ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
今さら聞けない! 初心者ためのスノーボード講座
出典 : Molchanov/Shutterstock.com

今さら聞けない! 初心者ためのスノーボード講座

毎年冬になると「スノーボードに挑戦してみたい!」と考えてはいるものの、なかなか実行できずにいる人、今年こそ! 思い切ってスノーボードに始める前に、ぜひ知っておきたい最低限必要な情報をお届けします。

  • 鈴木

スノーボードの魅力は?

スノーボードの魅力は?

svariophoto/Shutterstock.com

スノーボードとは、専用の板を使ってサーフィンのように横向きに乗り、ストックを使わずに雪上を滑り降りるスポーツです。スキーに負けず劣らず人気ですが、その魅力はどういったところにあるのでしょうか?

●爽快感・スピード感
仲間と一緒にリフトに乗り、おしゃべりすることも魅力ですが、何といってもゲレンデを滑り降りる爽快感は格別です。日常生活では味わえないスピードを体感できることはスノーボード最大の魅力といえます。

●多彩な楽しみ方
スノーボードにはさまざまなスタイルがあります。ゲレンデを自由に滑り降りるフリーライディング、半円状の地形を滑るハーフパイプ、ジャンプ台のあるスロープスタイル、自然のままの山を滑るバックカントリーなど、楽しみ方がいろいろある分、幅広い魅力があるといえます。

●周辺スポット
スノーリゾートのある山岳地帯は、大抵そばに温泉やグルメスポットがあります。南魚沼や那須高原など寒暖差の大きい地域は米の名産地でもあり、おいしい食事が期待できそうですね。スノーボードに付随する楽しみも魅力です。

スノーボードに必要な道具は?

スノーボードに必要な道具は?

Dmytro Vietrov/Shutterstock.com

スノーボードを楽しむためには何が必要でしょうか?

●スノーボード
まずはスノーボードが必要です。ボード、板とも呼ばれます。スキー場でレンタルできます。

●リーシュコード
リーシュコードとは、ボードが足から外れた時に滑っていかないようにするための物です。安全確保のために装着を義務付けているスキー場がほとんどです。ボードレンタルとセットになっています。

●ブーツ
スノーボード用のブーツが必要です。スキー場でレンタルできます。

●バインディング
バインディングとはスノーボードにブーツを固定するためのパーツで“ビンディング”とも呼ばれます。ボードをレンタルした場合はセットで付いています。

●ゴーグル
ゴーグルは目を守る役割もあるので、雪が降ってなくても装着しましょう。スキー用と兼用できます。

●ケツパッド(ヒッププロテクター)
転んだ時にお尻を保護してくれます。

スノーボードの服装は?

スノーボードの服装は?

Pressmaster/Shutterstock.com

寒い冬のスキー場。快適にスノーボードを楽しむため防寒対策された服装とは?

●スノボウェア
スノボ用のジャケットとパンツが要ります。スキー用とは少し仕様が違うのでスノボ専用のウェアを選ぶようにしましょう。スノボウェアは、ウェアの中にインナーやプロテクター(ケツパッド)を装着するため大きめのサイズにつくられています。他方、スキーウェアは、滑った時に邪魔にならないように細身なシルエットで、丈の長さは短めにできています。

●グローブ
手袋もスキー用とスノーボード用は少し違います。スキーグローブは、ストックを持つ必要があるため手が動きやすいようにつくられています。一方、スノーボードでは手が雪に触れる機会が多いため、手の動きの自由度より、防寒性・耐久性を重視してつくられています。

●ニット帽
防寒の役割もありますが、転倒の際、頭を保護する役割もありますので必ずかぶりましょう。もちろんヘルメットでもOKです。

知っておくべきゲレンデマナーは?

知っておくべきゲレンデマナーは?

anatoliy_gleb/Shutterstock.com

まず、練習の時も滑る時も、自分自身に対して注意すると同時に周囲に対しても気をつけることです。自分がケガをしないための注意、周囲にケガをさせないための注意の両方を意識した行動をとることです。その上で、下記は厳禁です。

こんな行動はNG!

●コースは安全を考慮して設定されていますから、決められたコース以外を滑らないこと。
●小さなゴミでもけっして、投げ捨てないこと。コース上の異物は危険な事故につながりかねません。コース外だったとしてもダメです。ポケットから物を落とすのも同様に危険なので注意しましょう。
●コース上でフリーズしないこと。転倒して起き上がるまでの時間は仕方ありませんが、そのまま座り込んだりしないようにしましょう。邪魔になり、衝突の可能性が高まります。
●パークのアイテムの着地点からは速やかに移動しましょう。衝突の可能性があり、危険です。

スノーボードの持ち方は?

スノーボードは人に当たると危険ですから持ち運びには注意が必要です。バインディングを外側に向け、脇に抱えるように持ちます。周りに人がいないか注意をして持ち運びましょう
また、ボードから片足を外したら、必ずバインディングの後ろの足首を固定する部分=ハイバックを倒す習慣をつけましょう。立てたまま転倒すると、お尻に当たったりして痛いです。

スノボウェア等のお手入れ方法

ファブリーズ布用消臭スプレー SPORTS

ファブリーズ布用消臭スプレー SPORTS

ゲレンデは当然寒いのでしっかり防寒するべきですが、動くと案外暖かくなり、汗ばんできます。そうすると、インナーウェアやニット帽、グローブなどの汗のニオイが気になります。かといって、すぐには洗濯できないし・・・そんな時のために、スノーボードに出かける際には「ファブリーズ布用消臭スプレー SPORTS」を持参することをおすすめします!
「ファブリーズ布用消臭スプレー SPORTS」は、スポーツの汗臭に特化し、強力消臭してくれる優れもの。これがあれば外出先での布製品の消臭はばっちりです!
使い方はカンタン。ニット帽やインナーウェアなど汗のニオイが気になる布製品から20~30cm離して、表面が全体的に湿り気をおびる程度にスプレーするだけ。ぜひお試しあれ! ただし、防水加工した物には使用できないので、その場合は内側に使用しましょう。

何かと道具やウェアが必要なスノーボードですが、主要な物はレンタルしてくれるので、今年の冬は気軽にチャレンジしてみてはいかが?