ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
南国土佐・高知よさこい祭りに挑戦!
出典 : fumoto_s/Shutterstock.com

南国土佐・高知よさこい祭りに挑戦!

毎年、高知で開催されている「よさこい祭り」を知っていますか? 民謡「よさこい節」から始まった本祭りは、その圧巻さから全国に波及し、日本を代表するイベントのひとつとなっています。

  • 鈴木

元祖よさこい祭りとは?

元祖よさこい祭りとは?

fumoto_s/Shutterstock.com

「よさこい祭り」とは、毎年8月9日の前夜祭から12日までの4日間、四国は高知県で開催される夏祭り。高知市内競演場9箇所と演舞上7箇所で開催される大規模なものです。参加チームは、約200チーム! じつに約18000人もの踊り子たちが踊ります。
華やかな衣装が見どころのひとつとして、今では全国各地で盛り上がりを見せているよさこい祭りですが、元祖といえば、高知のよさこい祭りです。この祭りは、不況を吹き飛ばし、市民の健康と繁栄を祈願し、また商店街の振興のために高知商工会議所が中心となって昭和29年8月に始めた祭りです。今となっては偉大な歴史の一歩といえる、昭和29年の第1回の参加は21チーム、参加者は750人だったといいます。その30年後、第30回には踊り子人数10000人を突破しました。

よさこい6大要素とは?

よさこい6大要素とは?

Theerapol Pongkangsananan/Shutterstock.com

よさこい祭りの魅力は、常に進化し続け、チームがどんどんと個性的になっているところにあるといえます。
音楽も衣装も振り付けもさまざまで、各チームが工夫を凝らして個性を発揮しようとしています。
そうした中、よさこい祭りを織りなす6つの必須要素があることを知っていますか?

●衣装
和風なものからモダンなものまでバリエーション豊富。アクセサリーなどの装飾も抜かりなく、見た目も大事ですが踊りやすさや快適さも必要。各チームとも趣向を凝らしたコスチュームは大きな見どころです。翌年の前夜祭出場のかかった採点基準であるため、各チームとも衣装へのこだわりは大きく、そうやってよさこい祭りの衣装は進化を続けています。

●鳴子(なるこ)
鳴子は田畑を荒らす鳥をおどし追うのに用いた道具でしたが、今ではよさこい祭りで使う楽器として知られます。朱色に黄色と黒色の昔ながらの鳴子から、チームの衣装に合わせたオリジナルカラーのものまでさまざま。数年前から鳴子の打ち方も審査基準に加わったため、参加者も練習に余念がありません。全国的には、鳴子を持たずに踊るチームもあるようですが、本場のよさこい祭りは鳴子も見どころのひとつです。

●踊り
なんといっても踊りはよさこい祭りの魅力です。「鳴子を鳴らし前進する踊りであること」以外に決まりはなく、自由に踊ってOK! チームワークのスケール感や熱気に包まれた多彩な踊りは圧巻です。

●音楽
もともとの「よさこい鳴子踊り」は、昭和29年の祭り発足時に愛媛県出身で高知県在住の武政英策が民謡「よさこい節」をベースに作った曲でした。現在は、曲のどこかに「よさこい鳴子踊り」のフレーズを盛り込むこと以外は自由です。そのためさまざまなメロディーが交錯し、ひとくちに賑わいというよりもまるでイリュージョンのような世界が広がります。

●地方車(じかたしゃ)
地方車は音楽の発信源であり、移動可能なチームのバックヤード的な役割をします。ドライアイスが吹き出たり、夜になるとネオンで彩られたり、装飾を凝らした地方車も多くあります。踊りが始まると、ステージとなり、ミュージシャンや歌やパフォーマンスが始まるなどし、祭りがいっそう盛り上がります。

●メダル
何十年もよさこいを見てきた審査員の審美眼で笑顔と元気みなぎる踊り子へメダルが授与されます。昭和39年、各競演場で個人賞を決定し、その場で授与したのが始まりです。踊り子の勲章といえます。

全国各地で開催されているよさこい祭り

全国各地で開催されているよさこい祭り

ParabolStudio/Shutterstock.com

魅力あふれるよさこい祭り。現在では全国によさこいの輪が広がり、全国各地で特色あるよさこい祭りが開催されております。

●YOSAKOIソーラン祭り(北海道)
1992年、よさこい祭りの「鳴子」と北海道の民謡「ソーラン節」をミックスして誕生した祭りです。さまざまな衣装を身にまとい、鳴子を手にした踊り子たちがソーラン節のメロディーに合わせて踊ります。毎年3万人前後が参加する大規模なもので、海外から参加する人もいます。

●能登よさこい祭り(石川県)
北陸・能登の観光名所として有名な和倉温泉で平成9年から始まった「能登よさこい祭り」。“能登は一つ「風土(つち)の唄で踊れよさこいただ狂え」”をテーマに毎年スケールアップしています。

●みちのくYOSAKOIまつり(宮城県)
毎年10月初旬に仙台市内で開催されている「みちのくYOSAKOIまつり」。鳴子を手に持ち、曲に東北か地元の民謡を織り込むことが条件のこのよさこいには、全国から160前後のチームが参加し、参加人数は約8,000人に上ります。

●世界に広がるよさこい祭り!
高知市の姉妹都市、インドネシアのスラバヤ市では、2003年から「スラバヤよさこい祭り」が開催されています。インドネシアの伝統文化と高知の「よさこい」を融合させ、尚かつ本家同様に衣装や振り付けに工夫を凝らした個性豊かな踊りが披露されています。

よさこい祭りに参加する方法は?

よさこい祭りに参加する方法は?

Damir Khabirov/Shutterstock.com

よさこい祭りには、踊り子、地方車、救護車・給水車、踊り(振り付け)についてのさまざまなルールがあり、早い時期から綿密な準備が行われています。
全国各地で行われているよさこい祭りに参加するためには、参加チーム向けの資料を熟読した上で各種提出書類が必要になります。詳細は各地の市町村によって異なるので、主催者に問い合わせましょう。

衣装のお手入れ方法と消臭対策

衣装のお手入れ方法と消臭対策

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

よさこい祭りで踊るのは楽しいですが、楽しめば楽しむほど汗をたっぷりかくことでしょう。そこで気になるのは汗のニオイです。汗のついた衣装を温存しておくのは1秒でも気持ち悪いものです。そんな時は「ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー」を使ってみてはいかが?
ファブリーズ布用除菌・消臭スプレーは、スプレーするだけの瞬間お洗濯! しっかり消臭してくれ、しっかり除菌してくれます。使い方は、衣装など布製品から20~30cm程度離して上下とも前から後ろから各5回程度を目安にスプレーするだけ! ぜひ試してみて!

祭り自体は、初夏から秋にかけて行われる場合が多いですが、有名チームになると、さまざまなイベントに招かれることも。また、群舞が見どころなので、シーズンオフにこそ練習を積んで祭りに挑むというのが基本です。年中衣装や練習着を使用するので、しっかりニオイケアをして楽しみたいですね。