ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
開けてびっくり! トイレタンクの黒カビ汚染。重曹などを使って掃除する方法
出典 : New Africa/Shutterstock.com

開けてびっくり! トイレタンクの黒カビ汚染。重曹などを使って掃除する方法

フタを開けてがく然・・・。トイレタンクの中に生えた黒カビはどう除去すればいいのでしょうか。放っておくと、便器にまで被害が及ぶため、水を止めてしっかり取り除く必要があります。まずは掃除の手順を知って、厄介な黒カビを退治しましょう。

  • 創文舎 arisa_125

トイレタンクのカビのお掃除方法

共働き世帯が主流の今、まとまった時間が取れないこともあって、トイレ掃除は週1回が多数派のようです。トイレブラシで便器を磨き、便座はもちろん、トイレ本体、壁、床などを流せるトイレクリーナーで拭くのが一般的な掃除方法ですが、それで終わりではありません。もう1ヵ所、しっかり掃除してほしいところがあります。それは、トイレタンクです。

最近はシンプルでスタイリッシュなタンクレストイレも人気を呼んでいますが、まだまだタンクつきトイレの方が多いはず。トイレのリフォームを考えている人は、掃除の手間が省けるタンクレストイレに変えてみるのも一案です。

トイレタンクのお掃除術

Africa Studio/ Shutterstock.com

しっかり掃除する場合

年に1度の大掃除の時は、トイレも時間をかけてきれいにしましょう。手順さえ押さえておけば、初めてでもスムーズにできるはず。手間取らないよう、必要なものはあらかじめそろえておきましょう。

準備するもの

●マイナスドライバー
●ゴム手袋
●スポンジ
●古歯ブラシ
●トイレ用中性洗剤
●使い捨てトイレクリーナー

掃除の手順

1.マイナスドライバーを使ってトイレの止水栓を止める
2.トイレタンクのフタをはずす。トイレにもよるが、中ブタがついている場合は中ブタもはずす
3.黒カビが生えているところを中心に、タンク内に中性洗剤を吹き付け、スポンジや古歯ブラシを使って汚れを落とす
4.フタの裏や中ブタも中性洗剤を使ってきれいにする
5.止水栓を開けて、内部をすすぐ。バケツなどに水を入れてすすいでもOK
6.水分を拭き取った中ブタとフタを元に戻して完了

手軽に掃除する場合

忙しくて時間が取れないという人は、タンクの中に入れるだけで汚れが落ちる専用の洗剤を使うといいでしょう。ただし、この場合はフタの裏や中ブタについた汚れをきれいにすることはできません。

洗剤がない場合は重曹でも代用できます。トイレタンクの中にカップ1杯の重曹を入れ、6時間程度放置します。その間、トイレを使うことができないため、外出前に入れておき、帰宅後洗浄レバーを回せば掃除終了です。定期的に行えば、カビ予防にもなります。

そもそもトイレタンクの掃除は必要なの?

えっ!? トイレタンクも掃除するの?

ewapee/ Shutterstock.com

ところで、トイレタンクと聞いて、掃除の必要性を初めて知った人も多いと思いますが、フタを開けてみるとその理由がよくわかります。とくに、入居してから1度も掃除をしたことがない人は、びっしりと生えた黒カビに驚くはず。

つねに水が入ったトイレタンクは、湿気によってカビが発生しやすい場所です。そのままにしておくと、水を流した時にカビも一緒に移動し、便器自体が汚れてしまうことも。これでは、たとえ表面だけ毎日掃除をしても、きれいになるわけがありません。

ひんぱんに行う必要はありませんが、最低でも年に1回はタンク内のカビを取り除いて、トイレのリフレッシュを図りましょう。「掃除をしてもすぐに汚れる」と感じている人は、一度トイレタンクを開けて、確認してみることをおすすめします。

トイレタンクは黒カビの巣窟

トイレタンクは黒カビの巣窟

RutBerg/ Shutterstock.com

家のいたるところに発生する黒カビは、「クロカワカビ」とも呼ばれ、日本だけでなく、世界各地で見られるカビです。湿気の多いところで生育するため、洗面所や浴室、窓のサッシ、エアコン内部などに発生し、掃除を怠るとあっという間に繁殖してしまいます。トイレタンク内が、黒カビの巣窟と化してしまうのもそのためです。

人や動物に健康被害を及ぼす「カビ毒」を生産することはありませんが、ぜん息などアレルギーの原因になる場合があるので注意が必要です。アルコールや熱に弱く、カビの中では比較的除去しやすい種類といえます。ただし、ゴムパッキンなどに発生すると、深く菌糸が入り込んでしまうため、表面だけきれいにしても、またすぐに生えてくる厄介なカビでもあります。

トイレタンクの中をきれいにすると、便器自体も汚れにくくなるため、まさに一石二鳥です。わざわざフタを開けてまで掃除するのはタイヘンですが、年に1度と割り切れば、それほど負担にも感じないはず。トイレをピカピカにすれば、気分も爽快になりますよ。