ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
冬の部屋干しの悩みを解決するエアコンの使い方とは?

冬の部屋干しの悩みを解決するエアコンの使い方とは?

乾かない、臭いがする・・・冬の部屋干しには悩みがつきもの。効率よく、臭いをさせないためにはエアコンの機能を上手く使いこなすのがポイントです。

  • 創文舎 hamo

洗濯物が乾くには「飽和水蒸気量」が大切

洗濯物が乾くには「飽和水蒸気量」が大切

夏のカラッと晴れた日は、洗濯物を外に出しておけば大概2~3時間で乾きますが、冬になるとそうはいかず、朝外に出した洗濯物が夕方になってもまだ湿っている・・・ということが少なくありません。

洗濯物が乾くには、洗濯物が含んでいる水分を外に放出する必要があります。
水分を外に放出するには、洗濯物の周りにある空気に、十分な「飽和水蒸気量」があることが大切です。
飽和水蒸気量とは、空気が含むことができる水分量のことで、この飽和水蒸気量は、温度と密接な関わりを持っています。

周りの温度が高いと、飽和水蒸気量は大きくなり、反対に温度が低いと飽和水蒸気量は小さくなります。
冬の空気は乾燥しているとよくいわれますが、温度が低いと空気が十分に水分を吸収できないため、洗濯物が乾くのに時間がかかってしまうのです。

外に出しておくだけでは乾ききらない冬の洗濯物。効率よく乾かすなら、室内の暖房を生かした部屋干しの方がすっきり乾くのではないでしょうか。

洗濯物をカラッと乾かすエアコンの使い方

洗濯物をカラッと乾かすエアコンの使い方

暖房のついた部屋に洗濯物を吊るし、部屋干しすれば万全! といいたいところですが、洗濯物を室内に干したはいいけど、室内がジメジメして思ったように乾かないという時には、室内環境と暖房器具の種類を見直す必要があります。

限られたスペースで洗濯物を干していると、湿度がどんどん上昇し、やがては飽和水蒸気量の限界まで空気が水分を蓄えてしまいます。こうなると、洗濯物から出る水分は行き場を失い、結果として、部屋の中はジメジメ、洗濯物は乾かないという悪循環に陥ってしまいます。

洗濯物は濡れた状態が長く続くと、適度な温度と湿度、取れ残った汚れという、臭いの原因となる雑菌の繁殖条件が揃い、部屋干し臭が発生してしまいます。また、高過ぎる湿度は部屋の中にカビが増える原因にもなります。

現代の住宅は、気密性が高く、湿度が室外へ逃げていかないため、意識的に換気などの空気の入れ替えを行わないとどんどん部屋の湿度が高くなってしまいます。
そこでおすすめなのが、同じ暖房でも、エアコンを利用した暖房を使うこと。
エアコンは、室内の湿気や冷気を室外に逃がす方式なので、室内に湿気を溜めこまず、温度を上げてくれます。
それ程冷え込みが厳しくない時には、ドライモードなどの除湿運転や部屋干し乾燥モードなどに切り替えて使うのもよいでしょう。

エアコンにプラスαして素早く乾燥

エアコンにプラスαして素早く乾燥

あの忌まわしい部屋干し臭を予防するには、少しでも早く乾かすことが大切です。
エアコン暖房や除湿運転でも洗濯物は乾きますが、ちょっとした工夫をプラスすることで、より早く乾かすことができます。

扇風機やサーキュレーターを併用する

洗濯物を乾かすには「風」も大きな要因です。
洗濯物の下の方から扇風機やサーキュレーターで風をあてると、洗濯物周辺の空気が動き、湿った空気と乾いた空気を入れ替え、乾くスピードをアップさせます。

干し方を工夫する

洗濯物同士が密着すると、湿った空気が滞留し乾くのに時間がかかってしまいます。
洗濯物を干す際は、15cm程度の間隔を開け、薄いものと厚手のものと交互に干すように掛けましょう。
薄手のものが乾いたら取り込むようにすると、ますます間隔が開き厚手のものが乾きやすくなります。

複数回に分けて洗濯する

一度に干す量が多いと乾くのに時間がかかります。
天候や時間が関係ある外干しなら、少し無理をしてでも一気に洗濯したくなりますが、環境に左右されない部屋干しなら、少量ずつに分けて洗濯した方が乾きやすくなります。

部屋干し臭を解決する消臭スプレーの使い方

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

暖房機器の選び方や、干す時の工夫で洗濯物の乾く時間は格段に短縮されますが、それでも完全に部屋干し臭を予防するのは難しいかもしれません。そこで、雑菌の繁殖に「待った」をかける、もう一つの予防策をプラスしておくと、さらに安心です。

もう一つの予防策とは、衣類の消臭でお馴染みの、布用消臭除菌スプレーファブリーズを使った方法です。
臭いのついた衣類を消臭するスプレーとして広く認知されているファブリーズですが、じつは、臭いがつく前の濡れた状態の洗濯物にスプレーするのも効果的な使い方。

トレーナーやシャツなどのトップスなら、前後5、6回ずつスプレーし通常どおり乾かします。
ファブリーズは、すでについた臭いを消す消臭効果のほか、衣類についた雑菌を除去する優れた除菌効果も持っています。濡れた状態の洗濯物にスプレーすることで、乾くまでに繁殖する雑菌の活動を抑制し、臭いの発生を防ぎます。

第三者機関の実験 によると、ファブリーズの除菌効果は99%以上。生乾きが原因で繁殖する雑菌はもちろん、衣類についたウイルスまでしっかりと除菌してくれます。

冬の洗濯物に悩みは尽きませんが、家庭で出る洗濯物の量は季節を問わず減ることはありません。むしろ、衣類が分厚くなる冬場は一層乾きづらくなる傾向にあります。洗濯物を干す時は、エアコンのスイッチをONにして、干す前の洗濯物にファブリーズをスプレーすることを習慣にしたいですね。