ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
デジタル化も効果的! ビデオテープの正しい捨て方を指南
出典 : Oleg Krugliak/Shutterstock.com

デジタル化も効果的! ビデオテープの正しい捨て方を指南

最近使うことがなくなったビデオテープ。捨てられないものもあるため、場所を取ってしまうのは承知でそのままという人も多いはず。スッキリ暮らすためにも、どうしても残しておきたい映像はデジタル化して、そろそろ処分を考えてみませんか?

  • 創文舎 hiderio888

一番カンタンなビデオテープの捨て方とは?

一番カンタンなビデオテープの捨て方とは?

Kazitafahnizeer /Shutterstock.com

ビデオテープを処分したい時の一番カンタンな方法は、自治体にゴミとして回収してもらうことです。

ここで気をつけたいのは、自治体によってビデオテープの扱いが違うため、回収方法や処分の仕方が異なるということ。

たとえば、横浜市ではビデオテープは可燃ゴミとして扱われていますが、京都市では資源物として扱われるため、指定の場所に持ち込まなければ回収してもらえません。

そのため、ビデオテープをゴミとして回収してもらいたい場合は、何ゴミの扱いになるのか、回収場所はどこなのかなどを事前に確認しておく必要があります。

大量のビデオテープは業者に依頼する

大量のビデオテープは業者に依頼する

Geo-grafika/Shutterstock.com

不用になったビデオテープが大量にある場合は、不用品回収業者に引き取ってもらい、処分をしてもらうのも一つの方法です。

引き取ってもらうための費用は発生しますが、ビデオテープ以外のものもまとめて回収してくれるため、引っ越しや実家の整理など、大量に不用品が出るような場合にはたいへん便利です。

回収日時を指定しておけば、自宅まで回収に来てくれるため、手間と時間をかけるのがイヤという人にはおすすめの方法です。

ただし、業者の中には無料回収をうたいながら、回収したとたんに料金を請求してくるケースもあります。基本的に無料回収をPRしている業者は避けた方が賢明です。

自分で持ち込んで処分する方法も

自分で持ち込んで処分する方法も

m.mphoto/Shutterstock.com

ビデオテープのほか、まとまった量のゴミを処分したい場合は、車に積んで自分で処分場に持ち込む方法もあります。

各自治体にはクリーンセンターなどのごみ処理場があるので、申請書と身分証明書、車検証などの必要書類を用意すれば、自分でゴミを持ち込んで処分することが可能です。捨てるものの量によっては、不用品回収業者に依頼するよりもかかる費用を安く抑えることができます。

持ち込める時間帯や手数料は各処分場によって異なるため、利用する際は事前に確認するようにしましょう。

記録媒体は中身を消去して捨てる

記録媒体は中身を消去して捨てる

Piotr Wytrazek/Shutterstock.com

ビデオテープを処分する際に注意しておかなければならないことがあります。ビデオテープは記録媒体なので、中身を消去してから捨てるのが基本です。

中には、重要な内容が記録されているものがあるかもしれません。子どもの成長の記録など、プライバシーに関するものもあるはずです。記録を残したまま捨てて、悪用されてしまってはたいへんです。

ビデオテープは、磁気テープを引っ張りだしてはさみで切るなど、中身を再生できないように処理してから捨てるようにしましょう。面倒でも、一つひとつ処理することが大切です。

ビデオテープの記録をデジタル化する

ビデオテープの記録をデジタル化する

Axel Alvarez/Shutterstock.com

ビデオに録画されている内容を残しておきたい場合は、DVDなどに移して保管しましょう。

VHSのビデオテープからDVDなどにデータを移す場合は、たとえばDVDの再生機能が付いたビデオデッキを使うほか、ビデオデッキとパソコンを使う方法もあります。また、ダビングを代行してくれる業者もあるので、ビデオデッキを持っていなくても問題ありません。

デジタル化することで劣化も少なくなり、記録媒体も小さくなるので保管もしやすくなるでしょう。大切な記録を末永く残しておきたい場合は、検討してみてはどうでしょうか?

残しておくと場所を取ってしまうビデオテープ。今はデジタル化もカンタンにできるので、引っ越しなどを機に、スッキリ整理して心機一転を図りましょう。