ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
フィギュアスケート教室に通う! 学ぶ! 楽しむ!
出典 : Nigmatulina Aleksandra/Shutterstock.com

フィギュアスケート教室に通う! 学ぶ! 楽しむ!

フィギュアスケートといえば、莫大な費用がかかるのでは!? と思っている人がいるかもしれませんが、それは一部のトップ選手の話です。まずは習い事としてスケートを楽しんでみては?

  • 鈴木

スケートで身につくこと

スケートで身につくこと

Sergey Nivens/Shutterstock.com

近年、日本のフィギュアスケート選手の活躍が目覚ましいこともあり、スケートを習いたいという子どもが増えています。スケートを習うことによって、身につくこととはなんでしょうか?

身体面で身につくこと

●スケートは全身運動で体中の筋肉を使うため、体力、持久力がつきます。
●氷の上で安定感をとる必要があり、バランス感覚が養われます。
●姿勢が良くなり、柔軟性が高まります。
●瞬発力、反射神経、機敏性がつきます。

メンタル面で身につくこと

●表現力や創造力がつきます。
●うまくできなかったり、競争で負けたり、悔しさを味わうことによって、乗り越えよう、がんばろうとする力がつきます。
●進歩することを実感できます。いわゆる成功体験によって自信がつきます。

まずは見学&体験から!

まずは見学&体験から!

abdrahimmahfar/Shutterstock.com

習い事として始める前に、まずは親子でスケートを楽しんでみることをおすすめします。
最寄りのスケートリンクで遊びとしてスケートを楽しむことができます。見学して、できそうだなと感じたらぜひ体験してみましょう。大抵のリンクでスケート靴をレンタルしてくれます。スケート靴を履いてリンクを滑ってみて、楽しめるようなら、各スケート場で開催されているスケート教室に参加してみると良いでしょう。
もっと本格的にやりたい場合は教室の先生にその旨を伝えます。スケート靴の購入や練習の仕方などを教えてくれます。
フィギュアスケート選手を目指す場合、インストラクターにレッスンしてもらうのが一般的です。インストラクターのレッスンについてはインストラクターに直接聞いてみるか、リンク事務所または日本フィギュアスケート・インストラクター協会へ問い合わせましょう。

スケート教室にかかる費用は?

スケート教室にかかる費用は?

StepanPopov/Shutterstock.com

フィギュアスケートはお金がかかるスポーツのイメージがありますが、本当にそうでしょうか?
どのスポーツでもいえることですが、レベルが上がる、もっと高いレベルを目指すとなればそれなりの費用がかかるものです。衣装を揃えたり、自分専用のプログラムをつくったり、大会に出場したり、競技としてフィギュアスケートをするとなると確かにそれなりに費用はかかります。
たとえば、競技選手になると競技会に参加するためには連盟登録しているフィギュアスケートのクラブに所属する必要があります。小学生の場合、クラブへの登録費だけで年間50万円前後かかります。そのほか月謝、レッスン料、リンク使用量などで月10万円以上といわれます。

しかし、趣味として楽しんだり、子どもの習い事として通わせたりする分には、その他の習い事と大差ないといえます。
一例として、岡山県倉敷市の「ヘルスピア倉敷」のスケートリンクで開催されているスケート教室は、スケート靴の貸出料込み月3回で6,000円の受講料です。基礎から学べ、レベルにあった指導をしてくれます。趣味で終わらせたくないという人は、フィギュア選手、スピード選手を目指すことも可能です。
地域やスケートリンクによって差があるので、住んでいるところのスケートリンクに問い合わせてみましょう。

レッスンを受ける時の服装は?

レッスンを受ける時の服装は?

RDaniel /Shutterstock.com

いざスケート場へいく時、どのような服装で行けば良いのでしょうか?

●帽子(ヘルメット)
転倒の可能性もあります。万一に備え、頭部保護用のヘルメットや帽子をかぶりましょう。ヘルメットを用意しているスケート場もあります。

●服装
スケートリンクの温度は10度くらいでとても寒いです。できるだけ素肌を露出させない、長袖長ズボンがおすすめです。防寒のためにダウンやジャンパーなどのアウターもあった方がいいです。ただ、あまり分厚い生地のものだと動きにくくなるので、動きやすさも考慮しましょう。

●手袋
手先まで覆われた手袋は必ず着用しましょう。転んだ時に他人のスケート靴のエッジで怪我をする危険があります。手袋はレンタルしないところがほとんどです。

●靴下
靴擦れ防止のために少し厚めの靴下を。また、スニーカーソックスは避け、くるぶしの上まである長めのものが良いでしょう。

スケート教室用服の消臭対策

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

スケート教室で使用する厚手の衣類は、使うつど洗濯するわけにもいかず・・・。汚れているわけではないけれど、ニオイが気になること、ありませんか? そんな時は「ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー」を使ってみましょう。
ファブリーズは布用除菌・消臭スプレーは、洗えない布製品も瞬間お洗濯! 洗いたてのお洗濯の香りがする消臭スプレーです。しかも、除菌効果もあります!
ファブリーズをスプレーすると布地等が濡れます。水によって除菌・消臭成分が繊維の奥まで浸透し、ニオイの元となるバイ菌が除菌され、乾くにつれてニオイが消えていくというしくみです。
また、ファブリーズは子どものデリケートな肌にも安心です。ファブリーズは水をベースに、「トウモロコシ生まれの消臭成分」、化粧品や薬用石けんに使われているものと同じタイプ「有機系の除菌成分」、野菜や果物に含まれる酸と同じ成分が配合されています。肌に直接触れる衣類にも使えます。
使い方はカンタン。衣類等から20~30cm離して、表面が全体的に湿り気をおびる程度にスプレーするだけです。

思った以上に身近なスケート。子どもの習い事として、大人の趣味として、はたまた親子で楽しめるスポーツのようです。興味がある人はぜひお近くのスケートリンクへ!