ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
カビや水垢はそれぞれ別に対処して!衛生にしておきたい水切りかごの掃除方法!
出典 : Jenson/Shutterstock.com

カビや水垢はそれぞれ別に対処して!衛生にしておきたい水切りかごの掃除方法!

食器はピカピカだけど・・・よく見ると水垢やカビが気になる水切りかご。食べものを盛り付ける食器を一時的に保管しておく場所だけに、きちんと掃除をして、キレイな状態をキープしておきましょう。

  • ShuShu

水切りかごの汚れ

水切りかごの汚れ

kryzhov/Shutterstock.com

洗った後に、食器を立てかけておく水切りかご。キッチンのスペースをスッキリさせるために、置かない人もいるようですが、あると便利なアイテムの一つです。ついつい忘れがちですが、水切りかごの掃除はどうしていますか? 水切りかごは、つねに水を受けるので、放置しておくと、かごにぬめりやカビ、水垢が発生してしまいます。せっかくキレイに洗った食器を置いても、かごが汚れていると、キレイになった気がしませんよね。しかも、カビは空気中に浮遊するため、健康のことを考えても、定期的な掃除が必要です。

水切りかごの主な汚れは2種類。白くなった水垢汚れと、黒カビの予備軍といわれるピンクのヌメヌメした汚れです。これらの汚れは、性質が真逆のため、掃除の方法が変わってきます。そのため、水垢の掃除とカビの掃除は、同時に行わないようにしましょう。なぜかというと、使う洗剤の性質も真逆のため、混ざると有毒なガスを発生させてしまう恐れがあるからです。十分洗い流しても、成分が残っていることもあるので、面倒でも日を分けて掃除しましょう。

水垢の掃除方法

水垢の掃除方法

Gayvoronskaya_Yana/Shutterstock.com

水垢の原因

白くこびりつく水垢は、カルシウムやマグネシウムが石化したものです。水道水に含まれているため、食器を洗った後にたまる水が原因です。水垢はアルカリ性の汚れなので、酸性のクエン酸を使って掃除するのがおすすめです。薬局やスーパー、100円ショップなど、どこでも比較的カンタンに手に入ります。

用意するもの

水垢の掃除に必要なものは次のとおりです。
1.クエン酸粉末
2.スプレーボトル
3.キッチンペーパー
4.スポンジや歯ブラシ

クエン酸スプレーの作り方

クエン酸の粉末と水でクエン酸スプレーを作りましょう。スプレーボトルに水200mlを入れ、クエン酸の粉末を小さじ1杯入れます。ボトルをよく振って、粉末をとかしてください。これで洗剤の完成です。

水垢の落とし方

キッチンペーパーにクエン酸スプレーをたっぷりと染み込ませ、水切りかごに貼り付けていきます。さらに上からスプレーをかけて、ヒタヒタにしましょう。そのまましばらく放置して、キッチンペーパーをはずし、スポンジや歯ブラシでこすります。水垢が取れたら、水で洗い流して完了です。

カビの掃除方法

カビの掃除方法

FabrikaSimf/Shutterstock.com

ぬめりの原因

水切りかごに発生するカビは、ピンク色でヌメヌメしたものが多く見られます。これは、細菌やカビなどの微生物が、増殖する時に出す物質が集まったもの。この細菌は、水や油汚れ、食品のカスなどをエサにしているので、湿気や汚れを見落としやすい水切りかごは注意が必要です。

用意するもの

カビの掃除に必要なものは次のとおりです。
1.台所用漂白剤
2.スプレーボトル
3.キッチンペーパー
4.スポンジや歯ブラシ

台所用漂白剤の希釈方法

台所用の漂白剤は塩素系漂白剤です。希釈の分量は、記載されている希釈倍率を守りましょう。塩素系漂白剤を扱う際、皮膚に付着すると傷める可能性があるので、スプレーボトルに入れ替える時はゴム手袋を着用し、換気して行います。詰め替えや希釈が面倒な人は、市販されているスプレータイプのものを使いましょう。泡で出るタイプは、汚れにとどまりやすいのでおすすめです。

カビの落とし方

キッチンペーパーに塩素系漂白剤をスプレーし、水切りかごに貼り付けていきます。さらに上からスプレーをかけて、しばらく放置。汚れが浮いてきたら、キッチンペーパーをはずして、スポンジや歯ブラシでこすり落とします。最後に、しっかり水で洗い流してください。

水切りかごのキレイを保つ方法

水切りかごのキレイを保つ方法

New Africa/Shutterstock.com

水切りかごを清潔に保つために、食器を洗ってそのままにしないようにしましょう。食器の置きっぱなしが汚れの一番の原因です。洗った後は、食器を片付けて、かごのトレーにたまった水を捨ててください。水で洗い流し、清潔な布巾でかごの網やトレーを拭きましょう。毎日きちんと拭いて、乾燥させれば、水垢もカビも寄せ付けません。

また、汚れたからと、研磨剤でごしごしこするのはやめましょう。細かい傷がつき、傷に汚れがたまってしまい、掃除が面倒になってしまいます。

キッチンアイテムは口に入れるものを扱う場合が多いので、食中毒を防ぐためにも清潔が一番。水切りかごの衛生のためにも、定期的な掃除が欠かせません。