ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
世界に通じる身分証明書。「旅券の日」には、パスポートを確認しよう
出典 : Yobab/Shutterstock.com

世界に通じる身分証明書。「旅券の日」には、パスポートを確認しよう

毎年2月に訪れる、「旅券の日」という記念日を知っていますか? 旅券の日にちなみ、大切な身分証明書である旅券=パスポートについての知識や、海外旅行時の旅支度について特集します。

  • kawase

2月20日は、旅券の日

2月20日は、旅券の日

bfk/Shutterstock.com

毎年2月20日は、「旅券の日」。旅券、すなわちパスポートに関する記念日です。
旅券の日は、明治11年(1878年)の2月20日に、外務省が「海外旅券規則」を制定したことにちなんでいます。それまで呼称が定まらず、「印章」「海外旅行免状」といったさまざまな名前で呼ばれていたパスポートが、この海外旅券規則によってはじめて「旅券」という名称に統一されました。
これを記念して、海外旅券規則制定から120年目にあたる1998年に、2月20日を「旅券の日」と定めたということです。

旅券の日には、パスポートを見直そう

旅券の日には、パスポートを見直そう

violetblue/Shutterstock.com

旅券=パスポートは、だれもが頻繁に使うものではありません。「海外旅行で一度使ったきり、しまいっぱなし」という人も多いことでしょう。
しかし、パスポートは、国内だけでなく、国外でも通用する唯一の身分証明書。そして、海外で災害や犯罪といったトラブルに巻き込まれた際、身を守るために必要となる重要な文書でもあります。紛失や有効期限切れに注意して、大切に保管しましょう。

パスポートの有効期限が切れている時は

手持ちのパスポートの有効期限が切れている時は、あらためてパスポートセンターに赴き、新規発給の申請を行う必要があります。
ただし、手ぶらでパスポートセンターに向かっても手続きを行うことはできません。最寄りのパスポートセンターのホームページなどをチェックし、発給申請書や戸籍謄本といった必要書類をそろえてから向かいましょう。

パスポートを紛失した時は

パスポートの紛失に気づいた時は、そのまま放置してはいけません。なくしたパスポートが犯罪に利用される可能性をなくすため、すみやかに紛失届を提出しましょう。
外務省によれば、パスポートの紛失・盗難のうち、実に8割は日本国内で起きているそう。 とくに、大掃除や引っ越しを行う際は、誤って捨てないよう十分に注意してください。

海外へ旅行するなら、何を持って行く?

海外へ旅行するなら、何を持って行く?

kwanchai.c/Shutterstock.com

パスポートが活躍する場面といえば、もちろん海外旅行。ここでは、海外旅行に必要な荷物と、あると便利なお役立ちグッズの数々を紹介します。

必ず持って行くべきもの

●パスポート・・・有効期限の確認を忘れずに。念のため、コピーを持参すると安心です。
●ビザ・・・必要な場合と、そうでない場合があります。必ず事前に確認しましょう。
●海外旅行保険 保険証・・・万一の事件・事故に備えて、旅行の前に加入しておきましょう。
●現金(日本円・現地通貨)・・・日頃クレジットカードを愛用している人も、最低限の現金は持参しましょう。
●セキュリティポーチ・・・身体に直接巻き付けて使う、盗難防止用ポーチです。パスポート、クレジットカードなど、貴重品の管理に活躍します。
●薬・・・一見同じ成分の薬に見えても、海外製のものは日本のものより含有量が高いことがしばしばです。体調不良に備えて、使い慣れた薬を持参しましょう。

あると便利なもの

●使い捨てスリッパ・・・フライト中や、現地ホテルでの足元のリラックスに活躍します。
●腕時計・・・海外では、スマートフォンを狙うスリに遭遇する可能性が。時間の確認には、腕時計が便利です。高級品は避け、カジュアルなものを選びましょう。
●履きなれた靴・・・長時間歩いて観光する予定がある場合は、とくに必要です。足にやさしく、歩きやすいスニーカーが最適。
●水に流せるティッシュ・・・海外のトイレには、ペーパーがないこともしばしば。いざという時に焦らないよう、多めに持っておくと安心です。おしぼりとしても使えるよう、ウェットタイプを選ぶのも◎。
●折り畳みバッグ・・・お土産が増えすぎてスーツケースに入りきらなくなった時も、折り畳みバッグがあれば大丈夫。持ち歩きに便利なリュックや、預け荷物にも使えるチャックつきバッグが便利です。

上手な荷作りのコツ

上手な荷作りのコツ

Pressmaster/Shutterstock.com

荷物を少なくする

快適に旅行を楽しむには、できるだけ手荷物を軽くするのがポイント。また、旅行の帰りにはお土産を入れるスペースが必要となることも忘れてはいけません。手荷物・スーツケースのいずれも、中に詰める荷物はできるだけ少なく留めましょう。

荷物を減らす方法としては、次のようなものが挙げられます。
●現地でもカンタンに調達可能なものは、必要最小限だけ持参する
●化粧品は、サンプルや旅行用ミニパックを活用
●下着や靴下はあえて古いものを持って行き、使用したものから順に捨てる

スペースを有効活用する

荷物をできるだけコンパクトにまとめるために、次のようなテクニックを覚えておくと便利です。
●洋服やごみ袋は、緩衝材を兼ねてスーツケースの隙間に詰める
●靴やハンドバッグを持って行く場合は、中に畳んだ靴下や下着などを詰める

トラブルを防ぐために

国内便ではほとんど起こりませんが、海外へのフライトでは、まれに預けた荷物の紛失(ロストバゲージ)が発生することがあります。貴重品は可能な限り手荷物に入れる、複数名で旅行する場合はお互いの荷物を分けて詰め合うなど、リスクの分散を行いましょう。もちろん、スーツケースにネームタグをつけることも忘れずに。

パスポートは、海の向こうでも「あなたが何者であるか」を証明してくれる大切な書類です。海外旅行の予定のあるなしに関わらず、年に一度はきちんとチェックする習慣をつけましょう。