ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
無駄なスペースありませんか? クローゼットをフル活用するレイアウトとは?
出典 : Volurol/Shutterstock.com

無駄なスペースありませんか? クローゼットをフル活用するレイアウトとは?

衣類を整理・保管するクローゼットはいつでもキレイにしておきたい場所ですが、気が緩むとすぐに散らかってしまいがち。あらかじめ、しっかりレイアウトを整えておけば散らかることもなくなるかも?

  • 創文舎 hamo

衣類の丈を揃えてレイアウトを整えよう

衣類の丈を揃えてレイアウトを整えよう

All About Space/Shutterstock.com

毎日衣類を収納するクローゼット。誰かに見せるスペースではないからといって、散らかり放題になっていませんか? クローゼットが整理できていないと、どこにどの服をしまっているかわからず、着たい服を探すために他の服をかき分けてクローゼットの中が余計に散らかったり、いざ着ようと取り出した時には、シワがついていたり、型崩れしていたり・・・といいことがありません。
「おしゃれは身の回りの整理整頓から」この言葉を肝に命じ、クローゼットのレイアウトを整えていきましょう。はじめはたいへんでも、キレイになっていくにつれ達成感を感じるはずです。

クローゼットは限りあるスペースだからこそ、デッドスペースを作らず、効率的に収納したいもの。
まず取り組みたいのは、ハンガーに掛かっている衣類の整理。体型や年齢に合わなくなったもの、流行が終わった着ない服など、タンスの肥やしになっている衣類を断捨離しながら、「着る服」だけを残しましょう。

残った服は、ロング・ミディアム・ショートと丈ごとに分けてハンガーに掛け直します。
掛けている服の丈が整理されていないと、服の裾の高さがバラバラで下に物を置くのが難しくなりますが、高さを合わせて掛けるだけで、吊るした衣類の下にキレイな階段状のスペースが現れます。

この階段状のスペースを、新たな収納場所にし、衣装ケースを入れたり、カゴなどを置いてバッグなどの小物を収納したり、すのこを敷いて布団をしまうなど、高さに合わせてさまざまなものを収納しましょう。

衣類を掛けるハンガーを同じものに統一したり、丈の長さと一緒に衣類を色ごとに分類すると、見た目が一層美しくなりますよ。

クローゼットの奥行きを隙間なく有効活用!

クローゼットの奥行きを隙間なく有効活用!

丈を揃えてクローゼットの下段がすっきりしたら、次に考えたいのは「奥行き」の活用法。
クローゼットは、その家によって造りが違いますが、もともと押入れだったクローゼットや、ウォークインクローゼットなどは奥行きが深く、ハンガーポール1本だけでは奥にスペースが余る場合があります。
そんな時は、ホームセンターなどで突っ張り棒を購入し、奥に1本ハンガーポールを追加しましょう。シーズンオフの服やフォーマルウェアなど普段着る機会の少ない衣類を奥に掛けておくことができます。

また、奥にハンガーポールを追加する程のスペースはないけど、ある程度の余裕があるなら、細めの突っ張り棒を壁に沿うように設置し、突っ張り棒にS字フックやひも付きピンチなどを通し、帽子や小さめのバッグ、衣類用ブラシなどを吊るしておくのもおすすめです。
実用的な物はもちろん、リースやファブリック、ポストカードなどおしゃれなものを吊るしておくと、ちょっとしたインテリアにもなります。

100均グッズが大活躍するニッチ収納

100均グッズが大活躍するニッチ収納

GillianVann/Shutterstock.com

ここまで整理すると、大枠のレイアウトはすっきりしてきます。
あとは、扉うらや、衣装ケースと衣類の隙間など、ニッチスペースを生かした収納をプラスするだけ。
こうした隙間を活用する収納に役立つのが、100円ショップに売っているグッズ。

衣装ケースとハンガーの隙間にできたスペースを有効活用するには、衣装ケースの上にポンと置ける、籐やプラスチックでできたカゴやトレー。フタがついていないので、型崩れが心配な帽子を置いたり、毎回洗わないスカーフやマフラーなどの保管場所としてピッタリ。セーターやカーディガンの一時保管場所としても使えますね。同じような用途として、重宝するのがコの字ラック。自立するスタンドなので、下段に小さめのバッグなどを置き、上段にベルトや腕時計などの服飾雑貨を置くとディスプレイのようにキレイに収納できます。

また、意外にスペースがあるのに利用しきれていないのが、クローゼットの扉うら。
画鋲のように刺せるタイプのタオルハンガーやフックを付ければ、ネクタイやベルトなどの小物を収納するのに役立ちます。

レイアウトをスッキリさせたら臭いもスッキリと

ファブリーズ クローゼット専用置き型消臭剤

ファブリーズ クローゼット専用置き型消臭剤

クローゼットの中が片付いたら、最後の仕上げに臭いの見張り番、ファブリーズのクローゼット専用置き型消臭剤を置きましょう。
クローゼットの中は、洗濯したての衣類だけではなく、何度か袖をとおしてから洗うアウターやセーター類、スカーフやマフラーなども収納します。着ている時にはあまり感じなかった臭いも、クローゼットに掛けると気になる場合も。外に着ていった衣類は、食べ物の臭いや体臭、汗臭、タバコの臭い・・・などさまざまな臭いを運んできます。衣類自体の消臭も大切ですが、クローゼットの中にも、消臭剤を置いておくとさらに安心です。

ファブリーズのクローゼット専用置き型消臭剤は、クローゼット内に漂う臭い分子を、ファブリーズ独自の消臭成分「ニオイキャッチャーゼリー」で捉まえ、化学的に分解・中和し臭いそのものを消し去ります。加えて、自然界に存在する成分と同じ「森林フィトン」を配合。湿気が溜まりやすいクローゼットの中に行き渡り、カビの生成を抑制します。

お気に入りの洋服を収納するクローゼット。美しく整っているとおしゃれするのも楽しくなりそうですね。着ない服や無駄なスペースを見直し、より効率的な収納力のあるクローゼットづくりを目指しましょう。