ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
急な来客の時に便利!お部屋に一つ、ポイポイっとまとめて収納できるアイテムとは?
出典 : takayuki/Shutterstock.com

急な来客の時に便利!お部屋に一つ、ポイポイっとまとめて収納できるアイテムとは?

散らかっているものをポンポンっと入れるだけで部屋がスッキリと片付いて、さらには、おしゃれなインテリアとしても楽しめる・・・。そんな便利な収納アイテムを紹介します。片付けが苦手な人、必見ですよ!

  • ShuShu

便利な収納アイテムを駆使すれば、家の中はスッキリ!

便利な収納アイテムを駆使すれば、家の中はスッキリ!

sirtravelalot/Shutterstock.com

急な来客に、家の中を大慌てで片付ける・・・そんな経験、ありませんか? 散らかっていたものはとりあえずクローゼットの中に押し込んだけれど、後になって必要なものが見つからなくて困った、なんてことありますよね。

それほど掃除をさぼっているつもりもないのに、どうして部屋が散らかるのでしょうか? その大きな理由としてあげられるのが、「使ったものを、元の場所に戻さないから」。そして、なぜ元の場所に戻さないのかというと、それはずばり「元の場所に戻しにくいから」。

たとえば、脱ぎ散らかした上着は「2階の部屋のクローゼットの中」にしまうべきものなのですが、それが面倒で、ついリビングに置きっぱなしに…。それならいっそ、リビングや玄関に上着を「収納する場所」を作ってしまいましょう!

なにも、大きなチェストやハンガーラックを準備する必要はありません。カンタンにたたんで、サッと入れることのできる収納アイテムさえあればOK。この収納アイテム、服だけではなく、小物や雑誌などなんでも入れることができて、見栄えもGOODなすぐれものなんですよ。

【収納アイテム1】バスケット

【収納アイテム1】バスケット

Gaf_Lila/Shutterstock.com

まず紹介するのは、竹や籐、キャンパス生地などでできたバスケット。デザインも価格もさまざまなものがありますが、「見せる収納」として部屋に出しっぱなしにして使うには、素材がしっかりとしていて型崩れしにくく、部屋のインテリアにも合うおしゃれなデザインのものを選ぶのがポイントです。

置く場所は? 中に入れるものは?

もちろん中に入れるものは自由ですが、見た目にぬくもりがあってデザイン性が高いバスケットは、玄関やリビングなどの人目につく場所がおすすめです。また、素材が竹や藤のものは通気性にもすぐれているため、服や食品の収納にも向いています。お気に入りの布を上から掛ければ、フタの代わりになって中身を隠すこともできますよ。

●玄関に・・・上着、スリッパ、靴、マフラー、日焼け止めクリームなど
●リビングに・・・ひざ掛け、新聞、リモコン、メガネ、ティッシュなど

【収納アイテム2】ボックス

【収納アイテム2】ボックス

Champiofoto/Shutterstock.com

次に紹介するのは、収納力バツグンのボックス。折り畳みできるものや重ねて使えるものなど、種類も豊富なのが魅力です。大きめのものがひとつあるだけで、無造作にポイポイっと片付けができてとても助かるアイテムです。

置く場所は? 中に入れるものは?

丈夫で収納力バツグンのボックスは、リビングや子ども部屋にぴったり。素材がプラスチックなら、濡れたり汚れたりしてもサッと拭き取れるので、キッチンなどの水まわりにもおすすめですよ。

●リビングに・・・雑誌、書類、DVD、ゲーム機器、充電器など
●子ども部屋に・・・本、部活の道具、服飾品、おもちゃなど
●キッチン・・・保存食、野菜、米、お菓子など

【収納アイテム3】収納付きスツール

【収納アイテム3】収納付きスツール

Grigvovan/Shutterstock.com

最後に紹介するのは、収納だけでなく座ることもできて、家具として部屋に溶け込ませることができる収納付きスツール。リビングに堂々と置けるほか、寝室などに置いてもソファー代わりとして使えて、まさに一石二鳥です。

置く場所は? 中に入れるものは?

レザー調の高級感のあるものはリビングに、明るいカラーのものは子ども部屋や寝室にもおすすめです。玄関に置いておけば、靴の脱ぎ履きの際にちょっと腰掛けることもできて便利ですよ。

●リビング・・・ひざ掛け、手芸道具、雑誌、リモコンなど
●玄関・・・上着、スリッパ、マフラー、折りたたみ傘など

部屋の中にこまごまと収納場所を作るよりも、ポイポイっとまとめて収納できるアイテムを一つ置いておけば、片付けは驚くほどラクになります。ただし、いざ来客があった時に「もう入れるスペースがない!」なんて事態になっては本末転倒。収納アイテムの中身は、つねに余裕をもたせておくようにしましょう。