ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
オリンピックの競技種目になったBMX、始めるなら今!?
出典 : 4 PM production/Shutterstock.com

オリンピックの競技種目になったBMX、始めるなら今!?

おしゃれで格好いい自転車競技、BMX。ストリートな印象が強いスポーツですが、五輪競技にも選ばれ、今あらためて注目されています。新しい趣味にするなら今がはじめ時?

  • 創文舎 hamo

BMXってどんなスポーツ?

BMXってどんなスポーツ?

Charly Morlock/Shutterstock.com

小型の自転車で技やスピードを競う自転車競技、BMX。正式な名前は「Bicycle Motocross」。スケートボードやスノーボード、サーフィンなどと同じく、華麗な技やスピード感を競う過激なスポーツを意味する「エクストリームスポーツ」に分類されます。

BMXは、アメリカ西海岸でオートバイのモトクロスに憧れた子どもたちが、小さな自転車でモトクロスの真似事をしたことがはじまりといわれています。そんな由来もあってか、今でもBMXのホイールサイズは20インチが主流。

現在では、レース形式はもちろん、トリックと呼ばれる技を競い合う、フリースタイルも注目されています。
BMXのレースは、2008年の北京オリンピックより正式種目に、フリースタイルは2020年東京オリンピックより正式種目となります。 そんな東京五輪の影響もあり、最近では日本各地にBMXができるパークが増えているそう。

見た目もおしゃれで華やかなBMX。オリンピックで注目されている今、新たな趣味としてはじめてみませんか。

BMXの競技の種類

BMXの競技の種類

Dmitry Elagin/Shutterstock.com

大きく分けると、レースとフリースタイルに分かれるBMX。
レースは、坂やジャンプ台、コーナーなどが含まれる400メートル程のコースを8人同時に出走し着順を競う競技。
フリースタイルは、制限時間内でトリックを取り入れた演技を披露し、ジャッジによるポイント制で順位を争います。
さらに、フリースタイルの中でも、3つに細分化しています。

フラットランド

平坦で障害物のないフィールドで、自転車を使ったトリックを披露する。
車輪の横についたペグと呼ばれる突起を使い、ウィリーや回転技など自転車を使ってダンスをするようにさまざまな技を繰り出します。
フィールド内に障害物がなく、技の完成度だけでポイントを競うフラットランドは、BMX初心者におすすめです。

パーク

おもにスケートパークなど、ライドのために造られた場所で開催される競技。
ジャンプ台やスロープなどが設けられ、それらの障害物をクリアしながらトリックを決めていく高難度の競技。
ジャッジは、難易度・完成度・高さ、トリックを連続で決めるコンボ数などを元にポイントを決めます。若者を中心に人気があるパークは、2020年に行われる東京オリンピックの正式種目になっています。

ストリート

整備された施設ではなく、街中にある階段や縁石、手すりなどを使ってトリックを決める、カルチャー色の強いフリースタイル。

BMXのはじめ方

Zovteva/Shutterstock.com

BMXを始めるには、とにもかくにもBMX用の自転車が必要です。
同じBMXの自転車といっても、じつは種類が多く、どのBMXの競技を選ぶかで購入する自転車の種類も変わってきます。まずは、前述の競技の中から挑戦したい種目を選び、それに合った自転車を用意することが先決です。

街中の自転車屋さんやホームセンターでもBMXをうたった安価な自転車は販売されていますが、街乗りを前提に作られているものが多く、部品の強度が不十分なため、いざトリックの練習やオフロードでのライドを試すとすぐに壊れてしまうといったことが多いようです。本格的にBMXをはじめてみようと思うなら、はじめから専門ショップや、BMXに明るい自転車屋さんなどで購入する方が後々のトラブルを未然に防げるようです。

自転車を購入したら、いよいよ練習のはじまりです。
最初から上手くできる人は一握り。派手に見えるエクストリームスポーツも、練習はストイックにコツコツやらなければ上達は難しいところ。

着実に楽しく練習を続けるポイントは、仲間づくり。
最初はやる気に満ちていても、一人で黙々と練習し続けるには、相当のモチベーションが必要です。一緒に練習できる仲間がいれば、切磋琢磨しながら共に成長していけます。パークや練習場などに出向き、同じように上達を目指す仲間を見つけてみてはいかがでしょうか?
仲間づくりが難しい時は、練習風景などをSNSで友人とシェアし、励ましをもらいながら続けるというのもよいのではないでしょうか。

スポーツに汗はつきもの

布用消臭除菌スプレー「ファブリーズSPORTS」

布用消臭除菌スプレー「ファブリーズSPORTS」

クールなBMXも、他のスポーツと同じように「汗」がつきもの。
お気に入りのキャップやシューズ、ウェアを身につけて練習に励んでいると薄っすらかく汗に臭いが気になります。

そんな時に使いたいのが、消臭剤のファブリーズから登場した、スポーツ専用消臭剤「ファブリーズSPORTS」です。使う前のウェアにスプレーしておけば、臭いの原因となる雑菌の活動を長時間抑えて防臭効果を発揮し、練習後の汗が染み込んだシューズやキャップにスプレーすれば、汗臭さを発散する臭い分子を化学的に破壊し、臭いそのものを打ち消します。

具体的なスプレー回数は、使用前のウェアには、Tシャツに前後ろ5、6回ずつ、パンツは全体が湿るように10回程度スプレーします。使用後のシューズには、一足につき10回程度、キャップは全体に5、6回程度スプレーしましょう。いずれも、スプレー後風通しの良い場所でよく乾かすのがポイントです。

さらに、ファブリーズSPORTSは、すぐれた除菌機能も備えており、スポーツ後のアイテムにスプレーすることで、汗が原因で繁殖する雑菌を99%以上減少させることができます。

ストリートテイストがクールなBMX。どうせならファッションも合わせて楽しみたいですね。ライド前にファブリーズで防臭しておき、洗いにくいシューズやキャップは使用後にスプレーケアをすることで、汗臭さを気にせず練習に励めます。ファッショナブルなアイテムでテンションを上げて、トリッキーな技を完成させましょう!