ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
三角コーナーの放置は悪臭の原因? カンタン掃除術でスッキリした生活を
出典 : Kelly Marken/Shutterstock.com

三角コーナーの放置は悪臭の原因? カンタン掃除術でスッキリした生活を

三角コーナーのぬめり、見て見ぬふりをしていませんか? 放っておくと、悪臭の原因になってしまいます。きちんと掃除して、清潔なキッチンを手に入れましょう。

  • tama

三角コーナーの汚れ

三角コーナーのぬめりや黒ずみ、臭いの正体はいったい何でしょうか。食器を洗い終わった後の汚水や生ごみを日々、受けている三角コーナーには、さまざまな汚れが付着します。とくに、食器や調理器具から出た油汚れは、固まってこびりつき、カビや雑菌の栄養源となります。つねに栄養補給される三角コーナーはカビや雑菌にとって居心地のいい場所。生ごみをそのままにしておくと、大繁殖するのは言わずもがな。つまり、三角コーナーのぬめりと悪臭は大繁殖した雑菌の分泌物、一方の黒ずみは同じく大繁殖したカビが原因というわけです。

三角コーナーの掃除頻度

三角コーナーの掃除頻度

Bystrov/Shutterstock.com

三角コーナーは、使い終わったら毎日掃除するのが理想ですが、忙しいとなかなかそうもいきません。その場合は、週に2~3回程度行うようにしましょう。ぬめりやカビが発生する前に掃除してしまったほうが、それほど手間もかからずに済みます。また、丸めたアルミホイルを三角コーナーの中に数個入れておくのも効果的です。雑菌はアルミホイルが放出する金属イオンに弱いので、汚れにくくなります。アルミホイルは、水に触れる面積が大きいほど効果があるため、クシャクシャと握るようにして丸めましょう。

なお、月に1~2回はキッチン用の漂白剤を使って、沈着してしまった汚れや臭いをきれいに落としましょう。漂白剤を水で薄めて、10%くらいの濃度にします。これに三角コーナーを5分ほどつけ置いてからすすぐと、ピカピカの状態に戻ります。

三角コーナーの掃除方法

三角コーナーの掃除方法

kazoka /Shutterstock.com

用意するもの

三角コーナーの掃除に必要なものは、次のとおりです。
1.使い古した歯ブラシ
2.重曹
3.クエン酸

重曹もクエン酸も、ドラッグストアやスーパー、100円ショップなどで手に入ります。使い古した歯ブラシは、買い替えのタイミングで掃除用としてストックしておくといいでしょう。

掃除の手順

まず、三角コーナーの網の目にごみが詰まっていたら取り除きます。生ごみのカスが残ったままだと、すぐに雑菌が発生してしまいます。

きちんとごみを取り除くことができたら、重曹とクエン酸を順番に三角コーナーへかけましょう。両方とも全体的に多めにかけて、上から少量のぬるま湯を注ぐと、ブクブクとした泡が立ちます。これは、重曹の炭酸水素ナトリウムとクエン酸、水が化学反応を起こして発生した「炭酸」です。

気泡が三角コーナーの細かい部分にまで届き、雑菌やカビ、水垢まで落としてくれます。5分ほど放置したら、残った汚れを歯ブラシでこすって落とし、水で洗い流して完了です。この方法なら、それほど手間もかかりません。

また、汚れと臭いが沈着しないよう、三角コーナーに捨てた生ごみはフタ付きのダストボックスに移してしまいましょう。予防としては、使い終わった後、洗剤で洗ってから除菌効果のあるクエン酸を水で溶かしてスプレーしておくと、効果が持続します。

三角コーナーを使わない方法

三角コーナーを使わない方法

Alliance /Shutterstock.com

毎回三角コーナーを洗うのは手間だと感じる人は、シンクに三角コーナーを置かない方法もあります。調理をする際、新聞紙でカンタンな箱を折って、その中にごみを入れたり、直接ビニール袋に入れてしまえば三角コーナーを使う必要がありません。

また、直接排水口に水切りネットをかけて、その日のうちにビニール袋に入れて処分するのも手軽な方法です。三角コーナーを置かなければ、汚れや臭いの心配をする必要もありません。そのうえ、シンクが広く使え、見た目にもスッキリします。


生ごみを捨てる三角コーナーは、できれば触れたくない場所。でも、放置しておくと、雑菌とカビで無残な状態に。そうならないようにするためには、こまめな掃除が欠かせません。口に入れるものを扱うキッチンは、何より清潔第一です。