ワックスが原因で変色することもあります。新たにワックスをかける際、古いワックスを剥がす手間を怠ると、古いワックスが劣化し、まだら模様になることもめずらしくありません。

そうなってしまうと、元に戻すのも一苦労。大がかりなメンテナンスが必要になる前に、こまめなケアでフローリングの変色を防ぐのが得策です。

変色を解決するお掃除術

生活している以上、フローリングが汚れるのは当たり前。問題なのは、それを放っておくことです。黒ずみ、変色は悪化する前に取り除くことで、フローリングの劣化を防ぐことができます。

変色を解決するお掃除術

cunaplus/ Shutterstock.com

中性洗剤で拭く

フローリングワイパーなどで落ちない時は雑巾がけが一番。なお、重曹やセスキ炭酸ソーダなど、エコな洗剤を使いたいところですが、フローリングを傷める原因にもなり兼ねないので避けた方が賢明です。

手順

1.2リットルの水かぬるま湯に小さじ1杯の中性洗剤を入れる。
2.フローリングは水に弱い素材のため、雑巾は固くしぼる。
3.黒ずんだり、変色したところを中心に拭く。
4.仕上げは、洗剤が残らないように水拭きする。

スチームクリーナーを使う

蒸気で汚れを落とすスチームクリーナーは、洗剤を使わずにフローリングの黒ずみをきれいにすることができるうえ、除菌もできるすぐれものです。ただ、使い方を間違えると、ワックスが剥がれたり、フローリングが傷んだりすることもあるので、必要以上に長くかけたり、頻繁にかけたりしないよう注意すること。

注意点

1.床へのダメージが少ないモップタイプを使う。
2.一ヵ所にスチームアイロンを当て続けると劣化の原因となるため、素早く移動させながら使う。
3.必要以上に水分を吸収してしまう恐れがあるので、雨の日や湿度が高い日には使わない。
4.使用後は十分に乾燥させ、ワックスなどが剥がれたら、塗り直すなどきちんとメンテナンスをする。

Pshenina_m/ Shutterstock.com

ワックスを塗り直す

ホームセンターやスーパーなどで手に入るワックスは半年に1度、業者に依頼する本格的なワックスは5年に1度は塗り直したいもの。自分で行う場合は、ワックス剥離剤を使って古いワックスを剥がしてから新しいワックスを塗りましょう。ワックスを含んだシートタイプ、液体タイプ、スプレータイプと、ワックスにもいろいろあるので、どのタイプが自分の家のフローリングに合っているか、調べてから購入すること。

無垢のフローリングの場合

中性洗剤も、スチームクリーナーも無垢のフローリングに使えますが、黒ずみや水ジミは酢でカンタンに落とすことができます。ただし、汚れやシミと一緒にオイルも取れてしまうため、拭き終わったら、普段使っているオイルを塗るのを忘れないようにしましょう。

手順

1.同じ分量の酢と水を混ぜあわせ、それを雑巾にしみ込ませる。
2.汚れが気にならなくなるまで拭く。
3.オイルを塗って完了。

インテリアが映えるフローリングは、家づくりに欠かせない建材の一つです。でも、変色してしまってはおしゃれな雰囲気が台無し。変色を防ぐとともに、万が一、変色してしまった場合は、速やかに対処するようにしましょう。