ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
社会人のマナーとして、ぜひ身につけておきたい!アイロンがけのコツを身につけよう
出典 : Africa Studio/Shutterstock.com

社会人のマナーとして、ぜひ身につけておきたい!アイロンがけのコツを身につけよう

アイロンがけは、社会人には欠かせないルーティンワーク。でも、アイロンって面倒だしちょっと苦手・・・という人は多いですよね。アイロンがけを正確にサッと終わらせるための、コツと手順を紹介します。

  • ShuShu

アイロンの前に、服の表示マークを確認しよう

アイロンの前に、服の表示マークを確認しよう

Andrey_Popov/Shutterstock.com

アイロンをかける前に忘れてはならないのが、服の表示マークの確認です。アイロンマークがついていればアイロンがけができますが、もし、アイロンマークに「バツ印」がついていた場合はアイロンをかけることはできません。

さらに、アイロンマークの中に書いてある印も、きちんと確認しましょう。ここに表示されているのは、服に適したアイロンの温度です。2016年12月から新しいマークに変更されているので、それ以前に製造された服とは表示が異なります。見方を間違えないように気をつけましょう。

従来表示「高」→ 新表示「・・・」
底面温度200℃を限度として、アイロン仕上げができる。

従来表示「中」→ 新表示「・・」
底面温度150℃を限度として、アイロン仕上げができる。

従来表示「低」→ 新表示「・」
底面温度100℃を限度として、スチームなしでアイロン仕上げができる。

アイロンがけを失敗しないためのポイント

服の生地を傷めてしまわないためにも、表示マークの確認はとても重要。ほかにも、アイロンがけで失敗をしないためには、いくつかのポイントがあります。アイロンをかけてもいまいちパリッと仕上がらない・・・という悩みがある人は、ぜひ試してみてください。

1 下準備はきっちりと

アイロンは下準備が大切です。アイロンを始める前に、服をアイロン台の上に広げて形を整え、シワを手でよく伸ばしておきましょう。

2 アイロンがけの時、重心は後ろに

体の後ろに重心をかけてアイロンを動かしましょう。そうして、アイロンの先端を少し浮かせぎみにするとスムーズに動かしやすくなり、生地に引っかかってシワを作ってしまうこともなくなります。

3 終わったあと、すぐにたたまない

アイロンをかけ終わっても、すぐにはたたまないこと。アイロンが終わったばかりの服には、蒸気や熱が残っています。アイロン終了後、ハンガーに30分程度吊しておくのが理想です。

「シャツ・ブラウス」のアイロンがけのコツ

「シャツ・ブラウス」のアイロンがけのコツ

Wstockstudio/Shutterstock.com

シャツやブラウスは、“人目につく部分”である「襟・肩・袖口」が重要です。ここをしっかりとプレスすることで全体がピシッと引き締まり、清潔感を演出できます。

Step1 襟・肩

襟から肩の部分は、両端から中央に向かってしっかり押さえるようにプレスしていきます。

Step2 袖

袖は、かける前にシワをよく伸ばし、脇の縫い目を目安に、袖口に向かってまっすぐプレスします。

Step3 カフス部分

カフス部分は、裏側からアイロンをあてます。片手で引っ張るようにしながらかけるのがコツです。

Step4 前身ごろ・後ろ身ごろ

前後の身ごろ部分は、アイロン台に着せるようにすると、肩の部分もカンタンにプレスできます。

「スーツ・ジャケット」のアイロンがけのコツ

「スーツ・ジャケット」のアイロンがけのコツ

leungchopan/Shutterstock.com

スーツやジャケットのアイロンがけは、「縫い目やラインに沿いながら、やさしく」が基本。素材によって適切な温度が異なるので、注意が必要です。綿や麻は180~200℃、ナイロン・アクリル素材は110~130℃、ウールはあて布をして140~160℃が目安です。

芯があるところはクセがつきやすいため、余計な折り目をつけてしまわないよう気をつけましょう。また、生地の傷みやテカリを防ぐためには、ウールに限らずあて布をすると安心です。

Step1 肩・袖

アイロン台に着せるように置き、肩の袖の上部にアイロンをかけます。肩のラインを崩さないよう、やさしくかけるようにしましょう。

Step2 前身ごろ

左右片面ずつプレスしていきます。胸襟の部分は裏側からかけて形を整え、表側のラインを決めていきます。

Step3 襟

裏側から芯地を引っ張りながらかけます。熱があるうちに両手で形を整え、表側のラインを決めていきます。

Step4 後ろ身ごろ

背中は中央から外に向かって、広げるようにアイロンをかけます。

Step5 腕

腕の部分は、立体的な形・ラインが崩れないように、やさしくていねいにかけていきましょう。

「ニット・セーター」のアイロンがけのコツ

「ニット・セーター」のアイロンがけのコツ

Andrey_Popov/Shutterstock.com

着ているうちに襟ぐりや袖口がたるんでしまうニットやセーターも、アイロンのスチームで復元することができます。ただし、ウールやカシミヤにアイロンを押しあてると、毛足がつぶれてしまうので要注意。「スチームでふっくらと蒸らす」ことがコツです。

Step1 スチームで蒸らす

たるんでしまった部分をスチームで蒸らします。アイロンは押しあてずに、浮かせたまま使いましょう。

Step2 ギュッと握る

熱のあるうちに、手でギュッと握ります。スチームをかけ過ぎると高温になるので、やけどをしないようくれぐれも注意しましょう。

Step3 形を整える

アイロンを軽くポンポンとあてて、形を整えます。凹凸になった場合は、手で編み目を寄せてからスチームで蒸らし、アイロンで整えます。

アイロンは、コツと正しい手順さえ押さえれば手早く終わらせることができます。社会人のマナーとして、ぜひ身につけておきましょう。