ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
教えます! 意外と知らない金属製ゴミの処分方法
出典 : Ralf Geithe/Shutterstock.com

教えます! 意外と知らない金属製ゴミの処分方法

家庭から出る金属製のゴミ。処分する機会が少ないせいかどうやって処分すればいいのかわからない人も多いはず。そこで今回は、金属製ゴミの正しい処分方法について紹介します。

  • 創文舎 hiderio888

金属ゴミの捨て方は自治体によって異なる

金属ゴミの捨て方は自治体によって異なる

Vereshchagin Dmitry /Shutterstock.com

家庭から出た金属製の不用品をゴミとして出す場合、各自治体によって捨て方が異なります。

焦げ付いてしまって使えなくなったフライパンから、新しく買い替えたために不用になった家電製品など、一口に金属ゴミといってもさまざまなものがあります。ゴミの規定については、自治体ごとに細かく定められており、金属製のどんな製品を何ゴミとして扱うのかも違えば、同じ製品でもサイズによっては一般のゴミとして扱う場合や粗大ゴミ扱いになることもあるなど、バラバラなのが現状です。

そのため、住んでいる地域の金属ゴミの処分方法を事前にしっかりと確認しておく必要があります。ルール通りに捨てなければ回収されずに放置されたり、ゴミの回収員や近所の方に迷惑をかけたりしてしまうこともあるので、十分に注意するようにしましょう。

金属ゴミとして回収されないもの

金属ゴミとして回収されないもの

mantinov/Shutterstock.com

たとえ金属でできているものでも、製品によっては金属ゴミとして回収してもらえないものがあります。先述したように、自治体によってルールに違いがありますが、概ね共通している点は次のとおりです。

電気器具・ガス器具・石油器具

カセットコンロ、金属製のライター、電気カミソリ、さらに電気器具やガス器具、石油器具類は回収してくれません。また、金属製の家電製品は家電リサイクル法によって廃棄できないものがあるため、金属ゴミとして回収してもらえないケースもあります。

収集に支障をきたす刃物類

包丁やカッターナイフなどの刃物も金属ゴミとして回収してもらえません。歯の部分を十分に保護したうえで、可燃ゴミとして回収してくれる自治体もあるようです。

また、鉄アレイのような重量のあるものに関しても、金属ゴミとして処分することはできません。

そもそも回収不可の金属製品

ガスボンベや消火器、注射針といった、本来一般のゴミとして回収していないものは、それぞれ定められた方法で処分する必要があるため、金属ゴミとしての回収は不可です。

大型ゴミ指定の金属製品

たとえ、小ぶりなものでも、大型ゴミとして扱うことが定められている製品は、金属ゴミとして回収されません。品目については、自治体ごとに細かく異なるので、捨てる前にしっかり確認しましょう。

専門業者に回収してもらう

専門業者に回収してもらう

Andrey_Popov/Shutterstock.com

自治体のルールに従って金属ゴミを処分するには、時間や手間がかかってしまうことがあります。そんな時に便利なのが、専門業者に回収してもらう方法です。

不用品回収業者なら、金属製のものでも細かいことを気にすることなく、一気に回収してもらうことができます。また、金属製品以外のゴミも一緒に引き取ってくれるので、処分したいものがたくさんある場合は利用しない手はありません。

処分費用はかかりますが、回収日や時間を指定できるため、手間をかけることになく不用品を一掃することができて、スッキリします。

自分で持ち込んで処分する

自分で持ち込んで処分する

takayuki/Shutterstock.com

回収してもらうのではなく、自分で持ち込んで処分してもらう方法もあります。

クリーンセンターなど、各自治体のごみ処理施設なら、運搬さえできればある程度大きなものでも処分してもらえる可能性があります。また、金属製品を専門に集めている業者に引き取ってもらうのもいい方法です。

事前に捨てたい金属製品が引き取り可能かどうか確認したうえで、有効に利用しましょう。

金属製ゴミの処分方法はさまざまですが、どの方法を利用する場合でもまずは確認が重要です。せっかく持ち込んだのに、引き取り不可のものであれば、無駄足になってしまいます。かといって、不法投棄は絶対にNG! 正しい捨て方を知って、気持ちよく処分することが大切です。