ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
身近でおいしい健康食材。「海苔の日」には、海苔を食べよう
出典 : liza54500/Shutterstock.com

身近でおいしい健康食材。「海苔の日」には、海苔を食べよう

2月初頭に訪れる「海苔の日」。この記念日にちなみ、日々何気なく食べている「海苔」についての知識を深めてみませんか? 正しい保存方法やおすすめレシピなど、生活に役立つ便利な情報も紹介します。

  • kawase

2月6日は「海苔の日」

2月6日は「海苔の日」

JoannaTkaczuk/Shutterstock.com

毎年2月6日に訪れる「海苔の日」。海苔の日は、海苔の生産団体である「全国海苔貝類漁業協同組合連合会」により、昭和45年に制定されました。

海苔の日を2月6日とした理由は、西暦702年(奈良時代・大宝2年)の2月6日に、日本で初めての本格的な律令「大宝律令」が施行されたことにちなんでいます。
大宝律令には、当時の税制度である「租・庸・調」についての記載があります。「祖」では稲、「庸」では都での一定期間の労働(または、繊維製品)、「調」では繊維製品または地方の特産品を納めるよう定められていました。このうち、海苔と関係が深いのが「調」です。
「調」では、海苔を含む29種類の海産物が納入可能な品物として認められていました。このことから、当時「海苔」は、朝廷に納めるにふさわしい食品として珍重されていたことがわかります。

およそ1300年もの昔から、人々に愛されてきた歴史をもつ海苔。そんな海苔への感謝を込めて制定された「海苔の日」には、全国の海苔生産者によるさまざまなPR活動が行われています。

その昔、海苔は高級食材だった

その昔、海苔は高級食材だった

nikkytok/Shutterstock.com

現代を生きる私たちにとって、海苔は身近な食材のひとつ。しかし、養殖・加工技術が未発達な昔の日本では、海苔は貴重品として扱われていたのです。

大宝律令では、「調」として納める品物について、それぞれ一人あたりの年間納付量が定められていました。海藻類の規定について詳しく見ていくと、ニギメ(わかめ)は130斤=78kg、コルモ(天草)は120斤=72kg、マナカシ(めかぶ)は8斗=約144ℓ。いずれも、相当な量を納めるよう求められています。
一方、紫菜(海苔)の年間納付量は49斤=約29kgと、他の海藻類に比べてかなり少量です。当時、海苔がいかに希少な品物であったかをうかがい知ることができますね。

その後、平安時代に差し掛かると、都では海藻類が市場に出回るようになりました。当時は、まだ海苔を板状に加工する技術がなかったため、生のまま、あるいは佃煮のように加工して売られていたようです。
しかし、貴重品である海苔は、庶民にとっては手の届かない存在でした。海苔は、貴族の中でも一定以上の地位をもつ人にのみ食べることが許される、たいへんなご馳走だったのです。

海苔を養殖する技術や、現在のような「板のり」の形に加工する技術が生まれたのは、平安時代からおよそ900年もの時を重ねた江戸時代中期のこと。さらに、養殖・加工技術の発展により海苔の生産量が増加し、安定した供給が可能となったのは、1970年代に入ってから。海苔の長い歴史から見れば、ほんの最近の出来事なのです。

おいしいだけじゃない! 海苔の驚くべき栄養価

violetblue/Shutterstock.com

海苔は、低カロリーなうえ、とても栄養豊富な食材です。とくに、目の健康に役立つビタミンA、美肌づくりや疲労回復に効果的なビタミンB群、コラーゲンの生成に不可欠なビタミンCなどがたっぷり。さらに、ナトリウムやカリウム、鉄分といったミネラル類もバランスよく含まれています。

とはいえ、焼き海苔一枚あたりの重量は約 3gとひじょうに軽量です。一枚あたりに含まれる栄養の量も必然的に少なくなるため、やみくもに「スーパーフード」ともてはやすのはやや早計かも知れません。
しかし、海苔には、「調理不要で、気軽に食べられる」「幅広い料理と相性がよい」という大きな利点があります。ご飯のお供や料理の薬味としてこまめに取り入れることで、食事の栄養価を底上げすることができるでしょう。

海苔に秘められた可能性

北里大学の山本一郎元教授は、ラットを使った実験により、「海苔を食べると、制ガン効果をもたらす可能性がある」ということを発見しました。
実験の内容は、ラットに発ガン物質を注射したのち、標準飼料を与える群とアサクサノリを含む海藻粉末入りの飼料を与える群に分け、それぞれの腸ガン発生率を比較するというもの。その結果、標準飼料を与えた群は10匹中7匹に腸ガンが発生したのに対し、海苔を添加した飼料を与えた群の腸ガン発生率は10匹中2匹に留まったということです。
この結果について、山本さんは、「食物繊維により、発ガン物質を含む体内の毒物の排出が促進されたことや、ベーターカロチン・ビタミンCによる抗酸化作用が功を奏したのではないか」と推測しています。

そのほか、海苔には、動脈硬化や胃潰瘍を防ぐ作用もあるといわれています。食べやすいうえ、体にもよい海苔は、健康の維持・促進に最適な食品であるといえますね。

保存法は? おいしい食べ方は? 海苔の豆知識

gowithstock/Shutterstock.com

海苔の正しい保存方法

海苔は、湿気に弱い食品。一度湿気を吸ってしまうと、海苔の命であるパリッとした食感や香りが失われてしまいます。パックや缶を開けて海苔を取り出したら、すぐにフタを閉めて湿気の侵入を防ぎましょう。
一度開けたら再び封をすることができない袋に入っている場合は、密閉性の高いチャックつき保存袋に入れ替えます。できれば、空気や光を通さないアルミ製の袋を使うのがベスト。袋の中に食品保存用の乾燥剤を入れ、できるだけ空気を抜きながら閉じてください。

海苔のアレンジレシピ「海苔入り和風ポテサラ」の作り方

1 じゃがいも(中)2個の皮を剥き、4~8つ割りにして鍋に入れる。ひたひたの水と塩小さじ1を加え、中火でやわらかくなるまで煮る
2 ゆであがったじゃがいもをザルにあけ、ボウルに移す。酢小さじ1を加え、よく潰しながら馴染ませる
3 2に、みじん切りにしたたくあん大さじ2、手で細かくちぎった海苔2枚を加える
4 マヨネーズ大さじ1、ごま油小さじ1、醤油小さじ1/2を混ぜ、3に加える。全体をよく混ぜて完成

たくあんのポリポリとした食感と海苔の風味がおいしい、一風変わったポテトサラダです。おかずとしてはもちろん、お酒のお供にもどうぞ。

世界トップクラスの長寿国である日本。日本人の長生きの秘密には、長きに渡って海苔を食べ続けてきた歴史が深く関わっているのではないかともいわれています。食事の際は、海苔を積極的に取り入れて、より健やかな毎日を目指しましょう。