ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
中性洗剤のパワーを知れば、掃除がグンとはかどるってホント?
出典 : Budimir Jevtic/Shutterstock.com

中性洗剤のパワーを知れば、掃除がグンとはかどるってホント?

中性洗剤って、パワーが弱そうだから、汚れも落としにくい・・・ そんな勘違いをしていませんか? 中性洗剤が得意な汚れを知れば、掃除の効率もぐ~んとアップするはず!

  • tama

じつは、万能な中性洗剤

じつは、万能な中性洗剤

goffkein.pro/Shutterstock.com

洗剤は、アルカリ性、中性、酸性の3種類に大別されます。アルカリ性の洗剤は酸性、酸性の洗剤はアルカリ性と、それぞれ逆の性質の汚れを中和して落とす働きがあります。中性は、汚れの度合いによるものの、どちらの性質にも対応可能な洗剤です。

また、中性洗剤は、素材を傷めにくく手にやさしいという特徴があります。しかも、塩素系漂白剤のように、混ぜると有毒ガスが発生することもありません。使い方によっては、家中の掃除に使えるので、万能といってもいいでしょう。

pH値って?

洗剤のアルカリ性と酸性は、どのように決まるのでしょうか。pHということばを目にしたり、耳にしたことがあると思いますが、洗剤の性質はこのpH値を基準に決まります。pH値は7を基準に中性としており、pH値が高くなればアルカリ性、逆にpH値が低くなれば酸性となります。pH値が低ければ低いほど、高ければ高いほど、物質を分解する力が強くなるので、強い洗剤を使用する際にはゴム手袋などを着用しましょう。

pH値で見る性質
●酸性 pH3.0未満
●弱酸性 pH3.0以上6.0未満
●中性 pH8.0以上8.0以下
●弱アルカリ性 pH8.0を超え11.0以下
●アルカリ性 pH11.0を超えるもの

中性洗剤の種類

中性洗剤にもさまざまな種類があります。浴室用、トイレ用、食器用、リビング用・・・ これらに共通しているのは、主成分が界面活性剤であること。界面活性剤は、汚れに直接作用する働きがあります。また、住宅用の各洗剤には、それぞれの場所の汚れに特化した成分が含まれています。たとえば、リビング用の洗剤には、床を保護するコーティング成分が含まれている場合があります。つまり、用途に合った洗剤を選ぶことで、より効果的に掃除ができるというわけ。ただ、洗浄力だけを見れば、食器用洗剤一つで、ほとんどの場所を掃除することが可能なのです。

中性洗剤は、掃除する場所を選ばない

中性洗剤は、掃除する場所を選ばない

Natali_ Mis/Shutterstock.com

どんな汚れに有効?

中性洗剤は、基本的にどんな場所にも使えます。とくに、汚れの性質に関わらず、ついたばかりの汚れや、軽い汚れを落とすのに有効です。汚れたら、まずは中性洗剤で掃除してみましょう。それでも落ちにくいようであれば、アルカリ性や酸性の洗剤を使ってみてください。

落とせない汚れは?

たとえば、キッチンの油汚れや鍋の焦げ、トイレの便器についた尿石、衣類についた血液などは、中性洗剤だけで落とすことはできません。それらについては、それぞれ落ちやすくする工夫をしたうえで、汚れの性質にあった洗剤を使いましょう。

中性洗剤を掃除に使う場合

中性洗剤を掃除に使う場合

SHUBIN.INFO/Shutterstock.com

バケツにぬるま湯を用意します。その中に中性洗剤を数滴入れて洗剤液をつくりましょう。目安としては、雑巾を浸してもみ洗いをし、泡立たない程度です。次に洗剤液に浸した雑巾を固く絞れば、準備完了。家中の拭き掃除に使いましょう。窓ガラスや玄関、床、天井、壁・・・と、隅々まで拭いたら、水拭きをして完了です。

一方、浴室やトイレの便器、キッチンのシンクなど、汚れが頑固な場所には、中性洗剤を原液のまま使いましょう。洗剤を汚れの上に直接たらし、なじませます。スポンジでこすってから、水で洗い流して完了です。

食器用洗剤は、泡立ちが良すぎるのが難点です。そのため、ぬるま湯で薄めてから使うといいでしょう。また、拭いた後に洗剤の成分が残っていると、シミや変色の原因に。水で洗い流せない場所に使用する場合は、仕上げにしっかり水拭きをしてください。

中性洗剤が使える素材とは?

中性洗剤が使える素材とは?

Myroslava Malovana/Shutterstock.com

中性洗剤は、金属やワックスがかかっている素材、ゴムやプラスチック、石材や陶器などのさまざまな素材に使えます。高級素材である大理石は、アルカリ性にも酸性にも弱いので、掃除をする時は中性洗剤がベスト。ただし、塗装やコーティングされていない木材、壁紙、布などには、そのまま使うとシミになる可能性があるので注意が必要です。使う時は、薄めてから、一度目立たない箇所で試してみること。とくに、原液のまま使うのは避けたほうが無難です。


じつは、万能な中性洗剤。これ一つで家中の掃除ができれば、場所別に洗剤をそろえる必要がありません。中性洗剤で隅々まで掃除して、スッキリ快適に暮らしましょう!