ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ファッションもアウトドアもめいっぱい楽しむ、山ガールのすすめ
出典 : lzf/Shutterstock.com

ファッションもアウトドアもめいっぱい楽しむ、山ガールのすすめ

数年前から急増した山ガール。かわいらしく、機能的なファッションに身を包み登山する新しい感覚の山登りは瞬く間に女性に広がりました。登山の後は、道具やウェアの手入れをお忘れなく!

  • 創文舎 hamo

山ガールってなんだろう?

山ガールってなんだろう?

taka1022/Shutterstock.com

2010年の新語・流行語大賞にノミネートされた「山ガール」。 登山愛好家全体の増加や、富士山の世界文化遺産登録などが追い風となり、これまで女性に少なかった登山人口が増え始めた当時、山ガールという言葉は誕生しました。

特徴的なのは、彼女たちのカラフルなアウトドアファッション。それまで機能的な部分ばかりクローズアップされてきた登山用の装備やファッションが、女性たちをマーケットとすることで、華やかにおしゃれに進化していきました。

近頃では、山ガールは珍しくなく、登山やアウトドアを趣味とする女性たちはごく一般的な存在となりました。彼女たちが感じる山の魅力や、登山ファッションのポイントとはどんなところなのでしょうか。

女性も夢中になる山の魅力

女性も夢中になる山の魅力

Karl Allgaeuer/Shutterstock.com

山ガールという言葉が生まれてから10年近くが経ちましたが、今も山の魅力に惹かれ、何度も山に足を運ぶ山ガールたちは後を絶ちません。彼女たちを山に惹きつける登山の魅力とは、どのようなところなのでしょうか。

第一に挙げられるのが、おいしい空気とキレイな景色。山だから当たり前のものも、都会で普段暮らしている女子たちにとっては、他には代えがたいご褒美。自分の足で着実に登っていく道中で得られる眺望やさわやかな風は達成感と共に、心に焼き付けられていきます。

そして、そんな澄んだ空気の中食べる、山ごはんは最高の味だとか。
荷物にバーナーやクッカーを追加して、山で調理して食べる料理は、ごくカンタンなメニューでもいつもの何倍もおいしく感じられます。とくに、大自然の中での食事は、いわゆるインスタ映えするシチュエーション。山での食事シーンをカメラに収めたら、SNSにアップして自慢してみたくなりますね。

また、もう一つの登山の醍醐味は、人とのふれ合い。
街中ではすれ違いざまに他人とあいさつを交わすことは、ほとんどありませんが、登山道でのすれ違いや、山小屋で出会った人たちと会話するのは、登山をしているとよくあること。普段恥ずかしいと思うようなことも、山では開放的になり、普通にできてしまうのがとっても心地いいのです。

さらに、登山に慣れてくると山小屋泊をすることも出てきます。山小屋はホテルなどに泊まるのと違い、宿泊者同士の距離が近いため、一緒に食事をしたりお酒を飲んだりと、一緒に楽しい時間を過ごすことが多いのです。満天の星空を眺めながら、登山者同士語らう時間は、何よりの思い出になりそうですね。

重ね着が基本の山ガールコーデ

重ね着が基本の山ガールコーデ

taka1022/Shutterstock.com

標高によって温度差のある登山は、気温に合わせて脱ぎ着ができるレイヤードスタイルが基本。
とくに、山ガールに人気のレイヤードスタイルは、山スカート×レギンスやハーフパンツ×レギンスのボトムスの重ね履き。見た目もかわいらしい上、保温性も抜群。レギンスはストレッチが利いているので、動きやすさも申し分ありません。季節に合わせてレギンスの厚さを変えたり、ソックス選びをするなど工夫すると気温に合ったスタイリングができます。

上半身も、レイヤードスタイルが基本です。夏は、半袖のTシャツに、山シャツやジャケットを合わせ、気温に応じて脱ぎ着できるようにしておくとよいでしょう。春や秋は、夏コーデに保温性の高いジャケットをプラスしたりレッグウォーマーをプラスするなどし、機能的にも見た目にも温かな服装を心掛けましょう。
冬は、春秋に輪をかけた万全の防寒体制で。ちょっと多すぎるかなというくらい防寒装備は多めに用意し、身体を冷やさないようにしましょう。

また、山には突然の天候変化が付きもの。雨に打たれると体温が奪われ、体力低下に繋がります。どの季節においても、防水仕様のアウターは持っていくことを忘れずに。

厚手のレイヤーは消臭スプレーで臭いケア

ファブリーズ布用消臭スプレー

ファブリーズ布用消臭スプレー

冬場の登山で重宝するのが、フリースなどの厚手のジャケット。肌着にあたるアンダーウェアとアウターの間に着る中間着として役に立ちますが、ずっと中に着たままになると、汗が染み込んだり、体臭の染み付きが気になります。

とくに、山小屋泊の時などは、一度脱いで、ファブリーズの布用消臭スプレーを前後ろに5、6回ずつスプレーしてハンガーに掛けておくと、翌朝には、イヤな臭いが消えています。

ファブリーズの布用消臭スプレーは、汗臭や体臭などの臭いに特化したポリマー消臭という消臭成分を配合しており、スプレーすることで衣類の繊維に浸透し、臭い分子を破壊して臭い自体を消し去ります。
さらに、ファブリーズは高い除菌効果も持っており、消臭と同時に、目に見えない臭いの原因となる雑菌を99.9%除去することが実験によって明らかになっています。

おしゃれな山ガールに、不快な臭いは不要! 山小屋にもファブリーズを携帯して行けば、翌日にはイヤな臭いはスッキリ解決。いつでもどこでも臭いを撃退しちゃいましょう!