ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
そもそもの起こりは古代ローマの儀式から? バレンタインデー、その由来に迫る
出典 : Nyura/Shutterstock.com

そもそもの起こりは古代ローマの儀式から? バレンタインデー、その由来に迫る

日本では、愛する人にチョコレートを贈る日として知られるバレンタインデー。しかし、その由来には、意外な歴史が隠されているのです。今回は、「バレンタイン」の名の由来や、大元となった古代の儀式について調査しました。

  • kawase

「バレンタイン」の名は、キリスト教の伝説に由来する

「バレンタイン」の名は、キリスト教の伝説に由来する

mady70/Shutterstock.com

「バレンタインデー」という名称の由来となったのは、3世紀頃のローマで宣教を行っていたというキリスト教の司祭・ウァレンティヌス(Valentinus)の伝説です。キリスト教徒の少ない日本でも、バレンタインの由来として広く知られているため、見聞きしたことのある人も多いでしょう。具体的な伝説の内容は、以下のとおりです。

当時のローマでは、皇帝であるクラウディウス2世により、兵士の婚姻が禁止されていたといいます。その理由は、「若い兵士が結婚して家族を持つことにより、戦いに対する士気が低下し、国力が弱まることを恐れた」ためであるとのこと。
しかし、ウァレンティヌス司祭はこの考えに反発し、秘密裏に多くの若者たちの結婚式を執り行いました。その結果、皇帝の怒りに触れ、ついには処刑されることとなります。

ウァレンティヌス司祭が処刑された日=殉教した日とされるのが、西暦270年の2月14日。司祭の死を悼む行事が後に恋や愛にまつわるものへと変わり、現在のバレンタインデーにつながったといわれています。

バレンタインデーの起源は、古代ローマの祭だった?

Alexander A.Trofimov/Shutterstock.com

バレンタインの由来についてさらに調査を重ねると、古代ローマで毎年2月15日に行われていたという行事「ルペルカリア祭」に行き着きます。
ルペルカリアという名前の由来となったのは、「ルペルカルの洞窟」。ローマ七丘のひとつであるパラティーヌの丘に位置し、ローマ建国の神々・ロムルスとレムスが母代わりの牝狼とともに暮らしたという伝説の場所です。

古代ローマの若者たちは、2月15日にルペルカルの洞窟に集い、豊穣や多産を祈りました。その際、「若い男性がパートナーとなる女性を選び、ともに祭りに参加する」という風習があったといわれています。

ルペルカリア祭の具体的な内容については諸説ありますが、「生贄としてヤギを捧げ、皮を剥いだ」「ヤギ皮の腰巻きを身につけた男性が鞭を持って駆け回り、未婚の女性を叩くことで多産の祈願とした」という説も。日本のバレンタインにおけるロマンティックなイメージとは程遠い、かなり荒っぽいお祭りといえますね。

ルペルカリア祭と聖バレンタイン

ansharphoto/Shutterstock.com

ここで、話題をウァレンティヌス司祭の伝説に戻しましょう。日本では「実在した」キリスト教の聖人としてとらえられることの多いウァレンティヌス司祭。しかし、ローマ・カトリック教会では、「実在したという根拠に乏しい」として、聖ウァレンティヌスの記念日(バレンタインデー)を暦から外しています。
また、「クラウディウス2世が兵士の結婚を禁じた」というエピソードにも、歴史的な裏付けはない模様。「若者たちの結婚を助けて処刑された」という逸話は、同時代に存在した複数の人物のエピソードを組み合わせつつ、脚色を交えて作られたものだと推測されています。

なぜ、ウァレンティヌスの伝説には、このような色づけが行われたのでしょうか。そのヒントとなるのが、当時の時代背景と、「ルペルカリア祭」の存在です。
幾度もの抑圧を超え、392年にはローマ帝国の国教となったキリスト教。それに伴って、ルペルカリア祭のような異教の行事は禁止する必要性が出てきました。しかし、異性との貴重な出会いの場でもあったルペルカリア祭は、人々にたいへん人気があったといいます。

ルペルカリア祭を禁止すれば、民衆の反発は必至。そこで、衝突を避けつつ教義を守るための戦略として、恋愛に関するキリスト教由来の逸話=ウァレンティヌス司祭殉教のエピソードを仕立て、ルペルカリア祭と融合させた結果、バレンタインデーが生まれたのではないかと考えられています。

日本におけるバレンタインデー

Denise Torres/Shutterstock.com

「バレンタインデー」という日の成り立ちには、宗教・政治上の戦略が少なからず関係していたようですね。
やがて時代が移り変わるとともに、こうした複雑な事情はなりを潜めることとなりました。今日のバレンタインデーは、欧米を中心とした世界各国で「大切な人に、愛情や感謝を伝える日」として親しまれています。

そして、日本のバレンタインデーといえば、女性から男性にチョコレートを贈るのが定番。じつは、この「チョコレートを贈る」という習慣は、日本独自の文化なのです。
日本国内で初めてバレンタインとチョコレートを結びつけたのは、洋菓子メーカーの「メリー」が1958年に行った販売促進キャンペーンだといわれています。「バレンタインの贈り物に」と銘打ってチョコレートを売り出したものの、売り上げはあまりふるわず、成功とはいい難い結果に終わったようです。
しかし、このキャンペーンがきっかけとなり、チョコレートを扱うお菓子メーカーがバレンタインにちなむ販売戦略を次々と打ち出すように。店頭や新聞広告で大々的なPRが繰り返された結果、徐々に「バレンタインにはチョコレートを贈る」という図式が一般に浸透していったということです。

さまざまな思惑が交錯し、謎に満ちた様相を呈するバレンタインデーの歴史。次のバレンタインには、おいしいチョコレートをつまみつつ、遠く古代のローマに思いを馳せてみるのも一興かも知れません。