ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
私もできる!? ソフトテニス(軟式テニス)が人気の理由とは
出典 : nd3000/Shutterstock.com

私もできる!? ソフトテニス(軟式テニス)が人気の理由とは

ソフトテニスを知っていますか? ソフトテニスとはやわらかいボールを使って行う軟式テニスのことです。何かを始めてみたいと思っている人、健康のためにスポーツをしようと考えている人、候補にソフトテニスはどうですか?

  • 鈴木

ソフトテニスってなに?

ソフトテニスってなに?

antoniodiaz/Shutterstock.com

ソフトテニスは、硬式テニスに対して『軟式テニス』とも呼ばれます。
ソフトテニスとは、ネットを挟んで相手と向かい合い、ゴム製のボールを専用のラケットを使って打ち合い、ノーバウンドかワンバウンドでボールを相手コートに打ち返すスポーツです。サービス2本のどちらか1本がサービスエリアに入ればゲームが始まります。
試合は、7ゲームマッチの4ゲーム先取、または9ゲームマッチの5ゲーム先取で行われるのが一般的です。ただし、1セットの勝負が決まる直前に同点となると、2ポイント連続で取った方がそのゲームを取ります。これをデュースといいます。また、ファイナルゲームだけは7ポイント先取で行います。
ソフトテニスの試合にはダブルスとシングルスがあり、個人戦と団体戦があります。

ソフトテニスの発祥は?

ソフトテニスの発祥は?

jorgen mcleman/Shutterstock.com

テニスの起源は紀元前のエジプト

テニスの発祥は紀元前のエジプトといわれています。エジプトには、テニスの様子を描いた壁画が残されているそうですが、それはゲームやスポーツというよりも宗教的な意味があったようです。
その後、現在のテニスの原型となるものが誕生したのは11~12世紀のフランスです。修道院で貴族が手のひらや手袋を使ってボールを打ち合って楽しんでいたのが始まりとされています。当時は、まだラケットらしきものは登場しておらず、“手のひらを使ったゲーム”を意味する『ジュ・ド・ポーム』と呼ばれていました。現在のテニスとは随分違いますが、それでもこの遊びは人気を博し、フランス王ルイ10世も愛好者だったと伝えられています。
16世紀になると盛んに行われるようになり、この頃に現在のラケットの原型ができたと考えられています。当初は、羊の腸を繊維状にした物をガットとして張っていました。ガットとは「腸」を意味しており、名前の由来でもあります。

ソフトテニスの発祥は日本!

紀元前のエジプトを起源とするテニスの歴史。日本でのテニスの歴史はいつから始まるのでしょうか?
ソフトテニスの歴史は硬式テニスの伝来から始まります。明治 11(1878)年、イギリスから「硬式庭球」が横浜居留地に伝わりました。これをアメリカ人の医師で体育教師のリーランド氏が学生に教えたのが始まりだといわれています。当時、硬球の入手は容易ではなかったため、おもちゃ用のゴム製ボールを使ってテニスを楽しんでいました。後の明治 23(1890)年、輸入していたゴムボールをヒントに、三田土ゴムが日本製のテニス用ゴムボールの製造を始めます。これが日本最古のゴム製造です。三田土ゴムは昭和20 (1945)年に 昭和ゴム工業に吸収合併されました。
こうして日本で『軟式庭球』として誕生したソフトテニス。軟式庭球大会として残っているもっとも古い記録は明治31(1898)年ですが、昭和 31 年にはアジア大会、昭和 50 年には第 1 回世界選手権大会を開催し、国際スポーツの仲間入りを果たしました。ソフトテニスに改称したのは平成 4 年のことです。
今では、老若男女問わず幅広い年齢層が楽しめるスポーツとして浸透しています。

ソフトテニスの魅力は?

ソフトテニスの魅力は?

MilanMarkovic78/Shutterstock.com

●ソフトテニスは軽くやわらかいボールを使用しているため、ラケットを振ることやボールがラケットに当たった時の衝撃が少なく、つまり体への負担が少なく、幅広い年齢層の人々が楽しむことができます。
●軽くやわらかいボールを使用しているため、打った時の打球感が軽く、爽快です。
●ゴムボールを使用することによって、ボールのスピードや軌道、跳ね方が多彩になり、プレーとしてのおもしろさにつながっています。
●ソフトテニスは試合中の発声について厳しく規制されていない場合が多く、ポイントを取った時の歓喜の声など選手のリアクションが大きく、また応援も盛り上がり、活気があふれます。
●一般的に考えると、たとえば短距離走なら若い人の方が有利ですが、テニスの場合は、コースなどの戦略が重要になってきますから、プレイスタイルを工夫することで、若い人に勝つことも可能です。

ソフトテニスの服装は?

ソフトテニスの服装は?

Myroslava Malovana/Shutterstock.com

練習や地域の大会、サークルやスクール主催の練習試合や大会でとくに定めのない場合は、動きやすい服装をすればOKです。
日本ソフトテニス連盟が主催する公式な大会に出場する場合は、決められたユニフォームを着用します。ソフトテニスの「ユニフォーム」とは、4~6cmの襟付きで、前立てにファスナーかボタン付きの半袖のスポーツシャツと裾が膝より上のパンツ、またはスコートです。
ただし、女子のワンピース及び襟なしノースリーブのスポーツシャツ(Tシャツを除く)はユニフォームとみなされます。アンダーウエア(インナーウェア)の着用については、襟元を除き、ユニフォームから露出して着用することは認められていませんが、長袖アンダーウエアの着用については大会主催者が認める場合は着用が可能です。

ソフトテニスウェアのお手入れは?

ファブリーズ布用消臭スプレー SPORTS

ファブリーズ布用消臭スプレー SPORTS

ソフトテニスは楽しく、汗を流してスポーツをすることは爽快ですが、問題はその後です。汗をかいた後はニオイが気になります。とくにシューズの中は、一年を通してニオイが心配です。そんな時、活躍してくれるのが「ファブリーズ布用消臭スプレー SPORTS」です。
ファブリーズ布用消臭スプレー SPORTSは、スポーツの汗臭に特化して強力消臭。頑固な汗のニオイも、ニオイ分子から破壊してくれます。しかも、ニオイ菌の増殖を長時間抑え、ニオイの原因となる菌を99.9%除菌! 使い方は、ソフトテニスで使った後のシューズの中敷きに向けて各10回、スプレーするだけです。これで安心して思い切りソフトテニスを楽しめますね!

子どもも大人も、年を重ねても楽しめるソフトテニス。日本生まれだったとは、ますます親近感がわきますね!