ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
浴室排水口の掃除方法と汚れ防止策
出典 : Brilliant Eye /Shutterstock.com

浴室排水口の掃除方法と汚れ防止策

浴室の排水口は、少し油断していたらすぐに汚れてしまいます。ヌメリやカビ、髪の毛の絡まり・・・。そこで、今回は浴室の排水口の掃除方法と汚れ防止策について紹介します!

  • 鈴木

浴室排水口の汚れの原因は?

浴室排水口の汚れの原因は?

VGstockstudio /Shutterstock.com

住まいの中でも汚れやすい場所といえば浴室の排水口があげられます。何やらわからない汚れがいつの間にかたまってしまい、忙しさにかまけてつい放置するととんでもないことになってしまいます。この排水口の汚れ、原因はいったい何なのでしょうか?
私たちは浴室でシャンプーや石けんを使って身体や頭髪の汚れを落としています。身体はキレイになりますが、身体についていた垢やホコリは洗い流した水とともにすべて排水口に向かっていくわけです。排水口は垢やホコリが混じった、汚れた水の一切合切を受け止めているわけです。
つまり、身体から出る皮脂も頭皮から出てくるフケなど老廃物、抜け落ちた髪の毛、石けん、シャンプー、コンディショナーやその残りカス、ホコリや花粉や繊維くずやら、浴室で水とともに流されているすべてのものが排水口の汚れの原因といえます。

排水口の汚れを放置すると?

排水口の汚れを放置すると?

Nor Gal /Shutterstock.com

排水口の汚れは、こまめに取り除いていれば大事には至らないわけですが、不覚にも放置してしまうとどうなるのでしょうか?
まず、汚れはすぐに黒ずみやヌメリなどに変化します。黒ずみは黒カビ、ヌメリは雑菌です。見た目に気持ち悪く、お風呂に入った時に不快に感じてしまうでしょう。見た目だけではなく、雑菌の繁殖は悪臭の原因にもなります。また、黒カビや雑菌の栄養分は人間の皮脂や石けんカスなので、放置すればするほど勢力を拡大することになります。
あまりにも放置すると、髪の毛などと絡まったヌメリ汚れが液状から固形化、肥大化しながら排水口から配水管(パイプ)の奥へ行き、水の流れを塞いでしまい、水の流れが悪くなったり、詰まる原因になります。たかが汚れと思って侮っていてはいけません。水回りのトラブルに発展してしまう可能性を秘めているというわけです。

排水口の掃除方法は?

排水口の掃除方法は?

ProStockStudio /Shutterstock.com

手で触るのがためらわれるくらい、汚れがたまってしまった場合は「塩素系漂白剤」を使用して掃除すると良いでしょう。洗浄だけでなく、除菌もしてくれます。
スプレータイプの塩素系漂白剤を使用する場合、まずは排水口のトラップとフタ(目皿)を外し、髪の毛などの汚れを取り除きます。次に、排水口のパーツすべてにまんべんなく塩素系漂白剤をスプレーし、20~30分程度放置します。後は水で洗い流すだけです。
液体の塩素系漂白剤を使用する場合は、表記されている分量に希釈するなどした上で、排水口のトラップとフタ(目皿)を外してバケツなどにつけ置きします。
いずれも汚れが残っていた場合は、使い古した歯ブラシなどでこすり洗いをしましょう。

排水口の汚れ防止策は?

排水口の汚れ防止策は?

MsMaria/Shutterstock.com

汚れ防止の最善策は、汚れをためないことです。毎日、髪の毛などの汚れを取り除き、シャワーで洗い流しておけば黒カビもヌメリも発生しません。
最近では、排水口の汚れをカンタンに取るためのさまざまなアイデアグッズが売られています。
たとえば排水を渦巻き状の水流にして、中央にまとまった髪を裏返してポンとゴミ箱に落とせるユニットバス用の排水口の目皿や髪の毛などが配水管(パイプ)に行かないようにするメッシュタイプの目皿カバーなど。それらを使用するのもひとつの方法です。
また、3cmくらいに丸めたアルミホイルを排水トラップのフタの上に置いておくと、水が流れるたびアルミホイルから金属イオンが発生し、菌の繁殖を防いでくれます。

このように、排水口の汚れは放置すると掃除がたいへんで、詰まりなどのトラブルになりますが、毎日のちょっとした心がけ次第でキレイに保つことができます。バスタイムを気持ちよく過ごすためにもこまめにお掃除しましょう!