ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
必ずだれかの目に付く場所だからこそ!玄関の外をおしゃれに飾ろう
出典 : Dimitrios/Shutterstock.com

必ずだれかの目に付く場所だからこそ!玄関の外をおしゃれに飾ろう

玄関の外は、家の第一印象を決める大事な場所です。散らかっていたりガランと何もない状態では、来客時にちょっと恥ずかしい思いをすることも・・・。小物だけでカンタンにできる飾りつけのコツを知って、玄関の外をおしゃれに演出してみませんか?

  • ShuShu

玄関の外で、家の印象が決まるって本当?

玄関の外で、家の印象が決まるって本当?

beeboys/Shutterstock.com

玄関の外は、家族や来客を迎え入れる大切な場所。そして、道行く人たちが目にして「どんな人が住んでいるのかな?」と想像をふくらませる場所でもあります。もしも、花が枯れた鉢植えがそのままになっていたり、暗くて殺風景だったら・・・それだけで、人にマイナスの印象を与えてしまいます。

家族がホッとして家に帰って来られるように、そして、来客を気持ちよく迎えられるようにするには、玄関の外をきちんと整える必要があります。とはいえ、雑誌に出てくるようなスタイリッシュな玄関アプローチを作ったり、季節ごとにたくさんの花を咲かせるなんてことは、ちょっと難しいですよね。

玄関の外をおしゃれに飾りたいけど、あまり大がかりなことはしたくない・・・それなら、厳選した小物をうまく取り入れるのがおすすめです。ただし、気に入ったものをごちゃごちゃと飾るのはNG。知っておいて損はない、玄関の外をおしゃれに飾るための小物使いのコツを紹介します。

1 玄関の外にグリーンを飾ろう

玄関の外にグリーンを飾ろう

vzwer/Shutterstock.com

玄関の外にグリーンを飾ると、とても明るい印象になります。花はすぐに枯れてしまうからちょっと・・・という人にも、観葉植物なら手間もあまりかからずおすすめです。また、玄関の外は石やコンクリート、タイルなど無機質な素材が多く、雰囲気を和らげるためにもグリーンは欠かせません。

グリーンを飾る時のコツ

環境に合った種類を選ぼう

玄関の外は日光が当たりにくい場合が多く、グリーンにとってあまりよい環境とはいえません。必ず、5℃以上の寒さに耐えられる耐寒性と、耐陰性のある種類を選びましょう。観葉植物は1日5時間、1週間に4~5日程度は日光に当てることが理想です。出かける時には日当たりのよい場所に出すなど、ちょっとした気配りができると生育がよくなりますよ。

<おすすめのグリーン>
●アスプレニウム
●ドラセナ
●フラグランス
●フィロデンドロ
●セロウム
●モンステラ
●ゴムの木
●ユッカ

植木鉢にこだわろう

玄関の外に飾るグリーンの植木鉢は、玄関ドアや玄関ポーチのタイルの色などとのバランスを考えて、シンプルで品質のよいものを選びましょう。素材が陶器のものは少し高価ですが、落ち着きがあってどんなグリーンにも合わせやすく、また、高温で焼いているためカケにくいのが特徴。長く使うことができるのでおすすめです。

統一感を出すためには、同じデザインの植木鉢をサイズ違いで並べたり、形が違っていても素材が同じものでそろえましょう。高さのない鉢の場合は、スタンドなどで目線をアップさせると、しっかりとした存在感が出て見栄えがよくなりますよ。

2 季節感を演出しよう

季節感を演出しよう

kipgodi/Shutterstock.com

玄関ドアに季節に合わせたリースを飾ると、とても温かな雰囲気になります。リースには、「ドアから入ってくる幸せを永遠に」「歓迎」という意味があり、ヨーロッパでは古くから親しまれているラッキーアイテム。日本ではおもにクリスマスの飾りとなっていますが、じつは、1年を通して楽しめる季節感たっぷりのオブジェでもあるのです。

たとえば、春は桜、夏は笹と短冊、秋は木の実と落ち葉、冬はお正月をイメージしたものなど、季節に合わせたさまざまなデザインを楽しめます。しかも、カンタンに手作りすることができるので、初めはネットで作り方など検索しながらぜひチャレンジしてみましょう。他とはひと味違う、心のこもったウェルカムの気持ちを表現できますよ。

3 防犯対策も忘れずに

防犯対策も忘れずに

Black_Kira/Shutterstock.com

玄関の外をおしゃれに飾ると、家全体の印象がグッと華やかに明るくなりますが、一方で、気をつけなくてはならないことがあります。それは、小物を置くことで死角ができてしまい、防犯面での心配が出てくるということです。

玄関は、泥棒の侵入口としてとても危険な場所です。死角があるとピッキング被害を受けやすくなってしまうため、玄関の外に植木鉢を置く際には、「たくさん置かない」「外から見えにくくなる場所に置かない」などの点に気をつけましょう。

構造的にどうしても死角ができてしまう場合は、防犯カメラやセンサーライトを取り付けるのがおすすめです。玄関の外の飾りつけを楽しむ際には、ぜひ防犯面についても見直しをしてみましょう。

玄関の外は、毎日必ずだれかの目に付くものです。おしゃれに整えて、気持ちのよい印象を与えることができるといいですね。