ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
酔わない! 飽きない! 子ども連れでも快適車内の工夫
出典 : New Africa/Shutterstock.com

酔わない! 飽きない! 子ども連れでも快適車内の工夫

帰省や旅行が多いこの時期、車の移動は便利だけれど、まだまだ飽きやすく、乗り物酔いしやすい子どもにとって車での移動はたいへんなことです。車内で酔わせずに快適に過ごすため、あれこれ知恵と工夫で乗り切りましょう。

  • terasaki

車内、なぜ子どもは酔いやすい?

車内、なぜ子どもは酔いやすい?

plantic/Shutterstock.com

車やバスなどで車酔いを起こし、気持ち悪くなったり嘔吐する子どもは、大人に比べずっと多いものです。なぜ、大人より子どもの方が乗り物酔いをしやすいのでしょう?

乗り物酔いは内耳にある三半規管が刺激されることによって起こります。車に乗っている時に、振動や傾斜といった三半規管でとらえた感覚が、目に入る情報と異なる場合、混乱して乗り物酔いを引き起こします。成長するにつれ目や感覚で受け取った情報にズレがあっても慣れで調整できますが、成長過程の子どもには車酔いとして現れます。

また、三半規管が未熟な乳児には起こりにくく、小学生から中学生までがもっとも車酔いしやすいといわれています。

酔わずに、飽きずに乗れる工夫

酔わずに、飽きずに乗れる工夫

plantic/Shutterstock.com

子どもが乗り物酔いしなくなるためには、日頃からシーソーやブランコ、マット運動など遊びながらさまざまな方向に揺れたり、回転したりという動きに慣れておくのが効果的です。積極的に外遊びやスポーツをすることが、車酔い予防につながっています。乗り物にも何度も乗っていると動きに慣れるので、短い距離で多種の乗り物に乗り、慣れるという方法もあります。

車に乗る日は前日に睡眠をしっかり確保する、空腹や満腹を避ける、運転手は急ブレーキ、急発車をしないなどちょっとした心構えでも酔いを軽減できます。

車に飽きるのを防ぐためゲーム機や、DVD鑑賞をしがちですが、1点を見つめるこれらの方法は車酔い防止のためにはおすすめできません。子どもの好きな音楽をかける、歌を歌う、手遊びしながらできるゲームをするなど親子で遊んで気を紛らわせることが一番です。

また、距離によっては子どもが眠る夜間に出発する家庭もあるかもしれません。その場合は、子どもがぐっすり眠れるよう、身体にかけるもの、頭を固定できる枕、足を伸ばせる空気枕などを用意して熟睡できる環境を整えると快適に過ごせます。


どうしてもダメな時は?

どうしてもダメな時は?

Sokolova Maryna/ Shutterstock.com

それでも飽きた、酔った時は、いつでも車外に出て休憩できるように時間にゆとりを持ったスケジュールにしておく必要があります。飽きても、酔っても一度車から降りることができるとリフレッシュします。最近のパーキングエリアは公園のような広場があるところもあるので、前もってチェックしておくのがおすすめです。「混んでいないうちに進みたい・・・」など、大人の事情はありますが、できればトラブルがなくても1、2時間ごとに休憩を取るようにしましょう。

車酔いをしても道路事情で止められない時に、近場をじっと見つめると車酔いを増長します。窓を開けて遠くを見るか、目を閉じてしまいましょう。シートに頭を固定させて揺れないようじっとしておくのも効果があります。氷水を口に含むのも有効ですので、あらかじめ水筒に用意しておくといいですね。

子連れドライブ必携、車内の便利グッズ

子連れドライブ必携、車内の便利グッズ

Humpback_Whale/Shutterstock.com

子どもとのドライブはトラブルがいつ起こっても対応できるよう、事前の準備が必要です。氷水の他にもあらかじめ用意しておきたいのは、エチケット袋、携帯用トイレ、ウエットティッシュ、着替え、おもちゃ、お菓子、飲み物、タオルケット、枕になるもの、などです。

枕や足枕を用意しておくと、長距離でも疲れにくくなります。 忘れがちなのは携帯トイレです。100円ショップでも売っていますが、液体がすぐに固まり、しっかり口を閉じることもできます。使用する確率はほとんどなくても緊急用に持っておくと安心です。

子どもとのドライブは予定通りにはいきにくいものです。それでも時間に余裕をもって、しっかり準備しておけば、快適なドライブが楽しめるはずです。