ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
なぜヒイラギにいわしの頭を刺すの?知れば楽しい「節分」と「いわし」の関係
出典 : funny face/Shutterstock.com

なぜヒイラギにいわしの頭を刺すの?知れば楽しい「節分」と「いわし」の関係

「節分の日に、ヒイラギの枝に鰯の頭を刺して飾る」という風習があることを知っていますか? 少し不思議なこの風習の意味について、分かりやすく解説します。

  • ShuShu

「節分いわし」「やいかがし」という風習

「節分いわし」「やいかがし」という風習

mokokomo/Shutterstock.com

日本の節分には、豆まきの他に「柊いわし」または「やいかがし」と呼ばれる風習があります。その内容は、「焼いたいわしの頭をヒイラギの枝に刺し、家の門口や軒下に飾る」というもの。江戸時代の浮世絵などにも描かれている、歴史の長い文化です。
さらに、平安時代の書物「土佐日記」にも、「正月のしめ縄飾りに、ヒイラギとボラの頭を刺した」という、柊いわしを思わせる一文が。節分ではなく正月、いわしではなくボラといった違いはあるものの、この風習が起源となり、柊いわしが生まれたのではないかと考えられています。

また、柊いわし(やいかがし)は、神事として神社で執り行われることも。たとえば、広島県にある住吉神社では、「焼嗅がし神事」として、毎年2月3日に千匹分ものいわしの頭を焼いています。神事の終了後は、焼き上がったいわしの頭をヒイラギに刺し、参拝者に提供しているとのことです。

なぜ、ヒイラギにいわしの頭を刺すのか

なぜ、ヒイラギにいわしの頭を刺すのか

yoshi0511/Shutterstock.com

「ヒイラギ」と「いわし」という一見奇妙な取り合わせには、よくないものを祓い清め、無病息災を祈願する意味が込められています。

2月3日の「節分」は、季節が冬から春へと移り変わる節目の日。昔の日本においては、新たな一年を迎える前日=大晦日に相当する、とても重要な日でした。当時は「季節の分かれ目・年の移り変わりには、邪気が入り込みやすい」と考えられていたため、節分の日には邪気払いのまじないを行う必要があったのです。
そこで、白羽の矢が立ったのが、臭いの強い魚である「いわし」と、葉に鋭いトゲをもつ「ヒイラギ」。古来より、鬼(病や災害など、よくないものの象徴)は、臭いの強いものや先の尖ったものを嫌うと考えられてきたためです。

もともと臭みのあるいわしの頭を焼くことでいっそう臭いを強め、さらにヒイラギの枝と組み合わせることで魔除けの力を増強。出来上がった柊いわしを家の入り口に掲げることで、家に侵入しようとする鬼を追い払い、新たな1年を平穏に過ごせるよう願ったというわけです。

柊いわしから生まれたことわざ

「いわしの頭も信心から」ということわざは、柊いわしの文化から生まれた言葉だと考えられています。
いわしの頭は臭みが強い上、食べることもできません。しかし、邪気を払うと信じて飾る人にとっては、つまらないいわしの頭も大切な心の拠り所へと変わります。
はたから見れば価値のないがらくたでも、信じる人にとってはありがたいものへと変わる。「いわしの頭も信心から」は、こうした信仰の不思議を皮肉交じりにたとえたことわざです。

いわしを飾るのではなく、「食べる」地域もある

いわしを飾るのではなく、「食べる」地域もある

Nishihama/Shutterstock.com

大阪や京都といった関西の地域には、いわしを飾るだけでなく「食べる」という文化も。毎年、節分が近づくと、「塩いわし」と呼ばれるマイワシの塩漬けがスーパーなどの店先に並びます。

マイワシの漁獲量(旬)は地域によって異なるため一概にはいえませんが、一般に冬の時期のマイワシは脂のりがよく、美味であるといわれています。さらに、マイワシには、丈夫な骨を作るカルシウムや疲労回復に役立つタウリン、血中の中性脂肪を減らす効果があるといわれるDHAなど、体に役立つ栄養がたっぷり。おいしい塩いわしを食べて滋養をつければ、冬の身近な「邪気」であるカゼも吹き飛ばすことができそうですね。

子どもにも食べやすい! いわしのトマト煮の作り方

子どもにも食べやすい! いわしのトマト煮の作り方

AS Food studio/Shutterstock.com

先述のとおり、いわしには健康に役立つ栄養がとても豊富。さまざまな病気が流行する節分の時期には、ぜひ積極的に食べたい食材です。
しかし、臭みが強く小骨の多いいわしを使った料理は、子どもや若者に敬遠されてしまうことも。そんな時には、骨までやわらかく煮込んだ「いわしのトマト煮」がおすすめです。

材料(3~4人分)

いわし(小ぶりのもの)8尾、トマト水煮缶(カット)1缶、オリーブオイル大さじ1と1/2、玉ねぎ(小)1個、にんにく1片、砂糖大さじ1、みりん大さじ1/2、洋風スープのもと小さじ2、しょう油大さじ1/2

作り方

1 いわしのウロコを落とし、頭を切り落とす。腹に包丁を入れてはらわたを取り除き、腹の中をきれいに水洗いする。水気を拭き取った後、3~4cmのぶつ切りにする。
2 1のいわしに塩(分量外)をふり、10分程度おく。水気が出てくるので、キッチンペーパーで押さえるように拭き取る。
3 玉ねぎ・にんにくをみじん切りする。
4 鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎを炒める。しんなりとしてきたらにんにくを加え、香りが立つまで炒める。
4 トマト缶、砂糖、みりん、洋風スープのもとを加え、煮立ったら2のいわしを加える。
5 アルミホイルなどで落としぶたをし、さらに蓋をして60分~90分程度弱火で煮込む。
6 いわしがやわらかくなったら、しょう油を加える。塩・こしょう(分量外)で味を調えて完成。

食べておいしく、栄養豊富で、さらに鬼が嫌うという香りまで発してくれるいわし。玄関先に柊いわしを飾るのは少しためらわれる、という人は、いわしを食べることで体の内側からの邪気払いを試みてみませんか?