ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ほこりはどこからやってきた? あなたの部屋のほこり発生の原因を探そう!!
出典 : Prostock-studio/Shutterstock.com

ほこりはどこからやってきた? あなたの部屋のほこり発生の原因を探そう!!

毎日どこからともなく降って湧いてくるほこり。ハイハイする時期の小さな子どもがいると、なおさら気になります。いったい何が原因で次々ほこりが発生するのでしょうか? もしかしたら、あなたの部屋の中にはほこりの大きな発生源があるかもしれません。

  • terasaki

ほこりの正体

ほこりの正体

Vipada Kanajod/Shutterstock.com

ほこりを広げて拡大してみると、その内容の大部分が繊維のクズがあることがわかります。ほこりは繊維のクズを主成分に髪の毛、食べこぼし、剥がれ落ちた皮膚のカケラ、砂、花粉、虫の死骸などが絡まりあってできたものです。外から入ってきたものはほんのわずかで、ほとんどが家の中で発生した布製品、紙製品の繊維のクズなのです。


しかし、主たるものが繊維クズのかたまりとはいえ、ほこり中には確実にダニ、カビの胞子、細菌などが莫大な量含まれています。できる限りの除去はもちろん、発生自体を抑えたいものです。

あなたの部屋のほこりの原因は?

あなたの部屋のほこりの原因は?

Pixavril/Shutterstock.com

布団、タオル、洋服、カーペット、絨毯、新聞、雑誌、書籍、ティシュ、トイレットペーパー、キッチンペーパーなど、部屋の中には無数の布製品、紙製品があります。それらの存在すべてがほこりの元になっています。
紙製品も布製品も生活必需品が多く、主因の排除はとてもではないですが不可能です。

しかし、その中でも発生の元凶となっているものがあるはずです。とくに、布団は布製品の中でもほこりが発生しやすく、布団を干した後掃除機で丁寧に吸い、シーツなどのリネン類をこまめに洗うだけで、その発生を大きく抑えることができます。

部屋の中にテーブルクロスや布製のソファ、カーペット、クッション、ぬいぐるみがあればこれらもほこりの発生率をあげています。不要であれば、思い切って処分するのがおすすめです。

また、部屋の中に古新聞や雑誌を置いたままにしている、本棚の中に本が詰まっているなども、置いているだけでほこりの発生源になります。紙類は古ければ古いほど繊維クズが出ます。古いものは処分し、大切なものは、丁寧に手入れをして、紙から出る繊維クズも減らすようにしましょう。

こんなものからも!? 意外なほこりの発生源

こんなものからも!? 意外なほこりの発生源

Studio Dagdagaz/Shutterstock.com

見落としがちですが、ティシュやトイレットペーパーを勢いよく引き抜くのも、ほこりを増やしている元になっています。使用量は最小限にして、引き抜く時はやさしく扱うようにするだけでも違いが出ます。

布製品と紙製品だけでなく、部屋に住む人間からもほこりの元は出ます。髪の毛、皮膚が剥がれたもの、フケなどです。これらはどうしようもないので、掃除して除去しなければなりません。

ほこりはしつこい

ほこりはしつこい

cunaplusShutterstock.com

ほこりを掃除しようと、掃除機をかけた数時間後に早くもほこりが溜まっていることもよくあります。それは掃除の際、舞い上がってしまったほこり、床より高い位置にあったほこりが時間の経過とともに沈下していることから起こります。じつは、床の掃除を丁寧に行っても部屋の中のほこりは半分しか取れていないのです。

ほこりは人が歩くだけでも舞い上がります。1度舞い上がると半日近く空中に漂うため、1日1回掃除をしたところで、除去しきるのは難しいことです。ほこりはとてもしつこいため、舞い上がる前の対策も大切です。朝起きたすぐ、帰宅してすぐにモップをかけることで舞い上がるのを防ぐことができます。

うんざりするほど次々に発生するほこりですが、発生源に気をつけるだけで大きくその量を減らすことができます。部屋の中を改めて見直し、この機会に発生源を突き止めてみませんか?