ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
子どもが喜ぶ、スモックの選び方とお手入れ方法
出典 : J2R/Shutterstock.com

子どもが喜ぶ、スモックの選び方とお手入れ方法

幼稚園や保育園で活躍するスモック。指定のない園の場合は、どんなスモックを用意するとよいのでしょう? 手入れの仕方も合わせてご紹介します。

  • 創文舎 hamo

子どものスモック、手作り派? 購入派?

子どものスモック、手作り派? 購入派?

miya227/Shutterstock.com

幼稚園や保育園で必要になることの多いスモック。着てきた服が汚れないように、服をすっぽりと覆うように着る、いわば子ども用の作業着のような意味合いの服ですが、せっかく用意するなら、子どもが喜ぶようなかわいいデザインや格好いいプリントものなど、毎日着るのが楽しくなるようなスモックを持たせてあげたいですよね。

園から指定されている場合も多いようですが、自由な園の場合はママの手作りでも、好きなものを購入してもOK。裁縫やミシンが得意なママなら、入園時に必要になるきんちゃく袋やレッスンバッグ、ランチョンマットなどと一緒にお揃いの生地で作ってあげるのもいいですね。

購入する場合も、少し前までは売っているお店が限られており、色や柄のラインナップがそれほど豊富とはいえない中から選ぶという状況が多かったスモックですが、最近はインターネットショッピングで、豊富な色や柄、素材やスタイルから選んで購入できるようになりました。価格もリーズナブルなものからこだわりの品まで幅広く、ニーズに合わせて選択できるので、洗い替えや季節に合わせて数枚用意しておくのがおすすめです。

初心者でも大丈夫!? スモック作りのポイント

初心者でも大丈夫!? スモック作りのポイント

fotorawin/Shutterstock.com

「子どものために手作りスモックを作ってあげたい!」・・・でも、ミシンや裁縫は苦手・・・。失敗するのはイヤだからやっぱり購入しよう・・・。と考えるママは多いはず。しかし、入園までまだしばらく期間があり、時間にゆとりがあるなら手作りにチャレンジしてみるのもよいのではないでしょうか。

ひと昔前とは違い、今は、動画やブログなど便利なツールで細かく丁寧に作り方を解説しているものが多く、雑誌や専門誌ではどうも作り方が理解できないという人にも、マイペースにわかりやすく作れるソリューションが揃っています。

まずは、型紙を用意して、子どものサイズに合わせて生地を裁断します。型紙は、ハンドメイドのお店にも売っていますし、インターネットから無料ダウンロードできるものもあります。
裁断したら、生地がほつれてこないように端ミシンをかけ、中おもてにして、袖と身頃が合わさる部分をミシンで縫います。次に、体の脇部分に相当する、袖口の合わさる部分から裾まで一気にミシンをかけます。袖、裾、襟ぐりの部分を三つ折りにして縫い、袖と襟ぐりにゴムを通して結べばスモックの完成です。

はじめての人でも失敗しないように作るポイントは、

●型紙を選ぶ際、初心者用のシンプルな型紙を選ぶこと
●直線縫いだけで仕上げること
●わからなくなったら画像付きの作り方の説明や動画を参考にし、繰り返し見ること

あせらず時間をかけてゆっくり進めれば、スモックは初心者の人でも作ることができます。
どうしても自信がない場合は、シンプルなスモックを購入して、ワッペンやデコレーションテープなどを使ってスモックをデコってあげるのも◎。
アイロン接着や手芸ボンドなどを使えば、針と糸を使わなくてもカンタンに仕上げることができます。

購入するなら知っておきたいスモックの選び方

購入するなら知っておきたいスモックの選び方

Creativa Images/Shutterstock.com

手作りする時間がなかなか取れない場合は、お店やインターネットでスモックを購入しましょう。手作り派の人も、洗い替えの2枚目、3枚目は購入しておくのもよいのではないでしょうか。
デザインやサイズはもちろんですが、スモックを購入する時にはそれ以外にもチェックしておきたいポイントがいくつかあります。

子どもが脱ぎ着しやすいつくり

園では、自分でお着替えするのが基本。小さな子でも着替えやすい、かぶるだけのスモックがおすすめです。襟ぐりがきつ過ぎないゴムを通したものが良いでしょう。

汚れが目立たない色柄もの

子どもは汚すのが仕事。スモックは汚れる前提で着るものなので、汚れても気にしなくて済むような濃いめの色や柄が入ったもの、多色使いのものなどがおすすめ。汚れても落としやすい撥水・防汚機能がついたものもあります。

洗っても乾きやすい素材

スモックは毎日のように洗うもの。洗っても乾きやすくシワになりづらい素材が適しています。おすすめなのが、綿とポリエステルが混紡した綿ポリ素材。でも、肌がデリケートな子は、多少シワはつきやすくなりますが、綿100%の素材が安心です。

大きめポケットやループがついたもの

ハンカチやティッシュなどを入れておけるように、大きめのポケットがついていると便利です。また、片付ける時にループがついているとハンガーが要らず、子どもでもカンタンに掛けることができます。

ゴム取り換え口

袖口や襟ぐりにゴム通し口がついていると、ゴムが伸びた時や、サイズ調節をしたい時にゴムを取り換えることができてとっても便利。

やさしく臭いを追い払う魔法のスプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

毎日使うスモックは、いろいろな臭いや汚れを吸い込むもの。汚れた場合は洗濯をしてリフレッシュ、目立った汚れがついていない場合は、ファブリーズの布用消臭除菌スプレーでリフレッシュするのがおすすめです。
あまり汚れが気にならない時は、スモックの表裏全体に5、6回程度スプレーし、風通しの良い場所で陰干ししておきましょう。

園でつく臭いは、食べ物の臭いや汗の臭い、クレヨンや絵の具などの画材の臭いや外遊びでつく臭いなどさまざま。ファブリーズは、幅広い臭いに対応する布用消臭剤。
水をベースに、トウモロコシ生まれの消臭成分と、化粧品や薬用石けんに使われているものと同じタイプの有機系の除菌成分、野菜や果物に含まれる酸と同じ成分で構成されています。子どもにも大人にもやさしい成分を厳選して配合しているので安心して使えるのがうれしいポイントです。

洗濯した際も、乾いた後のスモックにファブリーズをスプレーしてから持たせてあげれば、イヤな臭いがつくのを予防する防臭効果も期待できます。匂いに敏感な子どもには香りがつかない、無香タイプがおすすめです。

シュシュっとスプレーするだけで、臭いからわが子を守るファブリーズはママ必携のアイテム。上手にファブして毎日気持ちよいスモックを着せてあげましょう。