ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
知って納得! 節分の豆まきには、こんな意味がありました。
出典 : hanapon1002/Shutterstock.com

知って納得! 節分の豆まきには、こんな意味がありました。

冬の風物詩のひとつ、節分。なぜ豆をまくのか、なぜ鬼が逃げていくのか・・・気になったことはありませんか? そこで今回は、節分に豆をまく理由について調査しました。そのほか、豆まきの注意点や、煎り豆を使ったレシピもあわせて披露。

  • kawase

節分に「煎り豆」をまく理由

節分に「煎り豆」をまく理由

kai keisuke/Shutterstock.com

「豆まき」の由来

毎年2月3日の節分に行われる「豆まき」。その源流は、奈良時代に中国から伝わった厄払いの宮中行事・追儺(ついな)にあります。追儺の内容は「神に扮した役人が、見えない邪気を追い払う」というもので、豆との関連性はありませんでした。その後、平安時代に差しかかると、追儺は「鬼に扮した役人を、桃の弓と葦の矢で追い立てる」という、現代の節分を彷彿とさせる行事に変わります。
さらに時代が進むにつれ、徐々に追儺の儀式は廃れていき、代わりに「豆をまく」という風習が登場しました。具体的にいつから始まったのかはハッキリと分かっていませんが、南北朝時代にはすでに「鬼は外、福は内」という口上が存在し、現在に近い形の豆まきが行われていたという記録が残っています。

鬼を追い払うのに「豆」が用いられる理由は、「穀物には、災いを払う霊力が宿る」と信じられていたため。農耕民族として長い歴史を紡いできた古代日本の人々は、大地からの恵みである米・麦・豆といった穀類に神秘性を見出していたのです。

数ある穀類の中で「豆」が選ばれたのは、米や麦に比べて比較的手頃な存在であったためではないかと考えられています。そのほか、「まめという響きが、魔=まを滅=めっすることにつながるから」「京都・鞍馬に鬼が現れた際、毘沙門天のお告げに従って大豆を鬼の目に向かって投げたところ、鬼を撃退できたという伝説から」など、さまざまな説が存在します。

なぜ、煎った豆をまくのか

節分の豆まきには、魔除けの意味が込められていることが分かりました。では、なぜ生の豆ではなく、煎り豆をまくのでしょうか。その理由については、以下のような説が有力です。

●煎ることで豆が硬くなり、鬼を退治する力が増すから
●「煎る」が、「鬼を射る」ことにつながるから
●まいた豆には、祓った厄がまとわりついているため、芽が出てしまうと縁起が悪いから

つまり、生ではなく煎った豆をまくのは、「厄落としの力をより強めるため」だといえますね。

節分にまく豆の種類は、地域によって違う

節分にまく豆の種類は、地域によって違う

Guzel Studio/Shutterstock.com

北海道・東北では「落花生」がメイン

節分にまく福豆といえば、大豆が主流です。しかし、北海道および東北の各県では、殻つきの落花生をまく家庭が多い模様。「ニフティニュース」が2015年に行った節分に関するアンケートでは、「北海道・東北では7割の人が落花生をまいている」という結果が出ています。
そのほか、北陸・甲信越地方でも落花生をまく文化が見られるとのこと。大豆ではなく落花生をまくメリットとしては、「殻ごとまくので中身が汚れず、食べ物をムダにしなくて済む」「粒が大きいので、後始末がしやすい」といったものが挙げられます。

また、神社やお寺の節分では、豆まきのほかに餅まき・お菓子まきなどが行われることも少なくありません。「まかれた餅などを受け取れば福にあやかれる」という考えから、どの寺社も毎年多くの参加者でにぎわっている様子です。

知っておきたい、豆まきの注意点

知っておきたい、豆まきの注意点

VGstockstudio/Shutterstock.com

豆まきは、子どもからお年寄りまで気軽に楽しむことができる伝統行事です。日本のよき文化を後世に残すためにも、ぜひ行いたいところですが、実施する場合は次のような点に注意しましょう。

乳幼児のいる家庭では、豆の誤飲に注意

小さな子どものいる家庭で注意したいのが、豆を喉に詰まらせることによる事故です。
硬い煎り豆は、子どもの咀嚼力ではうまくかみ砕けないことがあります。豆の破片が誤って気管に入り込むと、肺炎を引き起こす可能性も。また、丸く滑りやすい形状から、ふとした拍子に丸のまま喉に詰まりやすい点もネックです。過去には、豆が気管に詰まった幼児が呼吸困難から死に至ったケースもあり、けっして油断できません。

事故の原因としてもっとも多いのはピーナッツですが、大豆でも同様の事例は発生しています。さらに、豆まきが行われる節分の時期には、発生率がぐっと高まるとのこと。
命に関わる重大な事故を防ぐには、豆を「与えない」ことがもっとも確実です。乳幼児のいる家庭で豆まきを行う場合は、小分けパックにされた福豆を利用し、パックごとまくとよいでしょう。

集合住宅では、周辺への配慮も必要

集合住宅で豆まきをする際は、家の中だけで行うのがおすすめです。外にまく場合は、ベランダなどの占有スペースのみに留めましょう。鳥が寄って来ないよう、掃除を確実に行うことも忘れずに。
また、室内で走り回る、大声を発するなどをすると、近隣への迷惑になることも。過剰な騒音を出さないよう注意しつつ、夜8時程度までの早い時間に終わらせるとよいでしょう。

余った節分豆の活用法

余った節分豆の活用法

gkrphoto/Shutterstock.com

余った煎り豆を、そのまま全部食べ切るのは少したいへんです。そこで、おすすめなのが、豆を「水戻し」して料理に使う方法。深めの容器に豆を入れ、浸る程度の水を注いでひと晩待つだけで、市販の水煮大豆のようなふっくらとした状態に変化するのです。

福を呼ぶ!? 節分豆のトマト煮込みの作り方

●材料・・・残った煎り大豆(あるだけ)、玉ねぎ(小)1個、合いびき肉100g、ウインナー3本、にんにく(チューブ)2cm分、トマト缶1缶、洋風スープのもと小さじ2、砂糖小さじ1、しょうゆ・ケチャップ・中濃ソースそれぞれ大さじ1、オリーブオイル大さじ1


●作り方
1 煎り豆は、ひと晩水に浸けておく。ふっくらとした状態になったら、ザルに上げて水を切る。
2 玉ねぎはみじん切り、ウインナーは1cm幅の輪切りにする。
3 鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎとにんにくを炒める。玉ねぎがしんなりしたら、ひき肉とウインナーを加え、肉の色が変わるまで炒める。
4 トマト缶、砂糖、洋風スープのもとを加え、ひと煮立ちさせる。
5 1の豆を加え、適宜混ぜながら汁気が全体の半分程度になるまで煮詰める。
6 しょうゆ、ケチャップ、中濃ソースを加える。塩・こしょう(分量外)で味を調えて完成。

辛みのない、食べやすい味付けのトマト煮込みです。ふっくらとやわらかく煮込まれた豆なら、小さな子どもでも咀嚼しやすいため、安心して食べさせることができますね。
豆の量が少なければ、市販の水煮大豆やミックスビーンズを足してください。好みに応じて、ホールコーンやバジルなどを加えてアレンジしてもおいしく仕上がります。

豆まきは歴史の長い伝統行事ですが、難しい決まり事や厳格なルールのないおおらかな文化でもあります。安全性や住宅事情に配慮しつつ、家族みんなで豆まきを楽しみましょう。