ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
成人前のお子さんがいる人必見!成人の日に向けた準備ってどうすればいいの?
出典 : akiyoko/Shutterstock.com

成人前のお子さんがいる人必見!成人の日に向けた準備ってどうすればいいの?

あと数年で迎える、子どもの成人の日。当日に「しまった!」なんて事態に陥らないためには、今からしっかりと段取りを把握しておく必要があります。一生に一度の晴れ舞台が最高のものとなるよう、まずは心の準備から始めましょう。

  • ShuShu

成人の日って、いつ? その由来は?

成人の日って、いつ? その由来は?

takayuki/Shutterstock.com

二十歳の節目を祝う、成人の日。平成11年までは毎年1月15日に制定されていましたが、ハッピーマンデー制度により、今では“1月の第2月曜日”に変更されました。この日、日本各地で成人式が執り行われますが、そもそも成人の日とはいつからどのように始まったものなのでしょうか。

日本には、古くから成人を祝う通過儀礼がありました。男子では12~16歳で行われた“元服”、女子では8~12歳で行われた“裳着”などがそれにあたります。今のように二十歳でお祝いをするようになったのは戦後になってからで、いわゆる“成人式”が初めて行われたのは1946年、埼玉県の現・蕨市で開催された“青年祭”であったといわれています。それがやがて全国に広まり、“成人の日”として祝日に制定されました。

成人の日に、振り袖を着る理由って?

成人の日は、町中で振り袖姿の若い女性を見かけます。美しく華やかな光景で、見ているだけでお祝いムードを楽しむことができますよね。しかし、なぜ成人の日に女性は振り袖を、男性は紋付袴を着用するのでしょうか。

その理由は、「冠婚葬祭」という言葉からも知ることができます。冠婚葬祭とは、“古来もっとも重要とされてきた4つの大きな儀式”のことで、じつは、この「冠」とは成人の儀式のことをさしています。

つまり、成人式は“もっとも格式の高い儀式のひとつ”であるため、女性は振り袖、男性は紋付袴といった礼装でのぞむのがマナーなのです。

成人の日の準備は、いつから何をすればいい?

成人の日の準備は、いつから何をすればいい?

kun7/Shutterstock.com

ひと昔前まではすべて買いそろえていた衣装も、今ではレンタルがあたりまえ。でも、初めての場合いつ頃から下見や予約を始めればいいのかわからず、困ってしまいますよね。成人の日の準備は、思っているより早くスタートしているものです。出遅れて後悔することのないよう、しっかりとチェックしましょう。

【成人式の2年前~】まずは、情報集め

最新の振り袖カタログを取り寄せたり、近くの振り袖フェアをチェックしてみるなど、振り袖や成人式についての情報を集めましょう。実際にお店をのぞいてみるのもおすすめ。まだ早すぎるように思えますが、早期割引やさまざまな特典を知ることができます。

【成人式の1年半~1年前】振り袖・プランなどの予約

実際にお店へ行き、振り袖を試着してみましょう。成人式用の振り袖の新作は、前の年の10月頃から発表され始め、1月には出そろいます。人気のデザインはすぐに予約が入ってしまうので、タイミング等、注意が必要です。

その他、前撮りなどのプランの説明を受け、予約へと進みます。時期によっては混み合うので、事前に予約をしてから来店しましょう。

【成人式の1年~10カ月前】前撮り・写真セレクト

本番同様に着付けとヘアメイクをし、前撮りをします。ヘアアレンジやメイクについて希望があれば、ここでしっかりと伝えましょう。スタジオや野外などで撮影をした後、アルバムに残す写真をセレクトします。基本料金に何ポーズ含まれるのか、予約の時点からしっかりと確認しておきましょう。

【成人式当日】

着付けに向かう際には、小物等、持ち物に忘れ物がないよう注意しましょう。成人式終了後、振り袖の返却は当日なのか、翌日なのかも事前にしっかり確認しておきましょう。お店によっては、コンビニから荷物として返送すればOKという場合もあります。

かかる費用はどれくらい?

かかる費用はどれくらい?

PR Image Factory/Shutterstock.com

一生に一度の晴れ舞台だから、気に入った着物を着せてやりたいし、写真もたくさん残してあげたい・・・でもいったい、いくらかかるの!? 出資者である親としては、一番気になるところですよね。実際のところ、かかる費用は選ぶ振り袖やプランによって大きく異なるのですが、だいたいの相場は以下のとおりとなっています。

振り袖一式

衣装代は、成人の日にかかる費用の大部分を占めます。レンタルでは3~10万円が相場といわれ、特別な振り袖一式となると、20~40万円くらいの費用になるとされています。

前撮り撮影

着付けやヘアメイクを含めた前撮りの写真撮影は3~7万円が相場ですが、レンタルのプラン料金に含まれている場合もあります。野外撮影など、少し豪華なアルバムにする場合は、10万円くらいの費用になるとされています。

成人の日の準備で、気をつけたいこと

成人の日の準備で、気をつけたいこと

takayuki/Shutterstock.com

振り袖は服の上から試着をするので、ハイネックやワイドパンツなどは避けましょう。襟元の印象がわかりづらくなってしまいます。また、振り袖は顔うつりや柄のバランスで印象が変わるので、積極的に試着してみましょう。

まれに、下見や試着が有料のお店もあるため、電話やメールで来店の予約をする際には、事前に確認をしておくと安心です。

親にとっても子にとっても、人生の節目となる成人の日。この大切な日を、後悔なく満足なものにするためには、早めの準備を心がけることが大切です。まずは、近くのお店の評判や流行りの振り袖など、情報集めから始めてみましょう。